大正画廊 ブログ
『大正画廊』は、大正時代近辺をネタにご飯を三杯食べるブログです。
 



アンティークショップ検索エンジンを設置しました!

アンティークや骨董・古美術を扱われてるサイトは元より、
普通の雑貨のサイトも掲載可能です!


登録すると、サイトのSEO対策になるのはモチロン、

通常の登録型検索エンジンと違って、
定期的に大正時代の画像をアップしている大正画廊には、固定ファンもついています。

そんな、ディープなアンティークファンにも
貴方のサイトを紹介できるチャンスです!

当然、登録は無料!

当たり前すぎて、逆に書きずらいぐらいです。汗


ぜひご登録下さい。


ゆっくりとステキな検索エンジンになれるよう、がんばります!


大正時代の写真を掲載_アンティーク・雑貨検索エンジンはじめました_大正画廊http://www.kasetsu.com





SEO対策とは?

Googleなどに代表されるロボット型検索エンジンの検索結果の上位掲載を目標にしたサイトの宣伝のための対策の事。

多くのサイト(別ドメイン)からリンクされる事が、ロボット型検索エンジンにとって高評価に繋がるとされている。

つまり登録型検索エンジンに登録することによって、そのサイトからユーザーが流れてくるのは元より、それ以上に検索エンジン対策の効果が高いということです。






コメント ( 15 ) | Trackback ( 3 )




おまたせしました!

新年、最初の写真アップです。


今回は、『東京博覧会 その弐』

84年前の東京博覧会、第一会場へ皆様をご招待します。

■正門
■園藝会館
■南洋館
■水産館
■各特設館の盛観

の五点を、またまた超拡大&増量してお届け!

ぜひ、大正時代当時の最新建築と、一般の方々のファッションをお楽しみ下さい!


大正画廊は役者ではない、本物の大正ロマンをお届け中です!


東京博覧会の貴重な写真を掲載中 大正画廊_[東京博覧会]<a href="http://www.kasetsu.com/">http://www.kasetsu.com/

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





大正画廊談話室_[ Chat room ]

http://www.kasetsu.com/chat/index.php



大正画廊にチャットルームを設置しました。

大正ロマン愛好家の皆様の社交場にお使い下さい。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




>>http://www.kasetsu.com/movie.html


大正浪漫リンク集 第ニ弾 映画公式サイトリンク集

大正時代から昭和初期にかけての文化が、 映画業界やデザインの分野で
再注目されてきています。

そんな大正時代 昭和初期が舞台の映画の公式サイトを集めました。


それぞれのサイトのデザインの出来は素晴らしく、Webで見ているだけで
楽しい気分になれます。

ぜひまとめてご覧下さい。

-----------------------------
癒されます。けっこう本気で。



大正画廊_[www.kasetsu.com] http://www.kasetsu.com/


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




>>http://www.kasetsu.com/gallery/tokyo01_01/


大正画廊コレクション 第三弾 【東京博覧会】 その壱

愛知万博から数えて83年前、1922年 大正十一年
大阪万博よりさらに昔に行われた一大イベント、 【東京博覧会】

交通機関の乏しい当時、
一般の人々は海外旅行などに行けない時代でした。

一部の超お金持ちか、
国に支援されて海外に留学や仕事のある者たち以外
海外は今よりも未知の存在だったのです。

これから国際的な舞台に立つ日本にとって、
“海外”を知る事は急務の一つでした。

大正時代当時の作家や有識者たちがこぞって訪れた
【東京博覧会】へ、平成の貴方をご招待します。

-----------------------------
毎日新聞のフォトバンクにすら6枚しか存在しない【東京博覧会】

その画像を 16枚も掲載!

しかも超拡大して、三回分にわけてお届け。 かなり貴重です!

当時の人々が初めてふれた“海外”をお楽しみ下さい。



大正画廊_[www.kasetsu.com] http://www.kasetsu.com/

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





大正画廊コレクション 第三弾!


『世界平和記念 東京博覧会』


愛知万博から数えて83年前、1922年 大正十一年

大阪万博よりさらに昔に行われた一大イベント、


大正時代当時の作家や有識者たちがこぞって訪れた【東京博覧会】へ、


平成の貴方をご招待します。


16枚もの絵葉書に掲載された、当時の写真をお楽しみ下さい。



東京博覧会とは?


■第1会場 上野公園(4万4925坪)
■第2会場 不忍池畔(6万9650坪)
■建物総坪数 1万5357坪 
■予算 600万円、協賛会予算800万円
■期間 大正11年3月10日ー7月31日
■入場料 1人60銭


詳細なサイト

日本博覧会略史
http://www.nomurakougei.co.jp/expo/ryakusi.php

平和紀念東京博覧会へ行ってみた
http://www.tanken.com/heiwakinen.html




万博って、万国博覧会の略って、覚えてましたか?


お楽しみに!




大正画廊_[http://www.kasetsu.com]

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




大正画廊のトップページのランダム表示画像に、

大正時代の絵葉書から【大阪道頓堀】画像を一気に10枚追加しました。


役者ではない、当時の人々の生々しくもいきいきとした表情まで

楽しむことが出来ます。




他では見られない大正時代絵葉書の超拡大写真を、

ごゆっくりどうぞ。


大正画廊_【http://www.kasetsu.com】

コメント ( 3 ) | Trackback ( 1 )





最近の私の趣味は、食事の時にドラマを見る事だ。


一人暮らしで四六時中PCの前にいる私にとって、

時には一日の中で一番刺激的で、道徳的で、背徳的で、

考えさせられる時間だ。(まさに駄目駄目)


一番良く見る・・・というか、ほとんどは『STARTREK』を見ている。

数年前から深夜にやっている事もあり、見たこともある人も多いかもしれない。



しかし、マイナーだ。

中には、STARWARSの偽者だと思っている人もいるそうだ。




作品のテーマは『宇宙探索』

具体的な内容はさておいて、

コミカルなデザインの異星人との交流を題材に、基本的にポジティブで前向きなテーマのように思えるその背景に流れるのは、



揺るがしがたい『他人』との距離だ。


異星人という名目で現れる多くの登場人物は、何かしらの特徴的な性格(というか癖)をもっている。


論理的思考で、ファジーな考えを捨てた美しい人々バルカン人。

耳が大きく褐色の、お金に貪欲で、コズルイ フィレンギ人。

色黒で髪型が特徴的な、独特の文化と鎧を着て武士道を重んじ、好戦的なクリンゴン人。

などなど



時にはまったく違う性格で、人は見た目ではわからないという先入観を払拭するための道徳的な意外性をもつこともあるが、それぞれ特徴的な外見で、基本的に一話(45分)完結の物語の導入を掴む事に一役かっている。




ドラマを何度か見た事がある人は、あきらかにそれらの性格は実際の人種間の文化を強調しコミカライズしたものという事がわかるだろう。


論理的思考で、ファジーな考えを捨てた美しい人々白人(が理想とするイメージ)。

耳が大きく褐色の、お金に貪欲で、コズルイ 日本人やメキシコ人(サラリーマン)。


色黒で髪型が特徴的な、独特の文化と鎧を着て武士道を重んじ、好戦的な 日本人(侍)。

などなど。

それらの、まるで他の要素をもってないかのように誇張された性格の人種(人々)間での政治的抗争が作品の真のテーマだ。



それは、星と星での間であったり、隣の仲間との間だったり。


時には一話まるまる裁判であったりする。



示唆的で教訓をはらんだその内容は、まるで大人に向けた御伽噺だ。




STARTREKを見る度に、

当たり前だが当然の、複雑な他人との人間関係を考える。


立場や育ってきた環境が違っても付き合い続ける事でわかりあったり、

理解しあっているはずの状況でも、時には別れる必要もある時があったり、

理解しているつもりだったのは、片一方だけで、実は相手は利用しているだけだったって事があったり、

相手を助けているつもりだったことが、相手にとっては独善的なだけであったり、


利用しているだけのように見えて実は・・・

利用されているように見えて実は・・・


愛があったりなかったり。



混沌としてくる。



現実でも他人との距離は、まるで宇宙のようだ。




・・・宇宙の始まりは混沌(カオス)から生まれたように、

自らの人間関係から素晴らしいものが生まれてくる事を望んでやまないし、生まれてきたと思う。


ときには、それを殺しそうになったりする駄目親だけれども、

どんな目に出会ってもその人間関係が生まれた事に対する感謝は忘れないようにしようと思った火曜日でした。




油断していると全て殺しかねない。







STARTREK
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大正画廊のトップページをより使いやすく変更しました!


今回の目玉は、開くたびに変わる表紙です!


拡大されて表示される大正時代の街並みをお楽しみ下さい。



道は舗装されておらず、信号もない。

行き交う人々の服装は、洋装がまだ一般になじんでいないので

着物姿の人が多いようです。


その中でも帽子などに、当時の流行が見え隠れする面白さがあります。


まさに今とは違うニッポンです。



--------------------------------------------


【大正時代の絵葉書サイト】

大正画廊_[http://www.kasetsu.com]

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




絵葉書の内容の掲載を始めました。


これで読めなくてヤキモキしてた気持ちを癒して下さい。

大阪 新天地
http://www.kasetsu.com/gallery/oosaka/index.html


世界探検家 菅野力夫【海外踏破】第一面[南洋印度]
http://www.kasetsu.com/gallery/rikio_01/index.html



それにしても面白いのは世界探検家こと菅野力夫。


大正時代にしてすでに川口浩探検隊・藤岡弘.探検隊に繋がるフォーマットは出来上がってたというこの事実。


驚愕です。



探検隊のルーツとして、歴史に名を残すべき偉人だと思われます。



藤岡弘.探検隊
http://www.tv-asahi.co.jp/tanken/



なんとなく藤岡弘.探検隊公式サイトもメニューの字とか、昭和を感じるイメージですね。

川口弘探検隊のイメージなんでしょうけれど。




川口弘→藤岡弘.の流れに関しては、このサイトが詳しいです。

【水曜スペシャル・探検隊シリーズ-非公式・ファンサイト】
http://tankentai10.hp.infoseek.co.jp/whats_tankentai.html




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ