加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

千葉県鋸南町 佐久間川水系大崩川 佐久間ダム

2013年01月31日 | 日本のダム

千葉県鋸南町 佐久間川水系大崩川 佐久間ダム

Sakuma_6

佐久間ダムと聞けば 多くの人は静岡県浜松市の天竜川に建設された発電用ダムを思い出すだろう
こちらの佐久間ダムは小規模な農業用アースダムです

Sakuma_5 佐久間ダム

諸元
佐久間川水系大崩川
目的 かんがい
型式 中心コァ型フイルダム
提高               25.5m 
提頂長           186m
総貯水量        1,270千?
事業主 農林水産省
運営者 館山土地改良区
着工 /  完工 1979/1986



Sakuma_1

冬は日の出が遅い 開けた浅い谷だが 日陰部分が多い

Sakuma_2

アースダムは躯体の割に大きな洪水吐きが必要、 現在常用満水

Sakuma_3

よく手入れがなされており気持ちが( ´∀`)

Sakuma_4

 

             ホームページ   加藤のひとり旅に戻る



コメント

千葉県鋸南町 鋸山 日本寺

2013年01月27日 | 神社、仏閣、城

千葉県鋸南町 鋸山 日本寺

日本寺は約 1,300年前、聖武天皇の勅詔を受けて、行基菩薩によって開かれた関東最古の
勅願所です    
            公式 ホームページ http://www.nihonji.jp/index.html       

Nihon_1

残念ですが 開門には相当の待ち時間があります 入山は諦めます

参考資料  日本寺位置図

Nihon_2

地図で元名タダムの北側、 道路の終点になります

          ホームページ   加藤のひとり旅に戻る



コメント

千葉県鋸南町 小磯川水系小磯川 元名ダム

2013年01月27日 | 日本のダム

千葉県鋸南町 小磯川水系小磯川 元名ダム

小河川の小さなダムだがロックフイルダムで提頂から海が見えるダムとして有名

Motona_1

Motona_2 元名ダム

諸元
小磯川水系小磯川
目的 水道水
型式 ロックフイルダム
提高       28.2m
提頂長       69m
総貯水量   77千?
事業主 鋸南町
施工者 国土総合建設
着工 /  完工 1978/1979

 ロックフイルダムで提頂から海が見えるダムとして有名  浦賀水道が提頂から見えます


Motona_3

谷は深くないが早朝のため陽が射していません 露出不足となりました 晴天です


Motona_4

ロックフイルダム 残念ですが草ぼうぼうで 地肌が見えません

参考資料  元名ダム位置図

Motona_5



          ホームページ   加藤のひとり旅に戻る



コメント

千葉県富津市 浜金谷港 浜金谷港防波堤灯台

2013年01月26日 | 岬、灯台、半島

千葉県富津市 浜金谷港 浜金谷港防波堤灯台

浦賀水道を往来する船舶を見ながら訪れた浜金谷港 陽も沈み薄暮時刻
それでも幾人かの釣り人が糸を垂れている
灯台の灯も点いた 早く帰らないと危ないよ。

Hamakane_1


Hamakane_3 浜金谷港防波堤灯台

仕様
型式 塔型コンクリート造り 赤色
光質 連成不動単閃赤光
    毎 5s  /  1閃光
光度      カンデラ
光逹距離   7海里
高さ 地上から  8.3m
          水面から  9m






Hamakane_2  

灯台の向こう側は浦賀水道をはさんで川崎


Hamakane_4

漁港の岸壁に引揚げた後も 釣り人はそのままの姿で糸を垂れている 刻が止まった
小舟だけが遠のいていった。



                 ホームページ   加藤のひとり旅に戻る


 

コメント

千葉県鋸南町 保田港 保田港防波堤灯台

2013年01月26日 | 岬、灯台、半島

千葉県鋸南町 保田港 保田港防波堤灯台

房総半島 内湾側にある小さな漁港

Hota_1

Hota_3 保田港防波堤灯台

仕様

型式 塔型コンクリート造り 白色
光質 連成不動単閃緑光
    毎 5s /  1閃光
光度       カルデラ
光逹距離   7海里
高さ 地上から  8.6m
          水面から  10m

 

この灯台は防波堤のつけ根に立っている
陸地側に立っている 一般的には防波堤灯台防波堤の先端にある  この位置は昔は
防波堤の先端だっただろうか  今は、珍しい位置にある灯台と言える

Hota_2   冬の夕暮れは早い 灯台の灯も点いた

Hota_4

高波の防波壁と建物の間に挟まれ てしまった

          ホームページ   加藤のひとり旅に戻る




 

コメント