加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

滋賀県日野町 淀川水系日野川 日渓溜

2012年12月23日 | 日本のダム

滋賀県日野町 淀川水系日野川 日渓溜

古い溜池を改修し、規模も大きくなった日渓池

この溜池は 大正 11年に完成し、 宝殿池と命名されたが日渓耕地整理組合の溜池だったことから
通称 日渓溜 と呼ばれ、現在は宝殿池は幻の呼び名となった。 


Nikei_4 日渓溜 ( 通称 )

淀川水系日野川
目的 かんがい
型式 アースダム
提高      21m
提頂長         130m
総貯水量     382千?
事業主 滋賀県
運営者 日野川流域土地改良区
着工/ 完工  1926/1944




大弁財天様が祀られており ダム堰堤左岸に 礼拝所がある ( 宝殿の云われ )


Nikei_1

Nikei_5 Nikei_6

池沿いに上流に進むと 昔の土提の一部が水面より高く出ている 更に上流には砂防ダムが造られている

Nikei_3

洪水吐き設備


Nikei_7



      ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

コメント

滋賀県日野町 淀川水系日野川 鎌掛池

2012年12月23日 | 日本のダム

滋賀県日野町 淀川水系日野川 鎌掛池

日野川の上流、南砂川の小さな沢に造られた かんがい用溜池

Kama_1 鎌掛池

淀川水系日野川
目的 かんがい
型式 アースダム
提高    19.4m
提頂長       96.9m
総貯水量   260千?
事業主 滋賀県
運営 日野川流域土地改良区
完成   1954





Kama_3

そろそろ日が沈む 急いで帰ろう

Kama_2

以外に狭い洪水吐き

Kama_4

堰堤の中程を林道が横切っています 道路の下側は崖になっている

 

             ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

 

 

コメント

滋賀県甲賀市 淀川水系淀川 頓宮池

2012年12月23日 | 日本のダム

滋賀県甲賀市 淀川水系淀川 頓宮池

甲賀市の外れ水口の山間にある農業用 溜池

Tongu_3 頓宮池

淀川水系淀川
目的 かんがい
型式 アースダム
提高    22m
提頂長       115m
総貯水量    320千?
事業主 滋賀県 
運営 甲蒲地方土地改良区
完成    1985



Tongu_1

溜池では大きい池である 大量の水を蓄えている

Tongu_4

余水、洪水、の放水路  ごく普通の溜池

           ホームページ   加藤のひとり旅に戻る






コメント   トラックバック (1)

滋賀県甲賀市 淀川水系野洲川 今郷池の円形分水

2012年12月23日 | こんな施設、設備がある

滋賀県甲賀市 淀川水系野洲川 今郷池の円形分水

偉大な先人の構造物

農業用ため池の今郷池はダムの真下に円形分水があり、分配は公平に行われる

Enkei_a4

今郷池の提頂から見た円形分水

Enkei_a2

分配は公平でなくてはならない

中央から噴出す用水は、その水量に関係なく 公平な比率で分配される
中央から噴出す水は 鉄板で仕切られたスリットの幅で比率分配され、更に 受け舛の容量によって決まる
水は水平を保つ、 円筒が水平なら 水量の増減に関係なく 仕切板の隙間( 幅 ) の比率となる。

Enkei_a3

分水された かんがい用水は それぞれの田へ コンクリート製の 樋で送水される

       ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

 

コメント   トラックバック (1)

滋賀県甲賀市 淀川水系野洲川 今郷池

2012年12月22日 | 日本のダム

滋賀県甲賀市 淀川水系野洲川 今郷池

水口にある かんがい用のこのダムは何処でも見られる アースダムですが このダムの真下に円形分水が作られ
公平に分水されている

Imagou_4 今郷池

淀川水系野洲川
目的 かんがい
型式 アースダム
提高    18.4m
提頂長   110m
総貯水量 110千?
事業主 今郷集落営農組合
施工主 松尾建設
完成    1964




Imagou_1

池の奥に見えるのが洪水吐き 普通のアースダムです

Imagou_2

下流側に円形分水は造られている

Imagou_3

先人の偉大な構造物

分配は公平でなければならない
中央から噴出す用水は、その水量に関係なく一定の比率で公平に分配される。

Enkei_a2

 

            ホームページ   加藤のひとり旅に戻る



コメント   トラックバック (1)