加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

番外 兵庫県神戸市 退役軍人の 旧:「和田岬灯台」

2012年03月31日 | 岬、灯台、半島

番外 兵庫県神戸市  退役軍人の 旧:「和田岬灯台」

兵庫県神戸市須磨区 海浜公園に保管中の灯台がある
昭和 38年和田岬埋立てのため海浜公園に移築 保存となった 旧:和田岬灯台である

Wada_3

Wada_2

Wada_4 説明文
旧:和田岬灯台は、明治4年木造の灯台として
建てられ、明治17年3月にこの鉄骨造り灯台
に建てかえられました。
明治初期の鉄骨造り灯台としては、本州で
最古のもので、洋式灯台の返還を知る貴重な
資料であります。
昭和38年、海岸埋め立てのため廃灯となった
のでここに移築保存されることになりました。
         説明看板そのまま転記



Wada_1

参考資料

Wada_5

移設の説明看板


             ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

コメント

兵庫県神戸市 垂水港 平磯灯標 ( 灯台 )

2012年03月31日 | 岬、灯台、半島

兵庫県神戸市 垂水港 百年経てもまだ現役の「平磯灯標」

垂水港の沖合約 12km にある平磯暗礁に立っている
平磯暗礁は昔から航行する船舶の難所であった この岩礁の位置を示す灯台( 灯標 )が明治の
初めに造られた 百年過ぎても尚、現役の灯台である。

Hiroiso_1 百年経てもまだ現役の「平磯灯標」

型式 塔型コンクリート造り 円錐形
    黒色 頭標2個縦掲付
    上部黄 下部黒        
光質 群閃白光  毎 15s / 6閃光  1長閃光
光度     2,300カンデラ
光達距離    12海里 ( km )
高さ 地上から     15m

平磯海づり公園から真近に見える




Hiroiso_2

              

                                        ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

コメント

兵庫県神戸市 垂水港 播磨垂水港南防波堤東灯台

2012年03月31日 | 岬、灯台、半島

兵庫県神戸市 垂水港 播磨垂水港南防波堤東灯台

港、神戸の西の外れ垂水から突き出した防波堤の先端に立っている灯台

Tarumi_2 播磨垂水港南防波堤東灯台

型式 塔型コンクリート造り 白色
光質 単閃緑光  毎 3s / 1閃光 
光度
光達距離     海里
高さ 地上から  m
    水面から  m

N   31-29-41   E   130-41-42

生憎の逆光、 沖の島は淡路島



Tarumi_1


         ホームページ   加藤のひとり旅に戻る


コメント

兵庫県明石市 林崎港 林崎港西防波堤灯台

2012年03月30日 | 岬、灯台、半島

兵庫県明石市 林崎港 林崎港西防波堤灯台

林崎港の西防波堤の先端に設置された白灯台

Hayasi_1_2 林崎港西防波堤灯台

型式 塔型コンクリート造り 白色
光質 連成不動単閃緑光  
    毎  3s  / 1閃光  
光度
光達距離     海里
高さ 地上から  m
    水面から  m

写真はセメント磯東灯浮標と明石海峡大橋

 

Hayasi_3

Hayasi_2

林崎港西防波堤灯台から見た明石海峡大橋と淡路島

             ホームページ   加藤のひとり旅に戻る



コメント   トラックバック (1)

兵庫県明石市 林崎港 セメント磯東灯浮標

2012年03月30日 | 岬、灯台、半島

兵庫県明石市 林崎港 セメント磯東灯浮標

林崎漁港 林崎港五号防波堤の東、約 500m に設置されている緑色の灯浮標

Hayasi_1

緑光 10s  /  1閃光  後に見えるのは明石海峡大橋
セメント磯  港にセメント会社があることから付いた名といわれる


           ホームページ   加藤のひとり旅に戻る


    

 

コメント