加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

四 国 の 名 山 /  石鎚山系天狗岳(1,982m)登山

2011年09月02日 | 登山、里山

四 国 の 名 山 /  石鎚山系天狗岳(1,982m)登山

四国、愛媛県伊予西条市の松山自動車道と隣りあわせで 道のオアシス 「いしづち」 がある
一階の展示室に石鎚山の四季折々の素晴らしい写真が展示してある
一度是非鑑賞してほしい 販売もしています。

Ishizuchi_1

四 国 の 名 山 /  石鎚山系天狗岳(1,982m) 四国 第二の標高をもつ石鎚山
この様に山頂まで紅葉する山は全国的に珍しい
天狗岳山頂に至る道はナイフエッジのようにキレットになっている
頂上に向かって左側は断崖絶壁となっていて、ロッククライミングの場となっている。

Ishizuchi_3     Ishizuchi_6

紅葉の天狗嶽 ( 1982m ) ( 四国第一の高山は剣山です天狗嶽は四国第二の高山)

石鎚山は 信仰の山である  この山自体がご神体の霊山
左  秋晴れの山頂 ( 弥山 )と鎖場を見上げる
右  山頂下の鎖場 迂回登山道もあります


Ishizuchi_4    Ishizuchi_5

左  逆光の山頂 素晴らしい秋晴れと紅葉
右  石鎚山の山頂 弥山を仰ぎ見る、四国の山々と登山者達
水場は中腹に有るがちょうど山頂でお昼になる弁当持参がベター

Ishizuchi_2

天狗嶽のピークからの岩壁
瀬戸内海に面した側は絶壁となって切り立っている四国第一の高山、剣山には見られない 山容だ。

石鎚神社のご神体は石鎚山 ( 天狗嶽と弥山  misen 霊山)である 
石鎚山は 天狗嶽と弥山 ( misen )からなる日本七霊山である、心して登られよ

石鎚神社の奥宮頂上社は弥山山頂にある

Ishizuchi_7


        ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

コメント

山口県下関市 蓋井島 / 大山 ( 252m ) 乞月山 ( 149m ) 散策

2011年09月02日 | 登山、里山

山口県下関市 蓋井島 /  大山 ( 252m ) 乞月山 ( 149m ) 散策

山口県下関市の沖合い 約 10Km 響灘に浮かぶ小さな島がある 蓋井島 ( futaoijima )と呼ばれ
島民は 約 100人 漁業のみの 静かで、のんびりした別世界である。

Ooyama_1

蓋井島 ( futaoijima )
この写真は本州最西端の岬、毘沙ノ鼻から見た蓋井島
写真、向かって左側の三角形した山が 乞月山 ( 149m ) 
右側台地のようになっている中央が 大山( 252m ) です。
蓋井島漁港は 写真中央より左側の一番低いところの向こう側です
島の北半分は未開地となっている

Ooyama_2    Ooyama_3

左  港から30分程でたどり着く金毘羅山と社
右  金毘羅山から見た大山 結構しんどそうだ

蓋井島の大山に登るのはこれが最後と思われる。
大山側は ほとんど人が入らない未開地で 僅かな林道も消えかけている そして砲台跡より先は
まったく道が消えてしまっている。
恐らく この冬の時期で 毒虫、マムシ等がいない時期だから 歩けたが、夏場は怖くて歩けないだろう
島は本来の無人島になっていくだろう。

Ooyama_4    Ooyama_5

左  大山の麓 牧場跡 昔は放牧場だった
右  旧牧場から見た大山 ! 自然が自然に還りつつある

Ooyama_6    Ooyama_8

左  やっと、それらしき小道を見つける 大丈夫かな ?
右  これ以上は足跡も無くまったく進めない

本来の自然が過疎化で自然に還ってゆく 喜ばしいことと思う もうこの先大山へは誰も登れな
くなるだろう

一旦、港に戻り 下関へ帰る連絡船が 15時出港でまだ充分時間がある 乞月山へ登ろう 

Koizu_1    Koizu_4

左  金毘羅山から見た蓋井島漁港と乞月山
右  蓋井島漁港から見た乞月山

Koizu_2    Koizu_3_2

左   道なき道を登りきった頂上の砲台跡
右   今は昔 60数年前の遺構 砲台跡


             ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

コメント

鳥取県と兵庫県の境をなす 扇の山 ( ouginosen 1,309.9m )登山

2011年09月01日 | 登山、里山

春山登山  扇の山登山 ( 1,309.9m )

2006年04月  久し振りの春山登山をした。
鳥取県と兵庫県の境をなす 扇の山 ( ouginosen 1,309.9m )はこの時期にも 数メートルの残雪に
覆われている

Ougi_1   Ougi_2

扇の山は低山の里山だがこの 4月の中句というのに 2m近い残雪が登山道を埋め尽くしていた。
登山口の広場は雪の壁だった 夏山なら快適な林道も今は悪戦の道だ前を行く春山スキーの人も大変だ

Ougi_3   Ougi_4

林道脇の道標
いよいよここからは残雪の登りだスキー板を担いでの登りは厳しいだろう
この単独の登山者を見ていると自分の若い頃を懐かしく思い出す。
稜線迄で出た 天気予報は午後は雨模様になるといていた。
さあ 先を急ごう

Ougi_5

扇の山の頂上の三角点     1,309.9m

測量の為に設けられた示票であるここだけ除雪されておりぽっかりと穴が開いた格好だ


         ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

コメント