加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

広島県呉市 鉄の鯨基地  アレイからすこじま

2011年01月30日 | 陸、海、空、防衛施設

広島県呉市 鉄の鯨基地    アレイからすこじま

北の国を睨む 日本の守り 鉄の鯨基地  広島県呉港

Arei_2a

広島県呉市     海上自衛隊 呉基地  第一潜水隊群

Arei_3 Arei_1 

海上自衛隊は 国内に 呉基地と横須賀基地の軍港に潜水艦隊群を停泊している
現在 13艦の内 8艦が 呉基地所属となっている

ちなみに海上自衛隊横須賀基地は第二潜水群と司令部で構成されている
まず一般には見る事が出来ない光景だろう
日本ではここ一箇所である 停泊していれば何時でも見られる

Kurekou_1 Kurekou_2

この写真は 2007年撮影

左  横から眺めた なみだ型潜水艦 女性の涙はこんな形かな
右  真後ろから見た かまぼこ型潜水艦

2006年の時は 激しい雨の中の見学だった 上の写真は雨降りの 基地風景    
停泊する鉄の鯨の望遠写真 ( X20 )

Arei_1a

海上自衛隊第一潜水隊群司令部前の岸壁から 潜水艦隊の停泊が見られる 
毎日曜日には一般公開している。

             ホームページ   加藤のひとり旅に戻る



コメント

和歌山県日高郡由良町   海上自衛隊由良基地分遣隊

2011年01月30日 | 陸、海、空、防衛施設

和歌山県日高郡由良町   海上自衛隊由良基地分遣隊

由良基地は日ノ御埼の北に位置し、リアス式海岸の由良港内にある。

Yura_8

艦船は配備されていないが 艦船の寄港、補給基地として使用される 
また、潜水艦の訓練支援を行う。

由良基地から出航する潜水艦
2010/01/27   07時 15分 由良港湾内に停泊していた 潜水艦が 静かに向きを変え
紀伊水道へ出航した

アルバム式にしました

Yura_2

Yura_3

Yura_4 

おことわり
この由良基地を出航する 潜水艦の写真は 2010/01/27の 07時 15分に撮影しましたが
ホームページに掲載していましたが サーバーの容量が不足のため ブログへ移行します

潜水艦は隠密行動をとります 艦名は不明です。

Yura_1

由良基地

Yura_6

由良基地の全貌 写真手前に見える ヘリコプターは 小松島航空隊で使用していた HSS-2B05
を廃止後移設しここで展示しているものです。

 

         ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

 

参考  位置図

Yuramap

コメント

広島県呉市  旧、帝国海軍江田島兵学校

2011年01月29日 | 陸、海、空、防衛施設

広島県呉市  旧、帝国海軍江田島兵学校

現:海上自衛隊 第1術科学校 / 旧:海軍江田島兵学校

江田島公式 ホームページ   http://www.dii.jda.go.jp/msdf/onemss/index.htm

広島県呉市  旧、帝国海軍江田島兵学校
貴様と俺とは同期の桜 同じ航空隊の庭に咲く............
ここは 旧日本海軍江田島兵学校であつた。
現在 時が移り 海上自衛隊 第 1 術科学校として
海上自衛官の幹部候補生学校として日本の
海を守る 海上自衛隊の幹部を養成している

 そんな江田島を訪れてみた。

Etajima_1a

大講堂 海軍兵学校時代には天皇の名代として宮様のご臨席を仰ぎ卒業式の儀式が行われた

Etajima_2a Etajima_3a

幹部候補生学校 ここで学び 3等海尉に任官され巣立ってゆく、大講堂とその内部

Etajima_4a

現在の学校は 明治 21年 ( 1888年 ) 江田島に移転以来 その規模と歴史を引き継いでいる

Etajima_5a

戦艦 「大和 」の主砲 砲弾

戦艦 「大和」は 片道の燃料を搭載 沖縄沖の東シナ海に出撃した
大和の誇る主砲は 高さ 1.95m 直径 46cm 重量 1.5tonの砲弾を 42Km まで射程出来る
映画 「男達の大和」では この砲弾を打った事になっている しかし 実際に出撃した大和は
一発の砲弾を打つことなく撃沈され海の藻屑となった

なぜ一発の砲弾も打たず撃沈されたのか
悲しいかな戦艦「大和」は 敵の戦艦と戦う設計であった
敵が艦船であれば 日本海軍の優秀な弾道計算で敵より早く艦砲射撃で敵を撃沈したであろう
しかし この時、大和に襲い掛かったのは アメリカの攻撃機で有った。
大和の主砲は仰角を上には向けられない 又、たとへ打ったとしても小さな戦闘機に当たる
わけが無い
一発の玉も打てない 戦艦「大和」は なすすべも無く アメリカ機により撃沈された。

時代を読め !   先を読め !

江田島ではこの様に説明してくれる。

明治の日露戦争で東郷平八郎元帥が率いる帝国海軍は奇跡の 「Tの字作戦」でロシアのバルチ
ック艦隊を打ち破った これが不幸であった 共に引き分けで講和になれば良かった 勝ち過ぎ
て 巨艦巨砲が神話になってしまった。 .........と 説明してくれます。

そうなんだ 現代は イージス艦と偵察衛星の時代なのだ
写真の展示品は特殊潜航艇   神風特別攻撃隊 更に人間魚雷 「回天」  悲しすぎる  
右端に少し見えるのが 海軍資料館  歴代総ての 遺品が展示してあります。
勿論、撮影禁止と脱帽での見学となります  海軍特別攻撃隊として南シナ海に散った英霊に
心からまことを捧げよう。

 

                ホームページ   加藤のひとり旅に戻る



コメント   トラックバック (1)

航空自衛隊岐阜基地 2007 航空祭 ( その 2 )

2011年01月29日 | 陸、海、空、防衛施設

航空自衛隊岐阜基地 2007 航空祭 ( その 2 )

Gifu2007_16

航空自衛隊岐阜基地  岐阜県各務ヶ原市
航空自衛隊の岐阜基地は実験航空隊である その任務は航空自衛隊で使用する
航空機の試験飛行を主たる業務としている、 
過去には旧航空宇宙研究所が開発に取り組んだ短距離離着陸機 STOL「 飛鳥」 の
実験飛行も行った

岐阜基地に所属する航空機を主体に毎年行われる岐阜基地航空祭は
異機種編隊飛行など岐阜基地でしか見られないイベントで全国から航空ファンが
航空祭当日は押しかける。

    2007年の航空祭は 10月 28日に行われ 10万人が航空祭を楽しんだ

当日の模様をアルバムで紹介します。  ( その 2 )

Gifu2007_7_2    Gifu2007_12

左  管制塔前広場の様子
右  展示のへり 救難へり UH-60J

Gifu2007_15 Gifu2007_9   

左  哨戒機が地上展示を終え 離陸します
右  C-1 輸送機 異機種編隊飛行後 エプロンへ

Gifu2007_4  Gifu2007_5

左  編隊飛行後の デモンストレーション移動です
右  F-4 戦闘機が移動します

Gifu2007_6 Gifu2007_2 

左  F-2, F-4, F-15と着陸する C-1 輸送機
右  C-1輸送機の単独展示飛行


                ホームページ   加藤のひとり旅に戻る


                                            航空祭  →  その 1  


参考資料

Gifu2007_17

コメント

岐阜県各務ヶ原市 航空自衛隊岐阜基地 2007 航空祭( その 1 )

2011年01月28日 | 陸、海、空、防衛施設

岐阜県各務ヶ原市        航空自衛隊岐阜基地

航空自衛隊岐阜基地 2007 航空祭 ( その 1 )

Gifu2007_16

航空自衛隊の岐阜基地は実験航空隊である その任務は航空自衛隊で使用する航空機の
試験飛行を主たる業務としている、 過去には旧航空宇宙研究所が開発に取り組んだ
短距離離着陸機 STOL「 飛鳥」の実験飛行も行った

岐阜基地に所属する航空機を主体に毎年行われる岐阜基地航空祭は異機種編隊飛行など
岐阜基地でしか見られないイベントで全国から航空ファンが 航空祭当日は押しかける。

    2007年の航空祭は 10月 28日に行われ 10万人が航空祭を楽しんだ

    Gifu2007_1

航空自衛隊岐阜基地航空祭

2007/10/28       9:00 ~ 15:00
      
      当日の注意事項
      2007年は 約 10万人の人出でした
      昼食、飲み物は持参の事
      トイレは早めに並ぶこと ( 30分待ちなんて事も )
      ゴミは必ず持ち帰る事
      脚立は前列では使用しない事

2007年の航空祭当日の様子をアルバムにしてみました。

Gifu2007_3

失速速度も特性も異なる 9機が C-1 先導で編隊飛行します、実験航空隊基地ならの飛行です

Gifu2007_8

ファントム F-4 の着陸です、 迫力ある姿が直接観れます

Gifu2007_10

ブルーインパレス T-4 の曲芸飛行です

Gifu2007_13

 

              ホームページ   加藤のひとり旅に戻る


                                       航空祭 →  その 2

 

参考資料

Gifu2007_17

コメント