加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

その瞬間、水しぶきが、、、、あがった ! ! 黒部ダム

2010年09月30日 | 日本のダム

その瞬間、水しぶきが........あがった !
8mm ムービー その瞬間 、 水しぶきが...あがった !  

   「MVI_ 0709.AVI」をダウンロード 1分56秒


少し重いです呼び込むまで、ちょっとお待ち下さい(私語は名古屋弁です)

2007/09/22 ( 土 )  AM 7:00  世界有数のアーチダム 黒部ダムの放流水放水の瞬間を撮影した。
関西電力㈱職員等、限られた人しか見る事の出来ない 放水の瞬間の写真と 8mm ムービーです。

( まず、見られない貴重な映像と自負しています )

詳細は 加藤のホームページ 黒部ダム観光放水へ

http://h-2a-go.sakura.ne.jp/



コメント

岐阜県下呂市  岩屋岩蔭遺跡 妙見神社

2010年09月30日 | 神社、仏閣、城

岐阜県下呂市  岩屋岩蔭遺跡 妙見神社

謎の巨石群 岩屋岩蔭遺跡 BC. 500年前 日本最古の太陽観測所

Nazo_4_4

岐阜県下呂市金山町 妙見神社

飛騨川沿いに 国道 41号線を北上し、金山町から分かれて馬瀬川 ( mazekawa ) 沿いに進むと山間の目の前に
水資源機構の岩屋ダムが見えてくる。

こんな険しい山間の地に 日本のミステリィーゾーン 謎の金山巨石群が残されている。

この岩屋岩蔭遺跡は、信仰の対象でもある 岩蔭遺跡は 妙見神社の祠が祭られている

Nazo_5 Nazo_6

妙見神社への参道 この参道は太陽光の注す範囲の 中心となっている、境内を含めすべてが天文台である

Nazo_24_2 Nazo_10_3

一見無造作に置いてある様だがこの先が北極
左の岩は図の参道入り口横の岩 N-S方向、 これらの他に驚くべき精密さで 組み立てられています。

現地には資料館もあり 申し込めばガイド付き団体受付もしています。

 

         ホームページ  加藤のひとり旅に戻る

コメント

岐阜県下呂市 謎の巨石群 岩屋岩蔭遺跡

2010年09月30日 | 科学館、天文台

岐阜県下呂市    謎の巨石群 岩屋岩蔭遺跡 ( その 3 )

日本のミステリィーゾーン  日本最古の太陽観測所

Nazo_4_3

謎の巨石群 岩屋岩蔭遺跡 BC. 500年前の日本最古の太陽観測所

岐阜県下呂市金山町  飛騨川沿いに 国道 41号線を北上し金山町から分かれて馬瀬川
( mazekawa ) 沿いに進むと山間の目の前に 水資源機構の岩屋ダムが見えてくる。
こんな険しい山間の地に 日本のミステリィーゾーン 謎の金山巨石群が残されている。

   12. 観測レイアウト

Nazo_7


手前の立石と E石の刻みの筋に注目

説明文

Nazo_10

日本人の祖先にただただ驚くばかりです。

古代太陽観測所です  是非現地を訪れ 壮大な宇宙にのぞんだ先人に想いを馳せて見てください。

Nazo_8

是非現地を訪れ 壮大な宇宙にのぞんだ先人に想いを馳せて見てください。





       ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

 

         その 2に戻る ←  その 3         





コメント

岐阜県下呂市 謎の巨石群 岩屋岩蔭遺跡

2010年09月30日 | 科学館、天文台

岐阜県下呂市   謎の巨石群 岩屋岩蔭遺跡 ( その 2 )

Nazo_4_2

謎の巨石群 岩屋岩蔭遺跡    BC. 500年前日本最古の太陽観測所

岐阜県下呂市金山町  飛騨川沿いに 国道 41号線を北上し金山町から分かれて
馬瀬川 ( mazekawa ) 沿いに進むと山間の目の前に 水資源機構の岩屋ダムが見えてくる。
こんな険しい山間の地に 日本のミステリィーゾーン 謎の金山巨石群が残されている。

  5. 夏至、春分、秋分の観測

Nazo_12

説明文

Nazo_13


  11. 北極と子午線

Nazo_15

説明文

Nazo_16


   12. 観測レイアウト

Nazo_17

説明文

Nazo_18



         ホームページ  加藤のひとり旅に戻る




         その 1に戻る ←  その 2    →  その 3へ進む 


コメント

岐阜県下呂市  日本のミステリィーゾーン日本最古の太陽観測所

2010年09月30日 | 科学館、天文台

日本のミステリィーゾーン  日本最古の太陽観測所 ( その 1 )

Nazo_4                                                         

謎の巨石群 岩屋岩蔭遺跡 BC. 500年前の日本最古の太陽観測所

岐阜県下呂市金山町 

飛騨川沿いに 国道 41号線を北上し金山町から分かれて馬瀬川 ( mazekawa ) 沿いに進むと
山間の目の前に 水資源機構の岩屋ダムが見えてくる。

こんな険しい山間の地に 日本のミステリィーゾーン 謎の金山巨石群が残されている。

日本人の祖先は西暦紀元前 1,000 ~ 500年前には
  1.  1ヶ月は 30日で分等できる ( 実際は等分出来ないことをすでに知っていた )
  2.  1年は 365日で 4年毎に 1日 を加算する 周期を知っていた
  3.   驚愕に値するのは すでにこの時 2月 28日の翌日に 1日、加算する事を知っていた
  4.  北極星が不動の星で 北斗七星が N を中心に動いていることを観察していた
  5.  太陽の動きと 月の動きから 一年を 12等分し 1ヶ月を 30日としたのは月の観測から割り出している   

日本人祖先の天文学における驚くべき英智である
更に驚くべきは、 この 何十トン から 何百トンもある巨石を 何処から運び、この険しい山の斜面に
どの様にして加工、正確に配置したのかは 現在も謎である。

何しろ 推定、紀元前( B.C ) 1,000年 から B.C 500年前にこの遺跡は造られたと科学的に証明されている

この先、現地調査等で謎は解き明かされるであろうが、 その結論が出るのが恐ろしい。
結論は異星人が 超能力で建造したなんて SFの世界だけにしてほしい。

それでは 謎の建造物と観測技術を 現地の説明看板に従って訪ねてみよう 。

現地には詳細な説明看板があります 又、詳細な説明書も設置してあります
下記には 風景写真の一部分として 掲載しました

1、  北極星と北斗七星との関係

Nazo_22

Nazo_23

北極星と北斗七星観測

  2.  巨石に刻まれた太陽観測の痕跡

Nazo_20

Nazo_21

紀元前にすでに観測記録を残した



                         ホームページ  加藤のひとり旅に戻る 




                                 その 1      →   岩屋遺跡その2へ進む  


         

コメント