加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

はやぶさ 2 打上予定 迫る

2014年11月29日 | 種子島、内之浦へ行こう

いよいよ " はやぶさ 2 " の打上げが迫りました

http://h-2a-go.sakura.ne.jp/jaxa_index.html  ホームページ   

加藤のひとり旅に カウントダウンを貼りつけました
                                                                                                                       

hayabusa_5

   
そうだ種子島へ行こう
 
      
    「はやぶさⅡ」 2014/12/01
    種子島宇宙センターから打上げ予定
     

bosei 地球帰還はやぶさ 応援だょ

  行け、GO,,GO

「はやぶさⅡ」 を
    成功させよう ! 
 2014/12 打上予定  
hayabusa_1
はやぶさ地球帰還 06/13 22:51
hayabusa_4

  2010/06/13 22:57 現在
 大気圏突入、日本人の心の中
   

hayabusa_3
はやぶさは2010/06/13 22:57
豪州のウーメラ砂漠に帰還しまた !!

H-2A 、H-2B  ロケット 打上げ カウントダウン

     
 JAXA の発表によれば  2014年は H-2B 5号機  1機、 全球降水観測衛星 1機 打ち上げ予定。         

     打上げ場所   ロケット名      搭 載 衛 星   打ち上げ予定日     あと何日( カウントダウン ) ブログへ  

種子島宇宙センター

H-2A   号機

 惑星探査機 はやぶさ Ⅱ

 2014年 12月01日        「はやぶさⅡ」打上げまで......
1日 15時間 12分 14秒!   

 加藤のブログへ そうだ 種子島へ行こう !

種子島宇宙センター

H-2A 25号機  気象衛星「ひまわり 8号」  2014年 10月07日     打上げ成功!  加藤のブログへ そうだ 種子島へ行こう !

種子島宇宙センター

H-2A 17号機  金星探査機「あかつき」 金星再投入挑戦        「あかつき」再投入まで.........
385日 22時間 6分 31秒!
 加藤のブログへ そうだ 種子島へ行こう !

種子島宇宙センター

H-2B *号機  「こうのとり」 4号機    2013年 08月06日        打上げ成功!      加藤のブログへ そうだ 種子島へ行こう !












 
          

コメント

種子島射場見聞記 その 6

2009年12月21日 | 種子島、内之浦へ行こう

種 子 島 施 設 見 学

種子島宇宙センター  総合指令棟

鹿児島県熊毛郡南種子島町

日本の先端科学 大型ロケット打上げ場というと 物々しい警護に囲まれた基地を連想する
しかし、この種子島宇宙センターを訪れると余りの開放に近親感を持つだろう
特殊な建物以外は どの建物もその玄関先まで一般の人が近づける 構内の道路はほとんど通行出来る 
これからもこの開放を続けてほしいものだ

南の通用門を通り 真っ直ぐ進むと駐車場の右手小高い丘の上に 総合指令棟はあります
ロケット打上げ当日は総ての情報が集められ 判断、指令を出す戦場となります

Taneka_8 Taneka_5

ガラス窓越しに見る指令室 デジタル表示時計    総合指令室 コントロール卓と表示パネル

Taneka_6




     普段は静かな部屋

 2007/08/16 撮影   
 現在は地下に総合司令室があり、この部屋の使用
 状況は不明です。

これは JAXAの現地資料から スキャナした参考写真 


Taneka_7_2

JAXAの訓練状況の写真 ( JAXAの写真 )



         前のページへ        ホームページに戻る

 

 

コメント

種子島射場見聞記 その 5

2009年12月21日 | 種子島、内之浦へ行こう

種 子 島 施 設 見 学

種子島宇宙センター  宇宙科学技術館と増田宇宙通信所

鹿児島県熊毛郡南種子島町
日本の先端科学 大型ロケット打上げ場というと 物々しい警護に囲まれた基地を連想する
しかし、この種子島宇宙センターを訪れると余りの開放に近親感を持つだろう
特殊な建物以外は どの建物もその玄関先まで一般の人が近づける 構内の道路はほとんど通行出来る 
これからもこの開放を続けてほしいものだ
南の通用門を通り 真っ直ぐ進むと 駐車場の手前に宇宙科学技術館がある
館内は 宇宙開発について展示と紹介をしている

Taneka_1_2 Taneka_2_2

      宇宙科学技術館の全景        館内 ロビーの様子 この奥が展示室

Taneka_3 Taneka_4

壁に今日まで打上げたロケットの発射を展示  ロビーの様子 展示室は暗室で撮影困難

勿論 見学は無料です ロケットエンジン LE-7A   LE-5 も、展示しています

増田宇宙通信所   
鹿児島県中種子島町益田

増田宇宙通信所は人工衛星からの電波を受信し筑波宇宙センターに送りまた、
状況により人工衛星にコマンド信号を送信する。
ロケット打上げ時は、ロケットからの電波を受信し、飛行状態の監視を行い、受信
したデーターを種子島宇宙センターに送っている

Masu_1 Masu_2

増田宇宙通信所の正門                パラボラアンテナ群が 人工衛星を追っている

増田宇宙センターの展示室は 見学が出来るが この日は打上げ前日で ( 2006/02 )
入構出来なかった

   展示室の見学は  10:00 ~ 17:00       土、日、祝日は休館です   

 

       前のページへ       次のページへ      ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

 

コメント

種子島射場見聞記 その 4

2009年12月21日 | 種子島、内之浦へ行こう

 種 子 島 施 設 見 学

Tanegashima2
H-2 実物大模型  ピンボケで御免 2002/07月撮影

種子島宇宙センター

大崎第一事務所 H-2 7号機 実機展示

鹿児島県熊毛郡南種子島町

種子島宇宙センターは日本が誇る宇宙技術の総本山である H-2A 打ち上げ見学以外に
この種子島宇宙センターの 各施設を見学しよう
ここは日本の誇る H-2A打上げ基地である 打ち上げのためのあらゆる施設がここにある。
打上げ日以外は 各施設の建物近くまで行ける、また施設見学ツアーコースも実施されている
種子島宇宙センターでは 一日 3回の施設案内ツアーが行われている
事前の予約が必要だが このツアーには まず真近で見ることが出来ない H-2  7 号機の
実機が施設職員の説明付きで見ることが出来ます。

Osaki_2

小さい女の子が 何を見て率直に驚いているか解りますか ? 。

Osaki_4 Osaki_5

大崎第一事務所には H-2  7号機が保管されている

H-2 ロケットは日本が約 10年の年月をかけて開発した純国産ロケットです。
昭和  57年から開発が始まり、平成 6年 2月から平成 11年まで合計 7機打ち上げられました。
                                        パンフレット説明文より

このH-2 7号機は 先に打ち上げた  8号機の打ち上げ失敗により 打上げられる事無く保管されH-2Aの開発に移行したため
今も種子島の第一事務所に展示されています。
この写真が気に入ったのは 一番手前の可愛い女の子が両手を一杯広げ 「わ! ....でかい 」と率直に驚いている
そして小さな子供達が真剣に説明に聞き入っている姿に感動した。
この子達が大きくなった時、日本の宇宙開発に関心を持ってくれるだろう。

            ( 注 : H-2 は 7号機より先に 8 号機を打ち上げた ) 

写真
小さい女の子が何を見て率直に驚いているか解りますか。
そうです この ファリングと大円筒をみて驚いています。 

Osaki_6 Osaki_7

H-2 7号機 実機展示品    H-2ロケットは 全長 50m 重量  260トンである

上の写真 → 奥に見えるのが 1段目 手前が  2段目です      
左の写真 → ファリング部 川崎重工㈱製 太平洋に沈む運命だった
右の写真 → 2段目を下部から覗いたところ 実際は  LE-5がある

          前のページへ        次のページへ    ホームページ 加藤のひとり旅に戻る

 

コメント

種子島射場見聞記 その 3

2009年12月21日 | 種子島、内之浦へ行こう

 種 子 島 施 設見学

Tanesen_7 
世界一美しい射場といわれている種子島宇宙センター 第一射点

種子島宇宙センター                          鹿児島県熊毛郡南種子島町
種子島宇宙センターは日本が誇る宇宙技術の総本山である H-2A 打ち上げ見学以外に
この種子島宇宙センターの 各施設を見学しよう

ここは日本の誇る H-2Aの打ち上げ基地である 打ち上げのためのあらゆる施設がここにある。
打ち上げ日以外は 各施設の建物近くまで行ける、また 施設見学ツアーコースも実施されている

Tanegashima7

   日本を代表する種子島宇宙センター
   南種子島の竹崎地区に位置する
   


 種子島カタログ
  PDF 1.03MG

   → Tanesen_6_2   




宇宙センター を北側から見た第一射点と大型組立棟
この写真は隠し見学場所から見た宇宙センターです
大型ロケット組立棟、 
写真の左側の大扉が開いて  H-2Aは台車に載った状態で射点に向かう
この大扉が一枚戸として世界一です

Tanesen_5 Tanesen_2

ロケットの丘展望所から見た第一射点と大型組立棟
ここから見た宇宙センターは美しいの一言である




H-2A 打上の第一射点 
いよいよ H-2A 13号機が飛び立つ
追跡観測所から見た大型ロケット発射場



Tanesen_3

 











追跡観測所
種子島灯台高台から見た 射場






          前のページへ     次のページへ      ホームページ 加藤のひとり旅に戻る

コメント