さいたま市浦和区  小泉漢方堂鍼灸療院

~全ての人々に健康と幸せを~  

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボランティア治療

2011-04-25 00:30:00 | 日記・エッセイ・コラム

本日は、先週に引き続き

震災避難所でのボランティア治療へ行きました

皆さん、症状の根底には精神的なストレスがあり

環境面からは、床からの冷え

体調を崩しやすいのも当然だと思われます

鍼灸では身体の方面からバランスを取り

結果として心身の安定をはかります

先週よりも、患者さんは増えてきていまして

今後、鍼灸の需要は益々増加し

術者が足りなくなることが予想されます

ご協力下さる先生方が増え、十分な治療を行えるようになることを祈っております

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ストレスの構造 2

2011-04-22 17:48:38 | インポート
何かに頭を悩ませている方々は

延々と「妄想」と「拘り」を持っていることに気付かず

それを止められずにいる

そのような患者さんによく出会います



「妄想」とは

ああなったらどうしよう…
こうなったらもうお終いだ…

「有りもしない未来への不安」




「拘り」とは

あいつが~したから、自分はこうなってしまった…
あの時、ああすればよかった…

「過ぎた出来事の反芻」





実は、この二つしか悩みの種はないのです

この種は

自らの心が生み

自らを傷つけてしまいます


しかも、何の条件も必要なく
心ひとつで、延々といくらでも自らを痛めつけてしまうものです


この自らが生む思考には
何の生産性もありません

考えたところで未来は変わらず

考えたところで過去は変わらない





このような無駄なエネルギーを費やしていることに
早めに気付いて止めるだけでストレスは激減するものです





人生が上手くいっているように見える人と

それを妬む人との差は

どこにエネルギーを多く注ぐか?

この差でしかないようです



前者は理想とする未来の為に「現在」に圧倒的なエネルギーを注ぎ込む


後者は「過去」と「未来」へのネガティブな感情を繰り返すことにエネルギーの大半を費やす


「現在」に注いだ力は輝かしい過去になり

理想とする近い将来は、いずれ現実のものとなります
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

震災ボランティア

2011-04-19 20:18:16 | 日記・エッセイ・コラム

昨日、ボランティア治療を行う為に

福島第一原発の事故で福島県双葉町の方々約千二百人が現在避難している

加須市の旧騎西高校を訪ねてきました。

皆様、精神的なストレスから

数々の症状を抱えておられました。

今後、受診される方が増加すると思われますので

微力ながら継続参加させて戴こうと思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

おめでとうございます

2011-04-19 19:59:06 | 日記・エッセイ・コラム

先日、こちら↓の日記で書かせて戴いたHIYOKOさんから無事ご出産のメールを戴きました

http://blog.goo.ne.jp/k_kanpodo/d/20110206

>こんにちは
>3月23日、無事に2964gの女の子を出産しました。
>陣痛~5時間少しの超安産でした。
>本当にお世話になりました。ありがとうございました
>スタッフの方にも宜しくお伝え下さい

110402_1605_03_2

これから育児に大奮闘ですね

おめでとうございます

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ストレスの構造

2011-04-08 21:33:04 | 健康・病気
人は皆

何かの悩みを抱えて日々過ごしている


ただし、同じ状況に置かれても

平気な人と

そうでない人

随分格差が生まれるものです



その差は何か?




風邪を引きやすいかどうか…なども突き詰めると

精神的な面も関与するが

一応、ここでは置いといて(笑)





精神的なストレスに関しては、直に表面に現れやすい



同じ状況に置かれても

ストレスに感じるか否かは


「ものの見方の差」


に他ならない



このコツについて
さっき患者さんにお話ししていたので
ざっと、ご紹介



日常で受ける精神的ストレスは「対、人間」にたいして引き起こる


まあ、犬やら猫でも多少はあるかと思うが
物が相手ではない


ほぼ100%


「他人が自分の思うように動かない」


コレにつきます



子供の成績が悪い
上司が口うるさい
彼が優しくない
妻が寝てばかりで家事をしない
友達に裏切られた


要は想定外は全てストレスとなる




よく身の回りにいらっしゃる隣人を観察してみてください

いつもイライラ、カリカリしている人は

他人を思うように動かしたくて仕方がない傾向が強い人です


「あいつが・・・だから、私は~ができない」



全てを他人の所為にして
悪口、影口ばかりを言います




逆に、身の回りに起こる出来事をすべて自らの責任で対処できる方は穏やかです

なぜなら、「自分を動かすことは他人を動かすよりも容易」と考えているからです

他人は思い通りにならないことを知っています





もっとも簡単な解決法は


「他人に期待しない」こと


実は、とてもシンプルなんです
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする