さいたま市浦和区  小泉漢方堂鍼灸療院

~全ての人々に健康と幸せを~  

経絡治療学会学術大会2018

2018-04-10 20:17:02 | 日記・エッセイ・コラム

 

先日、経絡治療学会学術大会2018が東京有明医療大学で開催されました。

私も症例発表をしてきましたよ。

決して休診して遊んでいたわけではございません(笑)

 

概要は以下のような感じです。

*************************************************************************

 

 「本治が功を奏した腱鞘炎と頻尿」

Ⅰ症状

患者:48歳 女性

主訴:左手関節尺側痛。整形外科にて腱鞘炎との診断

現病歴:一カ月半前から左前腕の回内で痛む。増悪傾向。重いフライパンを持ったからかもしれない。

随伴症状:第三子出産後(40歳)から頻尿(10~15回/日)。7カ月前から左耳難聴。小児の頃から左扁桃炎を頻発。40歳から高脂血症。

既往症:4年前に痔を手術。

 

Ⅱ診察・証

問診:主訴の増悪緩解因子は不明で物を持つと常に痛む。頻尿と左扁桃炎は冬に悪化しやすい。最近は生理間隔が空いてきており不順気味(30~90日周期)、経血に塊あり。

脈診:腎経虚小腸経実、肝経虚、胆経実、肺経実、大腸経実

 

Ⅲ治療

治療方針:腎経補。

治療方法:ステンレス鍼1寸2番を用いて復溜、陰谷に補鍼。復溜に半米粒大の灸五壮。

 

Ⅳ経過・結果

初診(20XX年5月18日)の術後に痛み半減。

4診目(5/27)左手首の痛みなく、一昨日から夜トイレに起きなくなった。

7診目(6/14)頻尿改善。11診目(8/29)まで頻尿と扁桃炎の様子をみて治癒とした。

現在、左手首痛と頻尿は治癒したままだが、左扁桃炎は睡眠不足で1回発症したとの事。

 

~以下省略



*************************************************************************

超簡単に言うと

「手首の痛みと頻尿と難聴が足首と膝にある腎臓を強くするツボに鍼灸したら治ったよ。」

という内容です。

 

こちらの症例で注目して頂きたいのは「フライパンを持ってから発症した左手首の痛み」が治り難くなっている本当の原因が何か?という事。

 

・小児の頃からの扁桃炎(冬に悪化)

・出産後からの頻尿(冬に悪化)

・左耳の難聴

・生理間隔が空き気味になってきている

・痔

 

など、生来の腎の弱りと、それに拍車をかけた出産の負担から、更なる腎虚を招いたという証拠になる症状が問診からだけではなく、身体にも数々現れています。

腎の弱りが酷くなってきたときに、年齢的にも生理的に腎が弱ってくる更年期の時期と重なった。

そして腎は、患部である左手首を通る経絡である手の太陽小腸経という経絡と互いに影響を与え合う関係(相克関係)にあるため、腎が弱ると左手首が炎症を起こしやすくなる…という病理になる。

だから大本の腎を強くするように鍼灸する事と、患者さんに腎が弱りやすくなる生活を改めてもらった事で、左手首の痛みのみならず、頻尿、耳鳴り、扁桃炎など、全ての症状が良くなった訳ですね。

 

よく「手首の使い過ぎで腱鞘炎…」とか診断される方がいますが、結構、間違いだったりします。

 

今回、手には鍼も灸も一切していません。

 

 

心当りのある方、多いのではないでしょうか。

病は運悪くなるのではなく、必ず原因があります。

そこを正せば良くなりますね。

 

 

この度、学会用の症例として許可を頂きました患者様に感謝の意を表します。

快くご承諾頂きまして誠に有難うございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良い医療とは?

2017-11-17 14:26:02 | ブログ
あなたは本当に
良い医療を受けていると
言い切れますか?
~医療崩壊時代によりよい未来を手に入れるための医療リテラシー~


友人であり内科医である伊藤学先生が12/17(日)に講演会を行います。

為になるお話が聞けると思いますよ。

ご都合の合う方は是非
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奄美大島へ

2017-11-04 14:56:12 | ブログ
当院で7年修行して奄美大島へ旅立ちました元副院長の新郷くんを訪ねて来ました。


当日は台風が直撃しており、フライトの心配がありましたが絶妙なタイミングで台風を上空で乗り越えて奇跡的に着陸できました。

奄美に招かれたようです。
神様いますね(笑)

新郷家全員で空港まで迎えに来てもらいました。
お子さんたちが大きくなって奥様そっくりになってましたね(^^)

そして嬉しいことに奄美新郷堂は島の方々に必要され忙しい毎日との事。

こうして今は亡き師匠の技術は脈々と受け継がれ

私の手が届かない沢山の人たちの心身や人生革命への貢献が微力ながらなされています。

幸せですね




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経絡治療学会徳島部会にて講演

2017-10-19 14:39:42 | 日記・エッセイ・コラム
先日、経絡治療学会徳島部会にお招き頂きまして講演して参りました。記事はコチラ


前日の懇親会では徳島部会と駆けつけてくださいました広島支部の先生方に温かく迎えて頂きました。
深夜の三次会の徳島ラーメン「東大」の店内でも臨床の話で白熱しました(笑)。


当日は睡眠不足ではありましたが五時間の講演と実技をやりまして

いらしてくださいました先生方からの質問も沢山でました。

喋り過ぎで喉が渇きました(笑)

お陰様で、とても充実した時間になりましたね。



最後に経絡治療学会徳島部会長の鎌倉先生と記念撮影



徳島部会、広島支部、並びに、お越しいただきました先生方、有難うございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MDアンダーソン癌センター

2017-08-27 16:50:48 | 健康・病気
待合室にも置かせていただいています『健康自立力』の著者で脳外科医の田中佳先生の記事に興味深いものがありました。

全米NO.1を誇る癌の治療と研究を行う施設
テキサス州にあるMDアンダーソンがんセンターでのガン治療の記事です。

日本との違いに驚きですね。

鍼治療が補完医療のトップに挙がっているのは勿論ですが

ここで注目すべきは、このグラフ


昔の日本では癌死亡率が大変低かったということです。

諸外国の癌死亡率が横這いか低くなる傾向にある中、困った事に日本はダントツの右肩上がりですね。

さて、この理由はどこにあるか?

世界に逆行した何かが行われているのでしょう。。。

これは普段、私が治療中にお話ししていることですね。

皆さん、実践を頑張りましょう(^^)



以下、ウィキペディアより抜粋
テキサス州立大学 MDアンダーソンがんセンター(The University of Texas MD Anderson Cancer Center) は、テキサス州ヒューストンのテキサス医療センター (Texas Medical Center) 内にある、癌の治療、研究、教育、予防を専門とする大規模がんセンターである。

設立は約60周年を迎え、優秀なスタッフを育て、優れたプログラムを活用し、癌研究において世界の中心となるべく努力している。 そのミッションは癌を撲滅することである。センターは、3つの精神、「思いやり」、「誠実」、「発見」の理念に基づき16,000人以上のスタッフ及び1,600人以上のボランティアが癌を克服するために働いている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加