はがき随筆・鹿児島

はがき随筆ブログにようこそ!毎日新聞西部本社の各地方版に毎朝掲載される
「はがき随筆」は252文字のミニエッセイです。

連想は続く

2017-06-22 18:20:00 | はがき随筆
 カラーの花の淡彩スケッチをした。両手のひらで太陽の光を大切に受けとるように花芯を包んでいる。正式な呼称があるはずだと調べてみた。「サトイモ科オランダ海芋」とあった。
 海芋? 国土の多くが海面下にあるオランダ……。海の芋? 
 サトイモは水分が好きだよな。同類のタロイモは水の中で育つ水芋だ。11月のアムステルダムは毎日しぐれていたなあ。街路樹は落葉樹で冬の太陽を待ち望んでいた。ゴッホは明るい南仏のアルルへ移住して太陽を絵にした。緯度の高い国の植物や人間は太陽への思いが違うのだろうか? 連想は続く――。
 出水市 中島征士 2016/6/20 毎日新聞鹿児島版掲載
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜霧のブルース | トップ | フェィジョア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

はがき随筆」カテゴリの最新記事