行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

Digest of 52nd AFBF Asian Championships (1)

2018-05-02 23:34:57 | 観戦記2018


Result of 52nd AFBF Asian Championships (APR 27-28, 2018, Ulaanbaatar, Mongolia)
Women's Physique
1 SAWADA Megumi (Japan, 62)
2 PARK Sun Yun (Korea, 65)
3 LI Yi-Ming (Chinese Taipei, 63)
4 SHIMIZU Eriko (Japan, 60)
5 KUNO Ayako (Japan, 64)
6 WAGHMARE Karuna Pandurang (India, 61)

第52回アジア選手権の結果(2018年4月27・28日、モンゴル・ウランバートル)
女子フィジーク(クラス分けなし・敬称略)
1 澤田めぐみ
2 PARK Sun Yun (韓国)
3 李佾明 (台湾)
4 清水恵理子
5 久野 礼子(あやこ)
6 WAGHMARE Karuna Pandurang (インド)

こんばんは。
それでは、今日から2018年4月27日から28日にかけて、モンゴル・ウランバートルのコーポレートコンベンションセンターにおいて行われた、第52回アジア選手権のダイジェストをお送りいたします。
もちろん、日本選手が出場した全種目について男子も含めてご紹介いたしますが、当然のことながら女子競技を最優先とさせていただきます(爆)。
実際、今大会ではボディフィットネスのマスターズを除くすべての女子競技が、27日に行われています。
そしてなにより今回最初にお伝えしたいのは、女子フィジークにおいて我らが日本の澤田めぐみ選手が優勝したことです。
ご存じのとおり、昨年決勝フリーポーズで音楽がかからないアクシデントもあってわずか1ポイント差で優勝を逃した澤田選手が、見事タイトルを奪取してアジアチャンピオンに輝きました。
優勝が決まった瞬間の、澤田選手の表情も盛り込んでおります。
また日本からは、日本選手権入賞常連の清水選手や久野選手も参戦し、実に6人中半分の3人を日本勢が占めていました。
一方で、アジア選手権で毎回顔を見る台湾(中華台北)の李選手は、昨年に引き続き3位に入賞しています。

というわけで、最初に女子フィジークのダイジェストをお送りしました。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Official results of 52nd AF... | トップ | Digest of 52nd AFBF Asian C... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

観戦記2018」カテゴリの最新記事