行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

IFBB世界マスターズ選手権で日本選手大活躍!

2019-12-10 23:22:14 | 観戦記2019
はい、ご存知のとおり12月7・8日にIFBB世界マスターズ選手権がスペインのタラゴナで行われたわけですが、この大会で日本代表選手はすばらしい活躍を見せてくれたのです。
私も、Youtubeでライブ観戦していたのですが、大いに感動しました。
すでに公式結果が、IFBBのホームページに掲載されていますので、全体の結果をご覧になりたい方はそちらをどうぞ。
こちらでは、日本選手の結果をまとめてお知らせいたします。(敬称略)

メンズフィジーク
40-44歳級
1 森山 健三
45-49歳級
1 田村 宜丈(よしたけ)
50歳以上級
1 上中 一司(ひとし)
オーバーオール
1 田村 宜丈
2 森山 健三
3 上中 一司

クラシックボディビル
50歳以上級
1 河村 秀美
3 玉井 正宏
オーバーオール
3 河村 秀美

ボディビル
55歳以上級
4 猿山 直史
9 難波 文義
特別表彰 金沢 利翼(としすけ) 今大会最年長選手(83歳)
45-49歳級
4 征矢 洋文

ビキニフィットネス
40-44歳級
3 長瀬 陽子
45歳以上級
4 箭内真由美
8 関根 秀子

女子フィジーク
予選敗退 清水恵理子

いかがでしょうか、ここまで華々しい活躍もなかなか見られないのではないでしょうか。
特にメンズフィジークは、3クラスすべて日本選手が優勝したため、オーバーオール決勝も日本選手のみで行われるという、まさに日本の独壇場でした。
そして、昨年オーバーオールで2位だった田村選手が、見事世界の頂点に立ったのです。
また、クラシックボディビルでも50歳以上級で河村選手が見事優勝、表彰式の国歌演奏では感極まった姿が印象的でした。
特筆したいのは、ボディビル55歳以上級で特別表彰を受けた金沢選手で、今大会最年長選手ということでIFBBのラファエル・サントンファ会長からも声をかけられて、さらに予選敗退にもかかわらず特別にフリーポーズを披露する機会まで与えられました。
まあ、55歳から上は青天井で同じクラスというのも、ずいぶん無茶な話ではありましたが(苦笑)。
ちなみに、女子の最年長はビキニフィットネスに出場していた65歳のパラグアイの選手でした。
女子も負けてはいません。
ビキニフィットネスの40-44歳級で長瀬選手が、見事に銅メダルを獲得しています。
また、45歳以上級でも箭内選手と関根選手が活躍し、特に箭内選手は決勝に進んでいます。
残念だったのは女子フィジークの清水選手ですが、今回女子フィジークはクラス分けがなく35歳以上がひとまとめになっていて、22人もの選手で争われていたこともあったかと思います。
せめて、45歳か50歳を境にクラスを分けてほしかったところですね(苦笑)。
日本選手の皆さんは、今日帰国したとのことです。
本当にお疲れ様でした。

コメント   この記事についてブログを書く
« 53rd Asian Championships (86) | トップ | 53rd Asian Championships (87) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

観戦記2019」カテゴリの最新記事