行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

Muscle Gate Sapporo (14)

2020-10-08 23:26:09 | 観戦記2020


Prejudging of Muscle Gate Sapporo. (Bodyfitness, -45years)

そしてこちらが、クォーターターンの後半の模様です。
270度回転したところからさらに90度右に回転して、元の「フロントスタンス」に戻りました。
この1回のクォーターターンで予選審査は終了で、選手退場となりました(爆)。
なお、清水選手のエントリー番号が91番と飛んでいるのは、ビキニの選手の次にメンズフィジークの選手が割り当てられていて、ボディフィットネスはその次に割り振られていたからです。
ちょっと枚数が足りないので、ステージ上で選手を誘導していた女性スタッフの人や司会の佐護純子さん、さらに審査中の加藤直之審査員や大澤直子審査員、最後に集計員の方々をご紹介させていただきました(笑)。
以上が、ボディフィットネス45歳未満級の予選の模様でした。

これで早くも、予選のご紹介が終わりました。
次回からは決勝のご紹介に入りますが、こちらも競技順にしたがってビキニの35歳以上160cm以下級からご紹介したいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Muscle Gate Sapporo (13)

2020-10-08 23:15:57 | 観戦記2020


Prejudging of Muscle Gate Sapporo. (Bodyfitness, -45years)

そしてここからは、クォーターターンの模様をご紹介いたします。
「フロントスタンス」から、90度・180度・270度と回転していきます。
ビキニとは違って、「スリーステップフォワード」は行われません。
また、ポーズの取り方もビキニと違っていることがおわかりかと思います。
清水選手は、2019年9月のオールジャパンミスボディフィットネス選手権で、35歳未満級に出場して2位に入賞しています。
さらに、東北・北海道選手権にも出場してボディフィットネスで3位でした。
そして10月には、オールジャパン3位以内で出場資格を得た2019 JBBF FITNESS JAPAN GRAND CHAMPIONSHIPSの、ミスボディフィットネス日本選手権に出場しています。
あれから1年、清水選手は見事にスケールアップしてより魅力的な選手になって、帰ってきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Muscle Gate Sapporo (12)

2020-10-08 23:11:51 | 観戦記2020


Prejudging of Muscle Gate Sapporo. (Bodyfitness, -45years)

こんばんは。
今日は、マッスルゲート札幌のボディフィットネス45歳未満級の予選の模様を、お送りいたします。
ということは、45歳以上級も設定されたいたを思われますが、やはり参加選手がいなかった模様です(苦笑)。
この45歳未満級でも、参加した選手はご覧のとおりエントリー番号91番の清水恵選手ただ1人だけでした(爆)。
したがって、クラス優勝はもちろんのことオーバーオール優勝も清水選手ということになります。
まずこちらでは、最初のウォーキングの模様をご覧いただきましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加