行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

2019 Japan Classic Championships (9)

2020-02-13 23:58:05 | 観戦記2019


Digest of 2019 Japan Classic Championships. (Overall Final)
Results are here.
1 INOUE Hiroaki (-171cm)
3 KANEKO Yoshihiro (-175cm)
7 ISHII Teruo (-162cm)

というわけで、オーバーオール決勝の模様をご紹介して締めくくりましょう。
162cm以下級から180cm超級までの優勝選手7人により、オーバーオール決勝が行われました。
審査は規定ポーズにより行われています。
そして優勝は、171cm以下級の井上裕章選手でした。
全体の結果はこちらをご覧ください。
2015年に小倉アジア選手権で優勝したこともある井上選手が、またアジアそして世界に雄飛していくのでしょうか。
最後の1枚は、会場に来ていたお知り合いの皆さんを撮らせていただきました。
司会の角田和弘さんの笑顔は、なかなかいいですね(笑)。

それでは、以上をもちまして2019年8月11日に名古屋市中村区のウインクあいち(愛知県産業労働センター)で行われた、第11回日本クラシックボディビル選手権のご報告を、締めくくらせていただきます。
愛知県選手権含めて、ご高覧ありがとうございました。
次回からは、2019年8月18日に栃木県宇都宮市の栃木県青年会館(コンセーレ)で行われた、関東ボディフィットネス選手権及び栃木オープン(ビキニフィットネス)のご報告を始めたいと思います。
コメント

2019 Japan Classic Championships (8)

2020-02-13 23:53:37 | 観戦記2019


Digest of 2019 Japan Classic Championships. (180cm-)
Results are here.

最後は、180cm超級です。
このクラスには、アジア選手権に参戦した選手は特に参加していなかった模様です。
人数的にも12人と、175cm以下級の7人に次ぐ少なさでした。
そんな中で優勝したのは、日本選手権にも入賞経験のある辻田勲選手(大阪)でした。
結果の詳細はこちらです。
以上が、180cm超級の模様でした。
実はこれで終わりではなく、各クラス優勝選手同士によるオーバーオール決勝もありました。
コメント

2019 Japan Classic Championships (7)

2020-02-13 23:46:34 | 観戦記2019


Digest of 2019 Japan Classic Championships. (-180cm)
Results are here.
3 OKUDA Junya
5 TAGUCHI Shunsuke

そしてこちらが、180cm以下級です。
ハルピンアジア選手権で180cm以下級3位に入賞した奥田純也選手(岐阜)が参加していたほか、2015年小倉アジア選手権で優勝した田口俊介選手(東京)も参戦していました。
しかし今回、奥田選手は3位で田口選手は5位でした。
では優勝したのはだれかといいますと、先日世界マスターズ選手権でクラシック50歳以上級で優勝した、河村秀美選手(広島)でした。
ほか、詳しい結果はこちらをご覧ください。
以上が、180cm以下級の模様でした。
コメント

2019 Japan Classic Championships (6)

2020-02-13 23:14:24 | 観戦記2019


Digest of 2019 Japan Classic Championships. (-175cm)
Results are here.
1 KANEKO Yoshihiro
2 MATSUOKA Akira

続いては、175cm以下級です。
このクラスには、ハルピンアジア選手権に参戦した選手が2人いました。
6位に入賞した松岡啓(あきら)選手(大阪)と、8位の金子芳宏選手(神奈川)です。
果たして、この2人によって優勝が争われましたが、金子選手が優勝してアジア選手権のリベンジを果たした形になりました。
全体でも7人と少人数だったので、予選では規定7ポーズをすべてご紹介しました。
また、決勝フリーポーズやポーズダウンは、松岡選手と金子選手を中心にご紹介させていただきました。
こちらも、全体の結果はこちらをご覧ください。
以上が、175cm以下級の模様でした。
コメント

2019 Japan Classic Championships (5)

2020-02-13 22:59:56 | 観戦記2019


Digest of 2019 Japan Classic Championships. (-171cm)
Results are here.
1 INOUE Hiroaki

こんばんは。
それでは今日は、昨日に引き続いて2019日本クラシック選手権のご報告をさせていただきます。
今日はまず、171cm以下級からお送りいたします。
このクラスには、2019年のハルピンアジア選手権参戦選手はいませんでしたが、2015年の小倉アジア選手権のチャンピオン、井上裕章選手(静岡)が参戦していました。
そして、見事優勝しています。
なお、2016年の北京アジア選手権では5位、2017年のモンゴルアジア選手権では4位に入賞しています。
フリーポーズは、優勝した井上選手となぜか谷澤一矢選手(神奈川)を1枚づつご紹介しています。
なお、全体の結果はこちらをご覧ください。
以上が、171cm以下級の模様でした。
コメント