行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

2017 All Japan Ms. Bodyfitness Championships (36)

2018-03-17 23:27:01 | 観戦記2017


Prejuging of 2017 All Japan Bodyfitness Championships. (-163cm)

比較審査が終わり、最後にもう一度全員でラインナップをとって予選終了・選手退場となりました。
この結果、114番太田選手・121番小柳選手・122番金子選手・124番山下選手・125番越川選手・127番西島選手の6人が、決勝に進みました。
奇しくも、2015・2016年と決勝に進んだメンバーで今回出場した5人の選手が、全員決勝に進んだのです(爆)。
そして残りの1人に入ったのが、小柳選手だったということになりますね。
本当にこのクラスの上位選手は、「鉄壁」と言ってもいいほど段違いのレベルの高さで、この決勝に進むだけでも本当に大変です。
さて、惜しくも決勝に進めなかった選手の予選での参考順位ですが、7位117番弥陀選手・8位119番山本選手・9位115番服部選手・10位126番占野選手・11位123番野沢選手・12位120番神谷選手・13位116番堀切選手・14位118番小林選手、という結果でした。
以上が、ボディフィットネス163cm以下級の予選の模様でした。

次回は、ボディフィットネス最後となります163cm超級の予選の模様を、お送りします。
コメント

2017 All Japan Ms. Bodyfitness Championships (35)

2018-03-17 23:01:16 | 観戦記2017


Prejuging of 2017 All Japan Bodyfitness Championships. (-163cm)

そして4回目の比較審査は、3回目から123番野沢選手が残り1回目に登場した115番服部選手が再登板、そして120番神谷美由紀選手・118番小林秀子選手・116番堀切俊枝選手が加わって、5人で行われました。
これで、14人の選手全員が比較審査を受けたことになります。
そして、以上で比較審査は終了しました。
コメント

2017 All Japan Ms. Bodyfitness Championships (34)

2018-03-17 22:49:10 | 観戦記2017


Prejuging of 2017 All Japan Bodyfitness Championships. (-163cm)

さて3回目の比較審査は、2回目から114番太田選手と117番弥陀選手が残り、そこに123番野沢知代選手と126番占野佳子選手が加わって、4人で行われました。
ここまでで、比較審査を受けた選手は11人です。
つまりこの時点で、まだ比較審査を受けていない選手が3人いました。
コメント

2017 All Japan Ms. Bodyfitness Championships (33)

2018-03-17 22:42:37 | 観戦記2017


Prejuging of 2017 All Japan Bodyfitness Championships. (-163cm)

続いて2回目の比較審査は、1回目から121番小柳選手が残り、119番山本恵理選手・114番太田美貴子選手・117番弥陀ミチル選手・115番服部順子選手の4人が加わって、5人で行われました。
太田選手も、2015・2016年とこのクラスの決勝に進出した選手の1人です。
小柳選手を含む1回目に比較審査を受けた5人は、おそらく決勝進出は堅いでしょう。
となると、ここで小柳選手と比較される4人のうちの誰か1人が、6人目の決勝進出選手になる可能性があるという感じになるみたいですね。
そしておそらく、3回目以降に初めて比較審査の対象になる選手が決勝に進める可能性は、厳しいものがあるのでしょう。
コメント

2017 All Japan Ms. Bodyfitness Championships (32)

2018-03-17 22:13:24 | 観戦記2017


Prejuging of 2017 All Japan Bodyfitness Championships. (-163cm)

こんばんは。
昨日に引き続いて、2017オールジャパンボディフィットネス選手権163cm以下級の予選の模様をお送りしますが、今日は比較審査をご紹介しようと思います。
さっそく、1回目の比較審査からまいりましょう。
対象になった選手は、121番小柳久美子選手・122番金子真紀子選手・125番越川順子選手・124番山下由美選手・127番西島里紗選手の5人でした。
小柳選手を除く4人が、2015・2016年とこのクラスで決勝に進出しているメンバーです。
おそらくこれが、いわゆる「ファーストコール」と考えてよいでしょう。
コメント