筑西市議会議員  筑西!愛してます!三澤隆一がゆく!

現在、筑西市議会議員として活動中!共栄オートサービス代表 母、妻、娘2人の5人家族!完全アウェーの女系家族!

筑西市内で中学校卒業式が開催されました。

2019-03-15 05:38:50 | 下館南中学校 
3月13日(水)市内の各中学校で卒業式が執り行われました。



私は、母校でもあり地元学区である下館南中学校に出席いたしました。



今回は184名の3年生が卒業となりましたが、年々卒業生の数が減っております。現在5クラスですが数年前は6クラス、今の団塊世代のジュニアの世代(40~45歳)の世代はたしか1学年9クラスあったと思いますので、じわじわではありますが人口減少を実感します。



在校生からの送辞、卒業生からの答辞、そして最後になる合同での校歌斉唱。いつも感動的します。



退場していく姿を見ながら子ども達にはこれから様々な困難が当然あり挫折も経験することと思いますが、それぞれの高い志と将来の夢を持ち続けながら人生を謳歌してほしいと心から思います。



館南野球部の保護者の皆さんも晴れやかな良い笑顔です!


コメント

平成最後の定例会が開催中です。

2019-03-06 10:55:52 | 議会・政治活動
平成31年第1回定例市議会が開催されております。

補正予算、条令議案他、32議案が上程されております。これからこの議案を、福祉文教・経済土木・総務企画の各常任委員会で審議してまいります。

そして本日まで一般質問が行われます。



私はすでに一般質問を終了しました。今回は教職員の働き方、そしてAI・ICTを活用について質問いたしました。

現在、AI(人工知能)ICT(情報通信技術)またはロボットやビックデータの活用でAI家電、AIスピーカー等、家庭の中でも利便性が向上しています。
社会全体を見ていくと今後は全の人間とモノがインターネットで繋がるという事です。

2020年には条件付きで自動運転もスタートしますし、近い将来にはドローン宅配、高度な遠隔治療、介護ロボット、AIによる24時間相談窓口・各種申請届け出の自動化など様々な分野で利便性が上がります。

近い将来、筑西市でも少子高齢化、人口減少による様々な問題が懸念されていますが、これらの技術により一つひとつ改善されていく事と思います。また、県内各自治体でもIA、ICTの活用が進み、行政サービスの大幅な効率化も進んでおります。わが市でも費用削減に向け、今から様々な準備に取り組んでいただく事を要望しました。

今回メインの質問は、教職員の働き方についてです。国内の様々な業種の仕事の中でも圧倒的に残業時間が多いのが教職であります。
筑西市では過労死ラインといわれる月80時間を超える時間外勤務をした教員は、小学校で約10%、中学校で約60%であり、明らかに授業以外の様々な業務が多すぎる事が原因であります。

子ども達に接する時間をより多く確保する事が何より大切です。近い将来、様々な最新技術が進歩すると、世の中の仕事が大幅に変化するという事で益々教育に費やす時間が必要になります。また不登校、いじめ問題、今では虐待の問題もあり、より生徒との対話が重要であります。

今回も具体的にAIを利用した24時間自動回答可能な「学校チャットボット」や録音機能付き電話の導入、さらに教師業務アシスタント導入他、全国各地の様々な事例を元に、残業時間を減らし、勤務時間を確保するための質問・提案を行いました。
コメント (2)

ボランティアさんに感謝する会!

2019-02-21 21:40:56 | 大田小学校PTA活動
先日、ボランティアさんに感謝する会にご招待いただきました。

毎年この時期になると大田小学校から招待のお手紙が届きます。私は今回で4回目くらいだと思います。



大田地区周辺での見守りボランティアは30数名が登録されていますが、皆さん大半が60~70歳代の方々です。
本来は、子どもを持つ親が行う事が理想なのかもしれませんが、ほとんどの皆さんが仕事を持っており朝は特に時間が取れないと思います。


意見交換会では、「子ども達は挨拶ができない」「登校中バラバラ」など子供たちへの注意喚起。「子どもの送迎での親の車の止め方に問題がある」「狭い道路で猛スピードの車がある」「ボランティアの人員確保をどうするか?」など一人ひとりからご意見をいただきました。最終的には時間をオーバーするほどの有意義な意見交換会となりました。



児童たちの代表生徒が私たちに感謝の言葉を述べてくれます。緊張した表情でしたが、立派なものです。きっと一生懸命練習したのでしょうね。

私たちボランティア一人ひとりに子ども達から素敵なお花と感謝の気持ちを込めた作文集をいただきました。
これは私たちの宝物ですし、またこれからも子ども達の為に頑張ろうと気持ちを新たにします。



今後は、これまで通り見守りボランティア、学校、PTA、保護者、自治会の皆さま等々、連携しながら子ども達を守っていきたいと思います。
改善できることは改善したり、新たな安全策を取り入れて「被害者も加害者も出さない交通安全対策」を行ってまいります。




コメント

筑西市議会 議会報告・活動報告 vol.6が完成しました!

2019-02-08 21:27:19 | 議会・政治活動
私の議会報告・活動報告 vol.6 が完成いたしましました。

今回は、一期4年間の主な活動報告と、昨年9月・12月定例会での一般質問をまとめてみました。



初当選してからのこの4年間は、一言でいうと自然災害の多い4年間のであったように思います。最初の年に「関東東北豪雨」により鬼怒川が増水し茨城県では常総市で決壊が起きて大規模水害となりました。

わが筑西市でも川島地区伊佐山、関城地区船玉の2か所で溢水により床上床下浸水207棟に被害がありました。

この時、議員として初めて災害ボランティアとして参加し、全国から応援に駆けつけてくださった皆さまのボランティア受付け窓口として活動し、多くの方々からアドバイスをいただきながら一緒に作業もさせていただくきっかけをいただきました。

これを機に、私の恩返しの意味も込めたボランティア活動がスタートいたしました。そのご報告と選挙公約に挙げていた貧困家庭の子ども達をサポートしたい思いから「ちくせい寺子屋」の立上げや、「こども食堂」立上げ、そして子ども達を交通事故から守るための見守りボランティア活動などについても書かせていただきました。



裏面は、9月(災害対策、子どもの自殺対策)・12月(ご高齢者の心身の健康づくり)の一般質問をまとめてみました。
是非ご覧ください!


コメント

お父さんたちと遊ぼう!

2019-02-01 15:35:02 | 館南 おやじの会
1月27日の日曜日、県西生涯学習センターを会場に「お父さんたちと遊ぼう」というイベントが開催されました。

県西おやじの会が主催となり、市内小学校の子ども達が参加してくれます。


必死に火おこしにチャレンジしています。中々火が付かず文句が出ますが、簡単には火がつかないその体験も大切なんです。

竹細工コーナーでは子ども達がキャンドル立てと昆虫や竹トンボをを作りました。

今回は参加者が例年に比べ少ないように感じましたので確認してみると、なんと50組程がキャンセル。
やはりインフルエンザに感染したか、または予防の為にキャンセルされたのかもしれません。当然、家族の一人が感染すれば全体に感染する危険性がありますから無理もありません。

しかし、参加していただいたご家族は非常に楽しんでいただいたようでした。



筑西市食生活改善推進委員のお母さん方によるスペシャルメニューとして塩分、カロリー計算がされたお弁当とみそ汁をご提供いただきました。薄味ながら非常においしく、子ど達とご家族の皆さんには何より大切な「食」について体験してもらうことができました。




南中学校学校の吹奏楽部の皆さんの演奏はもちろん素晴らしいのですが、途中に楽しいトークも入り楽しませてくれました。


大田おやっさんの会の座布団取りゲーム。着ぐるみにより様々な仕掛けで子ども達を楽しませてくれるアイディアは凄いです。


筑波大学の学生さんによ「AED」と人工呼吸等の体験指導コーナーです。どちらも真剣です。


バルーンアート教室。ここでも自ら作ります。



私は今回3年目となるスラックラインの担当です。子ども達を中心に150人ほどの皆さまが参加してくださいました。
子ども達の中でも特に女の子は何度もトライしてくれて上達が早いように感じます。

下館スラックラインも昨年から正式に組織化されましたので今後各地で活動していきます。




天気にも恵まれ皆さんのご協力により無事終了となりました。ありがとうございました。

今回の反省と今後の課題としてお父さん方と話したのは、本来の目的である「お父さん(ご家族の方)と子ども達が一緒に協力しながら様々な体験をしていただく事を徹底しよう。」という事と「プログラムのマンネリ化を防ぐ対策を考える」事について意見がありました。

今後はより多くの皆さまにご参加いただけるよう県西おやじの会の皆さんと改善をしたいと思います。


コメント

筑西市でもインフルエンザが猛威を振るっています。

2019-01-29 00:04:11 | 筑西! 愛してます!
毎週月曜日の夕方は何かと忙しくなります。

それは週明けでありますので、もう一つの本業、自動車整備の仕事が入るのと、私が立ち上げに関わっている、筑西こども食堂と学習支援事業があるからです。


まず先にこども食堂「有りの実」に伺いました。いつものように今日の子ども達の人数をお聞きすると、今週は特にキャンセルが多くあったという事です。
お母さん方によると「インフルエンザの影響もあるかもしれない。」という事でした。

その後、学習支援事業「ちくせい寺子屋」の方に顔を出してみると、こちらも欠席の連絡があったようでやはり体調が良くない子ども達が多いようです。



インフルエンザが猛威を振るっています。県の統計を見ると、昨年のピーク時の感染者の数をすでに越しており、まだ勢いが衰えません。
ただ例年のグラフではこの後1~2週間で減少になるようですので、各自が手洗いうがいと、マスク着用、更に出来るだけ外出を控えて十分ご注意いただきたいと思います。

こちら寺子屋ではまもなく高校受験を迎える子ども達がおります。高校受験への影響が出ないように乗り切ってくれる事を祈ります。
コメント

筑西市 保育関係者永年勤続者表彰式

2019-01-22 16:32:20 | 筑西市行事


19日土曜日、筑西市の保育関係者の永年勤続者表彰式にご招待いただきました。

5年・10年・20年以上保育士としてとして勤務された30名の保育士さん一人ひとりに感謝状が贈られました。
自分の子供一人でも子育ての大変さがありますが1人で数人の子ども達のお世話をするのは本当に大変だと思います。




まだお若いので皆さん緊張している様でありましたが、しかし表情からこの仕事に対する熱意というか芯の強さの様なものも感じました。

今年の10月より保育・幼児教育の無償化がスタートしますが、全国の保育士さんの反応はこの制度に反対する方の方が多いようで意外に感じました。

一般的には無償化でお客様が増えれば仕事の確保 ⇒ 収入アップと考えてしまいそうですが、やはり重い責任が伴う仕事だけに、そう簡単ではないようです。アンケートの結果、「保育士の不足」や「保育の質の低下」というご意見が多いようで、しっかり現場の声を吸い上げてこなかった事が露呈してしまったようです。
今一度、保育士さんの待遇改善を考慮し考え直すべきであります。



式典が終わり、帰りに下館駅でのイベントに立ち寄りました。
セレモニーでは下館1高,2高の吹奏楽部の皆さんが素晴らしい演奏で盛り上げてくれました。

この日は「水戸線開業130周年イベント」が開催され多くの鉄道ファン、関係者で賑わいました。
1889年に開業したそうで、水戸線の長い歴史に驚くと同時に当時の時代背景はどの様なものだったのか?興味がわきます。


ヒノキで作られた記念パネルです。


飲食ブースや展示ブースも数多く用意されております。更に鉄道のジオラマや特産品のお土産も充実しておりました。



列車にも記念のパネルが貼られ、鉄道ファン(鉄道オタク)の皆さんが我先にとカメラポジションを探していました。

この企画は何と鉄道会社(JR)の若手市職員さんの発案という事で発想力と行動力に拍手を送りたいです。

1つ残念に思ったのは、素晴らしいアイディアでありながら情報発信が弱かったように感じました。テレビメディア、マスコミなども巻き込んで、我が筑西市にもプラスの効果あるものですので、連携して情報発信する事が今後の課題かもしれません。




コメント

筑西市 今年の新成人は1090名です!

2019-01-17 16:56:54 | 筑西市行事
1月12日(土)筑西市内でがは、市内4か所に分かれて成人式が開催されました。



今年の新成人は総勢1090名という事です。新聞の記事によると県内全域では2万9452人で、過去2番目に低い数字のようです。




私が出席したのは下館地区であり、総勢617名です。
本来、あたり前かもしれませんが、テレビのニュースで流れるような派手で騒がしいなどという事はなく、皆さん新成人らしく落ち着きのある振る舞いでした。



クライマックスの「はたちのメッセージ」を読み上げた女性の言葉は感謝の言葉とこれから生きていくうえでの素晴らしい決意が現れており感動を覚えました。

式の後は恒例の写真撮影です。出身中学校ごとに2クラスずつ撮影していきます。



我々議員は自分の学区内の学校に入り一緒に記念撮影です。皆さん良い表情をしています。

女性は皆さん華やかな衣装です。昨年はレンタル着物での詐欺事件がありましたが、今年は全国的に母親の着物をリメイクする方が多いと聞きます。
これはこれでほほえましく素晴らしい事だと思います。

少子・高齢化が進み、今後ますます厳しい社会情勢となることは間違いなですが、子ども達には、是非、高い志と大きな夢をもってこれから世界に向けチャレンジしてほしいものです。


コメント

筑西市 幸町自治会新年祭

2019-01-07 17:01:54 | 自治会活動
市内各地では連日、新年を祝うお祭りが開催されております。
7日の日曜日 隣の自治会である幸町の新年祭に参加させていただきました。



幸町サポーターズクラブ(SSC)の皆さんと一緒にお囃子と獅子舞が町内を練り歩きます。


私も初めて獅子舞に入らせていただきましたが、中々体力がいる難しいものでした。
昔から赤ちゃんや小さな子ども達の頭を獅子舞に噛んでもらう事で無病息災、災難から逃れ健やかに過ごせるという風習があるようで、この文化は日本の歴史では室町時代からあるようです。

歩く先々で小さなお子さんを抱っこして獅子舞のご利益にあやかろうと家から出てきてくださいます。





しかし町内と言っても1,2,3丁目に1100世帯3200人以上の方々が暮らすマンモス団地でありますので、どれだけ早く回っても一周するのに2時間はかかってしまいます。




センターに戻ると皆さんで代わる代わる餅つきをします。そのつきたてのお餅をきな粉、あんこ、大根おろし、お汁粉、雑煮など皆さんと一緒にいただきました。臼と杵でついたつきたての餅は格別で、今ではなかなか味わえない貴重なものですね。


最後は子供と大人が一緒になりお囃子を披露。お酒も入り話に花が咲き会場内は大いに盛り上がりました。

「日本一の自治会」を目指す幸町でありますので年間を通し様々な行事が行われておりますが、新年初のこの日は小さな子供たちからご高齢の皆さんまで世代を超えた多くの皆さんが訪れ賑やかなものとなりました。

自治会を中心に、子供会、幸町サポーターズクラブ、敬老会等の皆さんが常に連携し続けていることは、今後訪れる少子高齢化の社会に対応していくために私は非常に意味のあることだと思いました。
コメント

2019年 新年明けましておめでとうございます。

2019-01-04 13:58:05 | プライベート


新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

毎年恒例の筑波山からの初日の出を眺めながら一年の願掛けをしました。



今年も我が家は家族で笠間稲荷での初詣です。
朝から多くの参拝客で賑わっておりましたが、着物姿を見る事が少なくなりました。この日も気付いたのはわずか一組だけでした。
少しずつ正月の重みのようなものが薄れているように感じますね。



昨年は、西日本豪雨はじめとする水害や大型台風、さらに度重なる地震により全国各地で甚大な被害を受けました。

とにかく今年は穏やかな災害のない一年であることを心より願います。


それでは皆さま、今年も引き続き宜しくお願い致します。












コメント