相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

7年ぶりの“入れ掛け”で…

2017-06-19 13:19:49 | 日記
※昨日の閲覧…1,150・訪問…159
トータル訪問者数 392,892

 天保五(1834)年冬場所の五日目
中入り後の取組は、文政十(1827)年
春場所三日目中入り前取組以来の
入れ掛けとなった。
 『相撲起顯』に拠れば…

東三段目10黒金─西三段目12五十鈴川
の相撲で後者が白星で勝名乗りをうけた
あとに突然ゲリラ豪雨で中止に…。

 『…起顯』で確認するまで、入れ掛け
の事実を認識できなかった。したがって
当日の星取表「や」を個人別成績の
“休数”からマイナス1と訂正せねば
ならない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 起・承・転・結の内「起」を | トップ | 接頭辞もしくは括弧内に… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事