TRIVIAL JUNK Blog

ダラダラコスプレイヤー”克晴”の、コスと映画とその他諸々。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

300[スリーハンドレッド]

2007-07-08 23:57:47 | 映画
スパルタブートキャンプ(多分同ネタ多数)
<公式サイト>


史実「テルモピュライの戦い」を元にした、フランク・ミラー(「シン・シティ」)の劇画の実写化。

まぁ予告やポスターを見ていただければ分かるとおり、全編これ男性ホルモンの本格マッチョ映画であります。

放射能すら弾き返しそうなムッキムキの益荒男どもが、延々腹筋を躍動させて大軍相手に大暴れ。
身に纏っている物がビキニパンツとマントだけなので、画面にはほぼ常にムキムキの腹筋かきわどい股間が写っているという壮絶な事態。
観た後は筋トレに励みたくなること必至。

戦闘シーンではスローと早回しを交互に挟み独自のテンポを確立。
これによりタダでさえ迫力ある(筋肉で)ぶつかりあいが更に熱さ倍増。観るほどに血液沸騰!
出血描写は控えめながら、「切り株」はバッチリ描かれていて容赦のなさも伝わります。
敵さんも無意味にバリエーションに富んでいて飽きさせません。

これに加え、CG加工により常にザラついている背景も独特の雰囲気を醸します。
新感覚の映像体験というアオリもあながちハッタリだけではないなと。

まぁ、上記のノリそのままで主人公とその奥方が一戦お始めになられたあげく、前から後ろへのラーゲチェンジまで丁寧に描写された時はリアクションに困りましたがそれはどうでもいいことですね。

ストーリー面はやや陳腐、とは言え本格歴史モノを期待しなければ充分面白がれるでしょう。
最近はこういう「真正面から熱い英雄譚」は珍しく、そういう路線がお好きな愛すべきバカ(含む自分)にはたまらない作品です。
つーか、敵方に魔術士だの巨人だの両手が剣になってるハート様もどきだのがいる時点でB級なのは丸分かりですけども。


ともあれ、LOTR以降むやみに増えた「大軍勢バトル」に新たな方向性を示した功績はデカいと思います。
必見。


面白かった・参考になった場合はクリックお願いします!→人気blogランキング
 

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 七夕 | トップ | マルイの広告 »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ムキムキ (もじゃ)
2007-07-16 01:08:06
こんにちは。TBありがとうございます。
男臭さ満載で、ちょっとムサかったですがw
絵作りが格好良かったんですね、まぁストーリーの方はね...。
ムチムチ (克)
2007-07-17 00:21:09
こんにちは、相互TBありがとうございます
あのムサさこそ「漢」の生き様ですよ、
眺めてるだけで血が滾ります
それさえあればストーリーなんて、もう、ね...
トラバありがとうございました (ガノ)
2007-10-09 17:04:02
こんにちは

私のブログにトラバありがとうございました♪
劇中の質感が良かったですよね^^
なかなか楽しめる一本でした^^¥
相互TBありがとうございます (克)
2007-10-11 00:50:00
あの独特のザラザラ感とか、センス良かったですよねー
DVDも買うてしまいました
キャラ (kimion20002000)
2007-12-15 20:47:05
TBありがとう。
敵さんのキャラが、なかなかよかったですね。
次はどんな奴がでてくるんだろうかって、わくわくしました。
大袈裟に出てきた敵も、次のキャラのために、結構あっさり敗退して、場所を譲るんですけどね(笑)
Unknown (克)
2007-12-16 01:24:40
相互TBありがとうございます。
スパルタンズがどんな変態な敵にも臨機応変に勝利するので、
更に無敵感が際立ちましたね。
個人的に象の転落死はちょっと可哀想でした。象さん…(´;ω;`)

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事