TRIVIAL JUNK Blog

ダラダラコスプレイヤー”克晴”の、コスと映画とその他諸々。

サンシャイン2057

2007-04-28 01:18:19 | 映画
アルマゲドンかと思ってたらディセントだった。
<公式サイト>


あらすじ:
もしも地球上のあらゆる生命の源である太陽が死滅したら……。今から50年後、滅亡の時が迫る人類の唯一の希望は、宇宙船“イカロス2号”に搭乗したエリートたち。日本人船長のカネダ(真田広之)以下、学者や医師らで構成される男女8人のエキスパート・チームは、可能な限り太陽に接近し、この光と灼熱の巨大な星を再生させるという極限のミッションに挑もうとしていた。

…という舞台設定が全然語られないままいきなり太陽目前でスタートするので、予習必須です。

さて、前半はSF的な恐怖を丁寧に描写。
いくら死にかけとは言え、腐っても数千度の熱を放ち続ける太陽様。えー数千度なんてゼットンの火球に比べればどってことないじゃーんと思いがちですが、油断すれば速攻宇宙の藻屑にさせられるわけで、僅かなミスも許されない、と。
そんなSF的背景と、映像と音をうまく使った太陽の威圧感、妙に良く出来た舞台セット、真田広之の圧倒的存在感などで、引き締まった緊張感が続きます。
「名前が『イカロス』って時点で失敗前提じゃね?」というツッコミも忘れ、不覚にも映画に没入してました。

これが中盤に入ってから急に方向性がネジれ、クルーが一人また一人と減っていくB級ホラー展開に突入。
予告でも出ている「謎の5人目」の正体からしてハッタリ全開のシロモノ(一応前半に伏線あり)で、前半を台無しにするような安っぽーい仕上がりとなりました。ちゃんちゃん。

このホラー展開へのネジくれが賛否両論の原因の一つになってるみたいですが、まぁオイラの場合は予めホラーになると知っていたうえ、「中途半端」との声が多い”太陽信仰”的要素もハナっから追う気がなかったので、単純に「わーいホラーになったー」とケラケラしておりました。
深く考えないというのも時に幸せを招くものです。

そんなわけで、一般的に見て高評価を下せるかと言うと「ウーン…」な感じですが、個人的には妙に好印象な作品でありました。
予告編の無駄な完成度も含めて「俺は好き」。です。


面白かった・参考になった場合はクリックお願いします!→人気blogランキング
 
コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 頼りになるヤツら | トップ | ゲゲゲの鬼太郎 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ようやく見たわ~… (プル)
2008-01-30 00:02:47
ウチはひどいと思ったね~……

なんかもうこれは予想以上にひどかった…。

ウチは何か一つでもを頑張っていてこそB級だと思ってるからさ…

コイツ…全部中途半端なんだもん…
Unknown (克)
2008-01-30 01:03:24
んー確かに色々とっ散らかった作品なんよね
それでもなぜか嫌いになれない俺ガイル
自分でも何でなのか謎

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

サンシャイン 2057/ SUNSHINE (我想一個人映画美的女人blog)
           ダニー・ボイル監督最新作{/ee_2/} 何度もココでも「早く観たい!!」って言い続けたけど、ようやく公開決定! なぜ原題の「サンシャイン」だけじゃダメだったのかなー? 来月の突然の公開を前にFOXさんの試写で観てきました{/kirakira/} 脚本...
映画 【サンシャイン 2057】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「サンシャイン2057」 ダニー・ボイル監督の最新作はSF。 50年後の近未来、太陽の消滅により地球も滅亡の危機に晒されていた。人類最後の望みを託された8人のクルーが、マンハッタン島大の核弾頭を投下する為に宇宙船イカロス2号で太陽に向かう。 おもむろに...
『サンシャイン2057』 (ラムの大通り)
(原題:sunshine) ----ダニー・ボイル監督のSF? なんか『28日後…』を思い出しちゃうな。 「あ~。ちょっと似ているところあるかな。 あの作品はゾンビ映画のように始まり、 途中から生き残った人間の恐ろしさにスポットを当てていた。 この映画も『レッドプラネット...
サンシャイン 2057 (Sunshine) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ダニー・ボイル 主演 キリアン・マーフィ 2007年 イギリス映画 108分 SF 採点★★★ 前にも書いたんですが、幾つになっても夏が来れば「海だぁ!山だぁ!」と大ハシャギの私。夏、大好きです。ところが夏の方はそう思っていないようで、蚊に刺されれば蚊刺過敏症...
サンシャイン2057(評価:△) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ダニー・ボイル 【出演】キリアン・マーフィ/真田広之/ミシェル・ヨー/クリス・エヴァンス/ローズ・バーン/トロイ・ギャリティ/ベネディクト・ウォン/クリフ・カーティス/マーク・ストロング 【公開日】2007/4
サンシャイン2057・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今から17年前のバブル時代、NHKが70億円の巨費を注ぎ込んで、ハリウッドで製作した一本のSF映画があった。 西暦2050年、太陽が突如として膨張を初め、巨大な太陽フレアによって地球は滅亡の危機に瀕する。 人類は反物質爆弾を搭載
★「サンシャイン 2057」 (ひらりん的映画ブログ)
←今年通算70本目。 SFものは大画面で見なくちゃ・・って事で、 今週の週末ナイトショウは、この作品。 主演は、最近よく見るキリアン・マーフィー。 共演に、真田広之、ミッシェル・ヨーなど。
【2007-53】サンシャイン 2057(SUNSHINE) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
『私たちの太陽は死にかけ、 人類は滅亡の危機に直面している。 16ヶ月前、私、カネダ船長と7名の乗組員は 太陽熱の衰退で凍りついた地球を後にした。 我々の使命は、 太陽を蘇らせること。 手遅れになる前に・・・』 20057年、人類は、太陽滅亡の危機を救え...
サンシャイン2057★☆ダニー・ボイル監督最新作! (銅版画制作の日々)
2057年、人類は、太陽滅亡の危機を救えるのか? ダニーボイル監督と言えば、ユアン・マクレガー主演の「トレインポッティング」を思いだす。ヘロイン中毒に陥った若者の生態を描いた作品だった。その後デカプリオ主演の「ビーチ」も鑑賞したが、残念ながら記憶が薄っすら...
サンシャイン 2057(2007年) (勝手に映画評)
時代は今から50年後の2057年。太陽はその輝きを失いつつあり、太陽を復活させるべく、マンハッタンほどの大きさもある巨大な核弾頭を太陽に撃ち込む決死のミッションに赴くイカロス2号がその舞台。キャッチコピー風に言えば”果たして太陽は復活するのか?”と言う感じで...
映画「サンシャイン 2057」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「サンシャイン 2057」に関するトラックバックを募集しています。
映画「サンシャイン 2057」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年29本目の劇場鑑賞です。「トレインスポッティング」「28日後...」のダニー・ボイル監督作品。宇宙空間を舞台に描く異色SFサスペンス・アドベンチャー。太陽の死滅が近づき、存亡の危機を迎えた人類の最後の希望を託され、太陽再生のために宇宙船に乗り込んだ男女8人...
真・映画日記(1)『サンシャイン2057』 (          )
4月30日(月・祝)◆427日目◆ 前の晩から朝まで クニオ他イベントスタッフ達と歌舞伎町の「魚民」で飲み。 朝9時過ぎに帰宅。 昼まで寝る。 午後1時半過ぎに外出。 日比谷に着いたのは4時。 スバル座で公開している『サンシャイン2057』を見る。 ツッコ...
サンシャイン2057 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:サンシャイン2057 制作:2007年・アメリカ 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ、真田広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス、ローズ・バーン、トロイ・ギャリティ、ベネディクト・ウォン、クリフ・カーティス あらすじ: 50年後の...