花ごよみ

映画、本、写真など・

復讐の協奏曲  中山七里

2021-09-18 | 本 な、は行(作家)

復讐の協奏曲 御子柴礼司

御子柴シリーズ第5弾

御子柴の弁護士としての懲戒請求。
御子柴は懲戒請求に対し損害賠償の反撃。
そのうえ事務所で働く日下部洋子が
逮捕されるという事件が起こる。
今回の依頼人は洋子。

御子柴は洋子の弁護を請け負う。
そこで洋子の過去を調査していくと
思いがけなく洋子の過去を知ることになり、
普段はゆるがない感情の持ち主の
御子柴が動揺。

洋子が御子柴事務所で働く目的、
洋子の真意は?

物語としてはどんでん返しもなく
あっさりとしていて
なにか少し足りなさを感じました。

WOWOWの「連続ドラマW」『贖罪の奏鳴曲』では
御子柴礼司役は三上博史
フジテレビ系列で放送された
『悪魔の弁護人 御子柴礼司』では
御子柴役は要潤、
洋子役はベッキー。

本を読みながら要潤とベッキーが
ちらつきました。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 岩湧山の秋海棠(シュウカイ... | トップ | 亀岡曽我部町の彼岸花 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

本 な、は行(作家)」カテゴリの最新記事