花ごよみ

映画、本、写真など・

うさぎドロップ

2011-08-23 | 映画

原作は宇仁田ゆみの同名コミック。
監督はSABU。

27歳の会社員ダイキチを松山ケンイチ、
ダイキチのおじいちゃんの隠し子りんを芦田愛菜。
香里奈、池脇千鶴、風吹ジュン等が共演。

ダイキチ(松山ケンイチ)は祖父の葬式のため実家へ。
そこで祖父の隠し子、
6歳のりん(芦田愛菜)と出会う。

引き取り手のないりんに対しダイキチは
自分が引き取る言い出してしまう。

6歳の少女と独身男の同居生活が始まります。

予備知識なく映画を見ました。

周囲に悪い人がいない、
とても温かい雰囲気の映画です。

ダイキチがりんを大事に思う気持ちが
伝わってきてほろりときたことも…

親子のつながりそのものの
二人の心の結びつきが感じられました。

名字のところでずっと疑問だったんですが、
おじいさんはダイキチのおかあさんの
父親だから名字が違うのですね。
お葬式の日、りんとお母さんは姉妹?という場面が
あったのを思い出しました。

ダンスシーンの妄想の香里奈、
本当に出てきておかしかったです。
そしてまた本当にモデルだったとは!!



一人で息子を育てている、
香里奈(二谷ゆかり)との、心のふれあい。
ダイキチの両親、妹、同僚達、
みんな優しくて温かくていい人達。

PUFFYの主題歌もよかったです。

りん(芦田愛菜)の心の変化、
まわりの人達に支えれての成長、
ダイキチの家がだんだん子供向きに
なっていくところも
見ていてほのぼのとした気持ちになりました。
だんだん笑顔が多くなっていく芦田愛菜ちゃん、
可愛すぎです!!








『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« 石光寺の百日紅 | トップ | おふさ観音 風鈴とバラ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
芦田愛菜のためのうさぎドロップ? (祥太郎)
2011-08-24 23:14:04
子育ては大変だけど、とても大切な事!

それが伝わる作品だったから、ちょっと安心。
原作読んでると物足りないけど、短時間に詰め込むし、
そこはそれです。

原作もとても楽しめるし、なにか考えてしまう感じもあり。
いろんなサイトでも取り上げられてますけど、面白かったのは、
http://www.birthday-energy.co.jp/
の記事です。

やっぱりケンイチじゃなくて、芦田愛菜のための作品だと。
そしてPuffyが助っ人だと。

その通りって感想。ここまでズバッと書かれるのも珍しい。
祥太郎さんへ (kazu)
2011-08-25 00:06:32
こんばんは

コメントありがとうございます。

原作は知らないので
なんとも言えないですが、
原作を読んでいる方達とは
きっと感想も違ってくるのでしょうね。

ダイキチが経験する子育ては、
つらいことや大変なこともありますが
それ以上に楽しいことやうれしいこと、感動することもも
いっぱいあると思います。

愛菜ちゃんの笑顔は心が和みます。
周りの空気が柔らかくなります。
愛菜ちゃんの表情は
とても愛らしくて魅力たっぷりでした。
ケンイチもよかったですよ。
ゾッコン~ (cyaz)
2011-08-25 22:27:26
kazuさん、こんばんは^^
愛菜ちゃん、ホントに可愛いですね~
新婚松ケンももしかしたら、
愛菜ちゃんのような子供が欲しくなったのでは(笑)
香里奈、妄想が実在だったのはおかしかったですよね(笑)
子育ては簡単ではないですけど、
今TVでやっている「全開ガール」と似てましたね~
cyazさんへ (kazu)
2011-08-25 23:54:13
こんばんは~

愛菜ちゃん可愛すぎですよね~!
見ているこちらまでにやけてきます。

新婚松ケン、
きっと愛菜ちゃんのような子供…
あり得ますよね~

子育ては、かなり大変なことですが
それ以上の幸せがあるはずです。

「全開ガール」も何気ない
優しさが感じられて
いいですね。
Unknown (苗坊)
2011-09-20 23:33:35
こんばんは^^
ようやく見に行きました。
ひたすら愛菜ちゃんを愛でる映画だなと思いました^^;
マツケンとの2人のシーンはもう子どもじゃなくて一人の女性に見えてしょうがなかったです^m^
いろんな愛が見えた素敵な作品でした。
苗坊さんへ (kazu)
2011-09-21 12:12:50
苗坊

こんにちは

TBありがとうございました。

愛菜ちゃん、
とても可愛いかったですね。
一生懸命のダイキチも素敵でした。

色んな愛…そうですね
優しくて温かい愛が、
いっぱいあふれている
映画でした。
Unknown (しんちゃん)
2012-11-29 22:33:35
 演技がすごく自然でね。
で、もって、見ている我々にヒロインの気持ちがよく分かる表情の変化っていうのかなぁ。。。

 この映画はこの映画でOKでした。
原作ではこの二人12年後に結ばれるそうです(爆)

 実は血縁関係がなかったそうな(笑)
それはそれで亡くなったおじいさんの愛情を感じます。
しんちゃんへ (kazu)
2012-11-30 18:53:40
こんばんは

演技よかったですね。
ヒロインの気持ちも、
見ている者に伝わってきましたね。

な、なんとこの二人結ばれるんですか!!
血縁関係ないなんて…
じゃこの子誰の子なんでしょう。
Unknown (しんちゃん)
2012-11-30 23:42:59
 なんでもね、最終的には二人はりんが高校を卒業した時点で結婚するらしいよ。20歳ほど歳の離れた夫婦になるらしい。

 誰の子かは私は知らないけど、母親はあの漫画家サンで、誰かの子を身ごもった時に、家政婦として働いていたりんの戸籍上の父(おじいさん)に説得されて出産したらしい。
しんちゃんへ (kazu)
2012-12-01 14:35:22
20歳も違うなんて
すごい年の差婚!!
ほ~うおじいさんが説得して出産したんですか
それでおじいさんが父親に…
なるほど。
おじいさん心の広い人ですね。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

26 トラックバック

映画「うさぎドロップ」を観ました!!(2011-08) (馬球1964)
映画「うさぎドロップ」を観ました!!
2011年7月12日 『うさぎドロップ』 ヤクルトホール (気ままな映画生活)
今日は、『うさぎドロップ』 を試写会で鑑賞です。 これは 超お勧め 【ストーリー】  27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、何と彼女は祖父の隠し子だというこ...
松ケンと愛菜ちゃん最高!! 【映画】うさぎドロップ (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】うさぎドロップ 宇仁田ゆみ原作の人気コミックを、 『蟹工船』のSABU監督が映画化。 【あらすじ】 27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、何と彼...
「うさぎドロップ」ほのぼの愛菜ちゃん、無敵! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[うさぎドロップ] ブログ村キーワード  人気大爆発中の芦田愛菜チャンと、新婚で絶好調の松山ケンイチの共演で描く、ハートウォ~ミング・ストーリー。「うさぎドロップ」(ショウゲート)。大人気コミック原作の実写映画化なんだそうですが…、吾輩やっぱり未読です…(>_...
映画『うさぎドロップ』  (よくばりアンテナ)
松ケンファンの私はずいぶん前から楽しみにしてました、この作品。 普通の会社員ダイキチは祖父の葬儀で、 祖父の隠し子だという6歳のりんを預かることになってしまう。 子育て経験のない独身の青年が育...
「うさぎドロップ」 子供との時間も、自分の時間だから (はらやんの映画徒然草)
芦田愛菜ちゃんが反則的にカワイイ。 僕自身は結婚もしてないし、(当然のことながら
うさぎドロップ (食はすべての源なり。)
うさぎドロップ ★★★☆☆(★3つ) この作品、何回か試写会の応募に外れてしまっていて諦めていたのですが、滑り込みで当たりました! そして、事前告知はなかったのですが、松ケンと芦田愛菜ちゃん、SABU監督の舞台挨拶がありました! はがきの終了予定時刻が遅か...
『うさぎドロップ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「うさぎドロップ」□監督 SABU□脚本 林民夫、SABU □原作 宇仁田ゆみ □キャスト 松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、桐谷美玲、キタキマユ、佐藤瑠生亮、       綾野剛、木村了、高畑淳子、池脇千鶴、風吹ジュン、中村...
うさぎドロップ (シネマDVD・映画情報館)
うさぎドロップ 監督:SABU 原作:宇仁田ゆみ 出演:松山ケンイチ/香里奈/芦田愛菜/桐谷美玲/キタキマユ/佐藤瑠生亮/綾野剛/木村了/高畑淳子/池脇千鶴/風吹ジュン/中村梅雀 内容:祖父が亡くなったことで久しぶりに訪れた実家で、27歳の独身&彼女なし...
うさぎドロップ (あーうぃ だにぇっと)
『うさぎドロップ』@ヤクルトホール。 今回で最後という、ぴあの三連夜試写会二日目で鑑賞。 雑誌が終わるからといって三連夜試写会までやめることないのに。 意味わかんない。
うさぎドロップ (だらだら無気力ブログ)
宇仁田ゆみの人気コミックスを「GANTZ」「ノルウェイの森」の松山ケンイチ とTV「Mother」「マルモのおきて」の芦田愛菜主演で実写映画化した ハートフル・ドラマ。 ひょんなことから亡き祖父の隠し子である少女を引き取ることになった 独身サラリーマンが、子育てと...
「うさぎドロップ」子供を引き取って初めて知った子育ての大変さと家族の愛情 (オールマイティにコメンテート)
「うさぎドロップ」は宇仁田ゆみ原作の「うさぎドロップ」を映画化した作品で祖父の葬式で隠し子がいる事が発覚し、その処遇を巡って親族会議が行われ、自ら引き取る事になった青 ...
うさぎドロップ (to Heart)
まわりを見渡せば 世界は愛で溢れてる――。 製作年度 2011年 上映時間 114分 原作 宇仁田ゆみ 脚本 林民夫/SABU 監督 SABU 主題歌 PUFFY 『SWEET DROPS』 出演 松山ケンイチ/香里奈/芦田愛菜/桐谷美玲/キタキマユ/佐藤瑠生亮/秋野太作/木村了/綾野剛/高畑淳子/池脇千鶴/...
映画「 うさぎドロップ」感想 (★ Shaberiba )
松山ケンイチ&芦田愛菜が贈る子育て賛歌にほっこり--♪
「うさぎドロップ」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は未読。でもノイタミナで放送中のアニメは視聴中のため鑑賞保留も考えたが、松山くんに愛菜ちゃんだし、とりあえず観ておくことにした。やっぱ愛菜ちゃんは可愛いいね。それに”ロップイヤーうさぎ”(特に黒)
うさぎドロップ(2011-066) (単館系)
27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、 祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。 彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、 何と彼女は祖父の隠し子だということで 親族一同がパニ...
『うさぎドロップ』・・・原作前半のダイジェスト的な印象 (SOARのパストラーレ♪)
映画化の話を聞くまで全く知らなかった原作コミックの存在。最近になって映画館配布の小冊子にて試し読みしたその第1話にたちまち惹かれてしまい、気付けば全9巻まとめて大人買いというにわか「うさドロ」ファンの私。 やはり5巻以降で描かれる10年後のストーリー(予備知...
うさぎドロップ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
祖父の幼い隠し子と、その子を引き取る独身男の、涙と笑いの交流ドラマ。原作は宇仁田あゆみの大人気コミックの実写映画版で、「DRIVE」の個性派監督SABUが得意の疾走シーンを ...
映画「うさぎドロップ」 (FREE TIME)
先月の話になりますが、映画「うさぎドロップ」を鑑賞しました。
うさぎドロップ (苗坊の徒然日記)
27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、何と彼女は祖父の隠し子だ ...
うさぎドロップ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
うさぎドロップ'11:日本◆監督:SABU「蟹工船」「ホールドアップダウン」◆出演:松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、桐谷美玲、佐藤瑠生亮◆STORY◆27歳で独身サラリーマンのダイキチは祖 ...
うさぎドロップ (銀幕大帝α)
11年/日本/114分/ドラマ/劇場公開 監督:SABU 過去監督作:『疾走』 原作:宇仁田ゆみ 脚本:SABU 主題歌:PUFFY『SWEET DROPS』 出演: ◆松山ケンイチ…河地ダイキチ 過去出演作:『ノルウェイの森』 ◆香里奈…二谷ゆかり 過去出演作:『あしたのジョー』 ◆...
映画「うさぎドロップ」 批評 芦田愛菜ちゃんの演技に注目(◎´∀`)ノ (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
うさぎドロップ観ましたよ~(◎´∀`)ノ 松山ケンイチさんと芦田愛菜ちゃんの出て
うさぎドロップ(感想239作目) (別館ヒガシ日記TB用)
10月2日 うさぎドロップ(感想239作目) 当ブログで鑑賞した映画の感想も239作品を超えて ステキな金縛り&三銃士 王妃の首飾り& マネーボール&スマグラー おまえの未来を運べ& ミッション...
うさぎドロップ(2011) 114分 (極私的映画論+α)
 芦田愛菜・・・女優です
映画・うさぎドロップ (読書と映画とガーデニング)
2011年 日本 母方の祖父の葬儀でりん(芦田愛菜)という少女に出会ったダイキチ(松山ケンイチ)・27歳、独身なんと!りんは祖父の隠し子だというのです何だかんだと理由を並べてりんの引取を拒む親族たちに業を煮やしたダイキチは、自分が預かると宣言して彼女を連...