花ごよみ

映画、本、写真など・

ブルーマーダー  誉田 哲也

2013-06-24 | 本 な、は行(作家)


ブルーマーダー

「インビジブル・レイン」で
警視庁捜査一課を追われた、
姫川玲子。

姫川班解散後、
池袋署の強行犯捜査係長に。

この作者特有の、
いつもおなじみのグロさ。
あまりにきついので、
残忍なシーンはなるべく
思い浮かべない様にして読みました。

今回は池袋周辺で起こった事件、
裏社会を震撼させた男
「ブルーマーダー」の捜査。

彼の犯行動機は何だったのか?
絶望だけでそこまでするか?
という感じで
ちょっと違和感が…
とにかくむなしすぎます。

ガンテツも登場、
いっしょに組みます。

姫川班復活はあるのかな。
期待したいです。

菊田の状況変化は、
びっくりしましたが
ラストでの菊田救出などで
姫川と菊田、
お互いの心が
交差してよかったです。
病室のシーンで泣けました。
姫川の思いが
やるせなかったです。







コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 三室戸寺の紫陽花 | トップ | 播州山崎花菖蒲園 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しんちゃん)
2015-07-15 18:36:34
 映像化されたことによって・・・これはガリレオシリーズもそうなんだけど。
どうしても演者の顔が目に浮かんでしまいます。竹内結子じゃちょっと弱いんだけどなぁ(笑)
しんちゃんへ (kazu)
2015-07-15 23:56:54
こんばんは

映像化されると
その俳優の顔を目にうかべながら
読んでしまいますよね。
はじめのストロベリーナイの姫川玲子の
竹内結子はちょっと違和感がありましたが
今はもう慣れてしまって他の人は思い浮かばないです。

コメントを投稿

本 な、は行(作家)」カテゴリの最新記事