花ごよみ

映画、本、写真など・

利休にたずねよ

2013-12-11 | 映画

千利休の人生を描いた直木賞受賞作の
山本兼一の同名小説を映画化。

主演は市川海老蔵、
10代から70代間際までの
千利休を演じます。

利休の妻、宗恩を中谷美紀
豊臣秀吉を大森南朋、
織田信長を伊勢谷友介。

監督は田中光敏。
利休を海老蔵、信長を伊勢谷、秀吉を大森南朋、
この配役は結構、適役でした。

市川團十郎との最後になってしまった
親子共演も見所です。

本物にこだわったという映画です。

千利休の心はもちろん
切腹を命じた秀吉の心の内も
知りたく思いました。



中谷美紀、所作が美しかったです。
ラストの演技は
心が締め付けられました。

美は私が決めるもの、
美を追求し続けた
市川海老蔵演じる千利休
傲慢だけどかっこいい!!
内に秘めた熱い心を抱えながらも、
その心を自分の中に
押さえ込んだ千利休でした。

原作の幹を残しつつ
枝葉をそぎ落として
端正な物語になっていました。

館内には着物を着た人もいました。
お茶関係の人かな?

本の感想はこちらです。








コメント (2)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« 史上最強の内閣  室積光 | トップ | 47RONIN »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
待庵~ (cyaz)
2013-12-11 12:41:10
kazuさん、こんにちは^^

意外によく出来た映画でしたね!
もう二度と観れない親子競演でしたね^^
確かに本物にこだわっていましたが、
kazuさん、大山崎にある利休が作ったと
言われている待庵に行かれたことありますか?
cyazさんへ (kazu)
2013-12-11 21:43:32
こんばんは

結構うまく作られていましたね。
親子競演はもう見られないと思うと
なんか寂しいですね。

待庵、行ったことがないです。
調べたら往復葉書で申し込むみたいですね。
機会があれば行ってみたいです。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

利休にたずねよ/市川海老蔵 (カノンな日々)
直木賞受賞作である山本兼一さんの小説を原作を基に市川海老蔵さんを主演に迎え『火天の城』の田中光敏監督が実写映画化した歴史ドラマです。千利休と言えば安土桃山時代を舞台に ...
『利休にたずねよ』 2013年12月8日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『利休にたずねよ』 を鑑賞しました。 この映画と「清須会議」と比較すると面白いかも 【ストーリー】  3,000もの兵に取り囲まれ、雨嵐の雷鳴が辺り一帯に響き渡る中、豊臣秀吉(大森南朋)の命によって切腹しようとする茶人・千利休(市川海老蔵)の姿があった。つい...
利休にたずねよ (あーうぃ だにぇっと)
利休にたずねよ@一ツ橋ホール
利休にたずねよ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】利休の半生を描いた。みたいな映画です。
利休にたずねよ (Akira's VOICE)
美を追う罪と罰と崇高。  
「利休にたずねよ」 物語の構成に難あり (はらやんの映画徒然草)
本作、物語の構成にちょっと難ありなのではないだろうか。 <ということでネタバレあ
映画 利休にたずねよ (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    都合が悪くなったら利休を頼り   人生順風満帆になったら、利休を切り捨てる。   そんな傲慢な太閤殿下と物静かな利休との対比は、面白かった。しかも、利休の若かりし頃は...
茶聖の原点が恋だとしたら?~「利休にたずねよ」~ (ペパーミントの魔術師)
えっと、映画の感想を書く前に 裏話を少し。⇒ 「勘違い営業マンが利休の映画を作るまで」 東洋経済ONLINEから引用させていただきました。 広報担当だったひとりの男がこの映画のプロデューサーに抜擢されて 作家を口説き落とし、 海老蔵から「本物の茶碗使うよね?」っ...
利休にたずねよ (勝手に映画評)
山本兼一の同名の小説の映画化。市川海老蔵と市川團十郎が共演。市川團十郎は、撮影終了後、3ヶ月ほどして亡くなっている。 市川海老蔵は、利休を演じることのオファーを得た際、数度に渡り断っていたそうなんですが、原作者からの手紙等をもらう事で、次第にこころが傾....
『利休にたずねよ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「利休にたずねよ」□監督 田中光敏□脚本 小松江里子□原作 山本兼一□キャスト 市川海老蔵、中谷美紀、市川團十郎、伊勢谷友介、大森南朋、        成海璃子、福士誠治、クララ、川野直輝、袴田吉彦、黒谷友香、      ...
利休にたずねよ (悠雅的生活)
絶対的美意識。
映画 「利休にたずねよ」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
モントリオール世界映画祭 最優秀芸術貢献賞 受賞作品で、原作は、山本兼一の直木賞受賞作ということで、「利休にたずねよ」を原作も読まず、そのあらすじも知らずに見てきました。”利休”ということから、当然秀吉との確執があり、なぜ切腹しなくて...
映画「利休にたずねよ」 (FREE TIME)
映画「利休にたずねよ」を鑑賞しました。
「利休にたずねよ」美を追い求めた先にみた過去の美しき恋を追い求めた究極の美の世界 (オールマイティにコメンテート)
「利休にたずねよ」は戦国時代に織田信長、豊臣秀吉に仕えた茶道千利休の若き日から切腹するまでの人生を追ったストーリーである。戦国の世で茶道により世の中を動かすほどの存在 ...
「利休にたずねよ」☆美に惑わされる (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
まさに『日本の美』の真髄である。 紛れも無い日本がそこにあり、日本の美を限りなく追求して、これほどまでに見事に再現しつくした映画が他にあっただろうか? しかしその美に惑わされ、酔っている間に見落とした何かがそこにはあり・・・・
利休にたずねよ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
利休にたずねよ '13:日本 ◆監督:田中光敏「化粧師 KEWAISHI」「火天の城」 ◆主演:市川海老蔵、中谷美紀、市川團十郎、伊勢谷友介、大森南朋、成海璃子、福士誠治、クララ、川野直輝、袴田吉彦、黒谷友香、檀れい、大谷直子、柄本明、伊武雅刀、中村嘉葎雄 ◆STO...
利休にたずねよ (いやいやえん)
盆に水を張りその中に月を映し出す美しさがまたねえ。それを認めた信長:伊勢谷さんもまた懐が広いというか。でも「美は私が決める事」なんて、なんて傲慢な台詞だろう。しかし実際に美意識で相手の心をつかむ才能が
利休にたずねよ (2013) 123分 (極私的映画論+α)
 前半のモヤモヤを後半一気にカタルシス(笑)