花ごよみ

映画、本、写真など・

椿三十郎

2007-12-16 | 映画
黒澤明監督の映画のリメーク版。

脚本は黒澤明のオリジナル版。

監督は森田芳光、
椿三十郎を織田裕二、
相手役の室戸半兵衛を豊川悦司。
 


共演は松山ケンイチ、中村玉緒、鈴木杏、藤田まこと、
佐々木蔵之助、小林稔侍、風間杜夫。


黒澤監督の椿三十郎の映画は
以前テレビで見たことがあります。

かなり記憶が薄らいでいますが、
椿のシーンとラストの二人の対決の際の
血の吹き出す場面と、
三船敏郎、仲代達也の太刀の素早い動きが
印象に残っていました。

今回のラストのシーン。
あの血の場面を恐る恐る、
想像していました。
目をそらすそうと決めながら…。

でも結局はなかったので、
倒れた振りをして
また立ち上がって、
もう一度戦うのかと思ったり …
でも自分の好みとして
モノクロならまだしも、
赤い色を見なくてよかったと
思いました。

椿の色はカラーの方が鮮明で
映画に華やかさを
添えていました。

9人の若武者達は、
松山ケンイチをはじめとして
頼りなさげで可愛かったです。

 

深刻なテーマなのに、
全体的に重厚さは感じられなくて、
軽くて楽しく明るい印象の時代劇でした。



コメント (7)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« 家に咲く花達 | トップ | 大阪道頓堀 »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうなんですか・・・ (よりりん)
2007-12-17 00:05:31
へ~、これリメイクやったんですか!
映画館にいくたびに予告見るので、なんだかもう公開されてて終わってるような気分でした・・・笑。
それにしても、早々たる出演者ですね!!

もぐらどんは、これを見たいと言ってましたけど、私は行く気がないので、どうするんかな(苦笑)?!
一応、kazuさんの感想だけ教えておいてあげよう(爆)。
よりりんさんへ☆ (kazu)
2007-12-17 00:49:48
こんばんは~!

この映画本当に宣伝多いですね。
今日もテレビで見ました。

出演者、豪華ですよ。
そして悪役も楽しいメンバーです。

結構、思っていたより
明快な映画でしたよ。
もぐらどんさんによろしく!(笑)
わぁ、見てこられたんですね~。 (たんぽぽ)
2007-12-17 08:49:02
kazuさん、こんにちは。

椿三十郎、もう見られたんですね。
あいかわらず、kazuさんのフットワークのよさには
脱帽です。

私達も行きたいな~と思いつつ、
なかなか腰があがっていません。

でも、痛快でおもしろそうですね。
やっぱり見てみたいです。

おうちに色々なお花も咲いてるんですね。
かわいいですね。
一つ、一つの花の名前を知ってられるのも
すごいです。

私は、うちの花咲いていても、
なんていうの?と聞かれると、
え。。となんだったっけ~。。と
答えられない時が結構あって。。
たんぽぽさんへ☆ (kazu)
2007-12-17 21:36:49
こんばんは~!

椿三十郎、意外と楽しい時代劇でしたよ~!

お花、実はあまり名前知らないんですよ。
家に咲いているのは買ったときに
聞いて帰ります。
でもすぐ忘れますが…笑。
他のは写真を出して教えて
頂いたりしてるんですよ。
とってもありがたいです。
決してすごくはないです(笑)

なりの~ (cyaz)
2007-12-18 22:13:01
kazuさん、TBありがとうございましたm(__)m

オリジナルの三船敏郎の存在感があまりにも強いためオ、むしろ織田クンなりの“織田三十郎”に期待していたのですが(笑)
ま、森田流間宮テイストの“小笑い”もあったので、良しとしますか^^
cyazさんへ☆ (kazu)
2007-12-18 22:36:38
こんばんは~!

こちらこそTB、コメントありがとうございました。

三船敏郎の存在感、強すぎて、
対抗するには無理がありますよね。

ほんと“小笑い”があちらこちらに
散りばめられていて
結構楽しい映画になっていました。
日本インターネット映画大賞募集中 (日本インターネット映画大賞)
2007-12-24 21:23:43
突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。
投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

日本人好みの典型的なヒーロー。『椿三十郎』 (水曜日のシネマ日記)
黒澤明監督の「椿三十郎」オリジナル脚本をそのままにリメイクした作品です。
椿三十郎(映画館) (ひるめし。)
この男、時代を超えて生きている。
椿三十郎 (Akira's VOICE)
痛快さは足りないが, リラックスして入り込める世界観は魅力。
【2007-173】椿三十郎 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 藩の不正・汚職を正すため 立ち上がった九人の若い侍が、 ”茶室の三悪人”の罠に堕ちた・・・。 絶体絶命の危機を 一人の浪人が救った。 この男、 時代を超えて生きている。
椿三十郎 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  椿が拓く、時代を超えた映画の扉  
椿三十郎 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この男、 時代を超えて生きている。』  コチラの「椿三十郎」は、山本周五郎の「日日平安」を原作に1962年に製作された「椿三十郎」を45年の時を経てリメイクした作品で、年末の時代劇シーズンに先駆けて12/1に公開されるのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ...
椿三十郎 (Yuhiの読書日記+α)
黒澤明監督・三船敏郎主演の作品「椿三十郎」を森田芳光監督、織田裕二主演でリメイクしたもの。1962年の黒澤・三船版「椿三十郎」は、とても評判のいい作品と聞いていましたが、実は私は見たことがありません。 元々とても評価の高い作品をわざわざリメイクするとい...
『椿三十郎』 (Sweet*Days**)
監督:森田芳光 CAST:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ 他 井坂伊織(松山ケンイチ)ら9人の若侍が寂れた社殿で、上役の汚職を暴き出そうと相談していた。そこへ突然、...
椿三十郎 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  時代劇&アクション&サスペンス  監督:森田芳光  出演:織田裕二      豊川悦司      松山ケンイチ      佐々木蔵之介 【物語】 とある社殿の中で密議をこらす9人の若侍。彼らは、上役である次席家老・ 黒藤と国許用人・竹林の汚職...
『椿三十郎』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「椿三十郎」□監督 森田芳光  □原作 山本周五郎(「日日平安」ハルキ文庫刊) □脚本 菊島隆三・小国英雄・黒澤明□キャスト   織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、中村玉緒、佐々木蔵之介、村川絵梨 ■鑑賞日 1...
『椿三十郎』(森田芳光・織田裕二) (ラムの大通り)
-----これって黒澤明の時代劇を 森田芳光がリメイクしたんだよね。 オリジナルがあまりにも偉大なだけに難しそう。 「いやあ、これが困ったことに意外とオモシロいんだ」 ----オモシロいのに、ニャにが困るの? 「う~ん。どこから切り出したらいいんだろう。 まず最初に...
椿三十郎・・・・・評価額1350円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
観る前から、面白さの最低保障が付いている様な一本だ。 何しろオリジナルは黒澤明の代表作の一つで、既に娯楽時代劇の傑作としての評価が世界的に確立している。 しかも、リメイ...
椿三十郎 (そーれりぽーと)
黒澤明監督の『椿三十郎』を、森田芳光監督が織田裕二主演でリメイク。 織田裕二主演の映画と言えば、『踊る…』以外に面白かった覚えが無いんだけど、どういう意図でややこしい俳優を使ったのか気になりまくり。 黒澤明の映画をちゃんと観た覚えが無い俺は、自称映画好き...
『椿三十郎』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『椿三十郎』鑑賞レビュー! 織田裕二×豊川悦司×森田芳光監督が贈る! お正月映画最大の話題作! 名匠・黒澤明の傑作時代劇を 同作の脚本をもとに 森田芳光監督がリメイク この男、時代を超えて生きている。 2007年/日本 公開日::::200...
椿三十郎 (to Heart)
黒澤映画不朽の名作を、オリジナルの脚本をそのままに森田芳光監督でリメイクした痛快時代劇。 監督 森田芳光 原作 山本周五郎 脚本 菊島隆三 、小国英雄 、黒澤明 音楽 大島ミチル 出演 織田裕二/豊川悦司/松山ケンイチ/鈴木杏/佐々木蔵之介/風間杜夫/西岡徳馬 /小...
★「椿三十郎」(2007) (ひらりん的映画ブログ)
黒澤明監督&三船敏郎主演のオリジナルを織田裕二主演で完全リメイクした作品。 角川映画は大風呂敷を広げるのが得意だね・・・ 嫌いじゃないけど、こける事もあるので、一週遅れで拝見する事に。
椿 三十郎 (いろいろと)
1962年黒澤明監督の傑作時代劇のリメイク版 12月1日より公開中  出演 織田
椿三十郎 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:森田芳光 原作:山本周五郎 『日日平安』(ハルキ文庫刊) 脚本:菊島隆三 小国英雄 黒澤明 古い社の中、自藩の不正を正そうと集まった9人の若侍。城代家老の睦田に相談を持ちかけるも軽くあしらわれてしまった彼...
映画:椿三十郎 (駒吉の日記)
椿三十郎(TOHOシネマズ六本木ヒルズ) 「10人だ」 ・・・森田監督かあ・・・どう転んでも物議を醸し出すんだろうなあ。 脚本はオリジナルと同じ、じゃあキャラクターと演出で違いをだすのか(出せるのか)?またどこか一部を改編(改悪)しちゃってるのか? 現...
真・映画日記『椿三十郎』(織田版) (          )
JUGEMテーマ:映画 12月14日(金)◆654日目◆ 終業後、六本木ヒルズ内にある「TOHOシネマ」へ。 中に入ると長蛇の列が。 話題作『アイ・アム・レジェンド』がこの日公開初日ということもあるが、 毎月14日が「TOHOの日」(10+4=14で…)で1000円で見られるか...