花ごよみ

映画、本、写真など・

護られなかった者たちへ  中山七里

2018-08-02 | 本 な、は行(作家)

護られなかった者たちへ

善人と周囲から評価されていた人物二人が、
続けて事件死。

生活保護の申請、職員とのあつれき。
生活保護の現状の問題点を提起。
社会福祉制度がテーマのミステリー。

大事な人を護りたかった後悔、
その怒りの先は?

本当の悪人はだれなのか。
保護制度で救われない人、
救われる人。
護られるべきなのに行政から見放され
「護られなかった者」の悲惨な現実。

切なくなる物語でした。
そして最後の最後に涙です。

やっぱり中山七里、
どんでん返しはありました。

『小説(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 醒井 地蔵川の梅花藻 | トップ | 悪徳の輪舞曲  中山千里 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本 な、は行(作家)」カテゴリの最新記事