花ごよみ

映画、本、写真など・

丸岡城&一乗谷朝倉氏遺跡

2015-05-11 | 古寺(花など)
丸岡城

現存天守閣では日本最古級の平山城。


通し柱はなく、1階が2階と3階を支えています。


野づら積みの石垣。




丸岡城の 天守模型。


この模型内に忍者や馬などが隠れています。
赤い忍者見つけました!!


こちらにも忍者が!!


福井震災前の石製の鯱天。


天守内の階段はとても急なので
綱が取り付けられています。


天守閣からの展望。
屋根瓦は珍しい石製の瓦を使用。
石の瓦は風が強く雪が深いこの地方の
風土に合わせたものです。

福井県坂井市丸岡町霞町


一乗谷朝倉氏遺跡


信長の侵攻によって滅亡、
一乗谷は焼き討ちにされ
一瞬にして廃墟に帰したといわれています。
400年もの間、土に埋もれていたが
昭和42年度からの発掘調査で
再びその姿がほぼ完全な姿で出現。
日本のポンペイと例えられています。






戦国大名、朝倉氏の居城地だった所で
出土した遺跡に基づき
昔の町並みが復元されています。


町並みの模型






秀吉の寄進の唐門









福井市城戸ノ内町









コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« THE NEXT GENERATION パトレ... | トップ | 東尋坊 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (吾亦紅)
2015-05-12 22:35:31
こんばんは~~
今日は台風の予報にドタバタしましたが大した被害もなく良かったですね~~
丸岡城、歴史を感じる城ですね
戦国武将の夢の跡ですね~~
吾亦紅さんへ (kazu)
2015-05-13 14:31:45
こんにちは

台風、被害がなくほんとよかったです。

丸岡城、朝倉氏遺跡、
歴史の重みと戦国ロマンを感じる地
でした。

コメントを投稿

古寺(花など)」カテゴリの最新記事

トラックバック

戦国武将の御宅拝見28 -柴田勝豊 / 越前 丸岡城- (西京極 紫の館)
「一筆啓上 火の用心  お仙泣かすな 馬肥やせ」 日本一短い手紙として有名なこの一文。 書いたのは徳川家康の臣で“鬼作左”の異名を持つ本多作左衛門重次。 彼が長篠の合戦の陣中から妻に宛てたものだが、 この一節にある“お仙”こそ嫡男・仙千代こと本多成重、丸岡...