花ごよみ

映画、本、写真など・

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

2010-10-20 | 映画
 

藤原竜也が主演。

コンビニで須和名祥子(綾瀬はるか)に、
声を掛けられたのがきっかけで、
ゲームに参加した主人公のフリーター、
結城を演じます。



それ以外のゲームのメンバーは
石原さとみ、阿部力、片平なぎさ、
北大路欣也、武田真治、
平山あや、 石井正則 、大野拓朗 。

非倫理的なことが起きる可能性が
…という警告があっても、
高額なバイト料に目がくらんだか、
なにか裏がありそうなのに、
誰一人として帰ることもなく、
計10人のわけあり男女が、
このデス・ゲームに参加します。

謎のタイトル、インシテミル、
時給11万2,000円のアルバイト。
男女10人が、7日間、
外部から遮断された“暗鬼館”という、
館の中で監視される。

各部屋には、謎の箱があって
そこには各々に振り当てられた、
武器が入っています。

参加者の中に探偵がいて
犯人の確定をしなくてはならないルール。
彼等の心理状態の変遷を実験。

アルバイトのメンバーの一人が、
2日目、銃によって亡くなったのが端緒になって、
極限のサバイバルゲームへと進行。

 

最後に生き残るのは誰か?
果たして生き残ることができるのか?

監督は中田秀夫。

原作は米澤穂信の小説「インシテミル」

本は読んでいますが、
人数もラストも
本とは内容が違ったものに
なっています。
かなり違った展開です。

それに、読み終えてから、
2年半近くも、経っているので、
かなり記憶があいまい。
新鮮な気持ちで見ることができました。

映画は時間の制限もあってか、
人物の背景や武器の根拠が、
省略されていて
さっぱりとした味付け。
本はもっと濃厚です。

おおよそのあらすじは、
前もって知っていても、
ストーリー、映像に引き込まれて、
結構、ドキドキしました。


本の感想は→こちらです。

 








コメント (6)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« 梅の花が咲きました! | トップ | 花の名前が分かりました! »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱね (しんちゃん)
2010-10-21 22:59:40
 あの長編を二時間にまとめるのは至難の業だよね。

 ただ、ガードの造形はなかなかのお気に入りかも(笑)

 
しんちゃんへ☆ (kazu)
2010-10-21 23:16:50
こんばんは~!

ちょっと時間が足りないですよね~。
でもこれはこれで
楽しめました。

ガードの造形、なんか
想像していた通りの感じ。
しんちゃんにも
気に入ってもらえたのですね(笑)
Unknown (よりりん)
2010-10-22 01:02:31
同じ日に同じ映画を見ていたなんて~笑!!
そして、感想もにたりよったり・・・。
ちょっとあっさりストーリーが進みすぎでしたね。
原作ファンの方には不評だろうな~って感じの内容で。
途中で読むのやめた本でしたが、もう一回挑戦してみようかな?!
そうそう、TB送れずすみません・・・汗。
なんか、どうもブログの調子が悪いです。
検索もできないし・・・なんでかな?!
よりりんさんへ☆ (kazu)
2010-10-22 07:26:11
こんにちは~!

そうなんですよ。
同じ日に同じ映画です(笑)
原作ファンには
ちょっと省略しすぎの
感じですね。
私は映画を見た後
色々思い出したので
観ている間は結構楽しめました。
原作は奥が深いです。
ガードは、かわいらしかったですね (kino)
2010-10-28 18:17:53
こんにちは。
ちょっと、変な部分もありましたけど、
原作を読んでたので、この世界に、
すっーとはいれて、楽しめました。

こういうデスゲーム系の映画は量産されてるので、
それと比較されるので、かなり、不評みたいですね。
kinoさんへ☆ (kazu)
2010-10-28 19:40:30
こんばんは~!

原作を読んでいると
この世界には違和感なく
入ることができますね。
こんな感じの映画やドラマは
よくありますね。
不評は惜しいです。
原作はすごく気にいったんですが…
ガード、可愛らしいですか?
そういう目で見れば
なんとなくそんな気も(笑)

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

27 トラックバック

劇場鑑賞「インシテミル7日間のデス・ゲー... (日々“是”精進!)
「インシミテル7日間のデス・ゲーム」を鑑賞してきました人気ミステリー作家・米澤穂信の『インシテミル』を「リング」の中田秀夫監督の下、藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみはじ...
本:「インシテミル」♪。&映画:「インシテミル」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年7月6日(火)。(10月17日(日):映画の感想を追記。)。 本:「インシテミル」。 著者:米澤穂信 【ストーリー】 コンビニでアルバイト雑誌をめくっていた結城理久彦は、品のある可愛らしい女性須和名祥子に話しかけられ、一緒に読ん...
インシテミル 7日間のデス・ゲーム (あーうぃ だにぇっと)
ホリプロ50周年記念作品。 2010年10月16日に丸の内ピカデリー3、新宿ピカデリー、渋谷TOEI2、シネリーブル池袋ほか全国松竹系で公開。
『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』舞台挨拶@丸の内ピカデリー2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストを見られなきゃ映画を見ない人(爆)今回の舞台挨拶は、『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』会場は丸の内ピカデリー2。登壇したのは、藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部力、平山あや、石井正則、大野拓朗、武田真治、片平なぎさ、北大路欣也、日村...
インシテミル 7日間のデス・ゲーム (りらの感想日記♪)
【インシテミル 7日間のデス・ゲーム】 ★★★★ 試写会(12)ストーリー フリーターの青年・結城(藤原竜也)をはじめ、ワケあって大金を必要
インシテミル 7日間のデス・ゲーム (Diarydiary! )
《インシテミル 7日間のデス・ゲーム》 2010年 日本映画 自給11万2千円、
インシテミル 7日間のデス・ゲーム (そーれりぽーと)
予告編を観る限り『ライヤーゲーム』+『カイジ』+『ソウ』なイメージの『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』を観てきました。 ★★★ ほんとそんな印象。 最後に伏線が一気に生きてくるような映画なんですが、持ち物最初に全部預けたはずなのにカバン抱えてる藤原竜...
インシテミル 7日間のデス・ゲーム (だらだら無気力ブログ)
ミステリー作家・米澤穂信の同名小説を『リング』の中田秀夫監督が映画化。 時給11万2千円という破格な報酬につられてある団体の心理実験に参加した 10人の男女が、心理ゲームを行っているうちに互いに疑心暗鬼に陥り、 恐怖でパニックで陥って行くさまを描いた心理サス...
インシテミル 7日間のデス・ゲーム (2010) 107分 (極私的映画論+α)
 もう少し「心理戦」が観たかったです
インシテミル 7日間のデス・ゲーム (関西おいしいもの♪)
◎インシテミル 7日間のデス・ゲーム * 監督 中田秀夫 * 出演 藤原竜也 、 綾瀬はるか 、 石原さとみ 、 阿部力 、 武田真治 、 平山あや ...
「インシテミル 7日間のデス・ゲーム 」 疑心暗鬼はどこにでもある (はらやんの映画徒然草)
「デスノート」「カイジ」などと出演が続く藤原竜也さん、もう心理ゲーム系作品の顔で
インシテミル7日間のデス・ゲーム (MAGI☆の日記)
インシテミル7日間のデス・ゲームを鑑賞してきました。「こういうバイトってどう思われます?」フリーターの青年・結城はアルバイト雑誌を見ていると、アルバイトが初めてだという...
インシテミル 7日間のデス・ゲーム (LOVE Cinemas 調布)
人気ミステリー作家・米澤穂信の同名小説の映画化。時給11万2千円という高額に惹かれて集まった男女10人が、一人づつ死んでいく…。疑心暗鬼に陥る人間の心理描写に注目だ。ホリプロ50周年記念作品だけに、藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部力、平山あや、石井正則...
インシテミル 7日間のデス・ゲーム (いい加減社長の日記)
どうしようか迷ってた作品だけど。 今週の「UCとしまえん 」での新規公開が、「雷桜」だけで。 蒼井優ちゃんは好きだけど、禁断の恋、という気分でもなかったので。 「インシテミル 7日間のデス・ゲーム 」を金曜日の夕方に鑑賞。 「UCとしまえん 」は、...
映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」 (FREE TIME)
映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」を鑑賞。
インシテミル 7日間のデス・ゲーム (単館系)
人気ミステリー作家・米澤穂信の同名小説の映画化。時給11万2千円という高額に惹かれて集まった男女10人が、一人づつ死んでいく…。 物...
インシテミル (ケントのたそがれ劇場)
★★★   ヤフーの映画欄では最悪の評価である。どれほど酷い映画なのかと思ったが、そこそこ面白かったので、なんだか逆に拍子抜けしてしまった。 ストーリーのほうは、1週間をある場所で過ごせば、時給約11万円の日当が出るという荒唐無稽な設定で始まる。実はそ...
[映画『エクスペンダブルス』『インシテミル』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆観た映画の報告が全く追いつかない事態が発生しています。  『悪人』とか『BECK』とか、「見ごろ食べごろ笑いごろ」じゃなかった^^; 『食べて、祈って、恋をして』とか、観たけど、もう書かなくて良いよな!^^...
【インシテミル 7日間のデス・ゲーム》】 (日々のつぶやき)
監督:中田秀夫 出演:藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部力、北大路欣也、片平なぎさ、武田真治、平山あや  ようこそ、暗鬼館へ。 「24時間監視されながら7日間過ごすという怪しいバイトに11万2000円という破格の時給に釣られてやってきた10人。個々の部屋
インシテミル 7日間のデス・ゲーム (シネマDVD・映画情報館)
インシテミル 7日間のデス・ゲーム スタッフ 監督: 中田秀夫 原作: 米澤穂信 キャスト 藤原竜也 綾瀬はるか 石原さとみ 阿部力 武田真治 平山あや 石井正則 劇場公開日:2010-10-16
インシテミル 7日間のデス・ゲーム (映画通信みるみる)
『リング』の中田秀夫監督ということで、楽しみにしてました。 ※ヤブシネマージュ様→綾瀬はるかスペシャルインタビュー いんする 【淫...
「インシテミル7日間のデス・ゲーム」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 時給11万2千円の高額バイトを目当てに、謎の施設「暗鬼館」へと集められた男女10人は、「7日間の心理的実験」として「不穏当かつ非倫理的な事件」を解決するように支持され...
映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』 (闘争と逃走の道程)
 綾瀬はるかと石原さとみが共演してるなんて珍しいな、と思ったら、本作はホリプロ50周年記念作品なんだそうです。てな訳で、出演者全員がホリプロ所属という、ホリプロ超オールスター映画。映画の中での扱い...
■映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ホリプロ50周年記念作品ということで、ホリプロの俳優陣が顔を揃えた密室サスペンス『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』。 いや、ありえないっちゃあありえない設定のオンパレードなのですが、俳優たちの熱演にものすごいパワーがあるので、ありえない設定を忘れて...
「インシテミル」見てみた (+++turbo addiction+++)
「インシテミル」見てきたー!! http://wwws.warnerbros.co.jp/incitemill/ ゜*。イェイd(d∀゜)(゜∀b)bイェイ。*゜ 気になってたんだよねぇ~♪
映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム 」 (itchy1976の日記)
インシテミル 7日間のデス・ゲーム ブログ - goo 映画 映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」公式サイト インシテミル - Wikipedia インシテミル 7日間のデス・ゲーム(映画.com) インシテミル 7日間のデス・ゲーム@ぴあ映画生活 監督 中田秀夫 エグゼクティブプ....
インシテミル 7日間のデス・ゲーム (mama)
2010年:日本 原作:米澤穂信 監督:中田秀夫 出演:藤原竜也、綾瀬はるか、北大路欣也、石原さとみ、阿部力、武田真治、平山あや、石井正則、大野拓朗、片平なぎさ フリーター ...