花ごよみ

映画、本、写真など・

ジーン・ワルツ

2011-02-09 | 映画

菅野美穂が主演、
帝華大学病院の産婦人科医師、
曾根崎理恵を演じます。

共演は田辺誠一、白石美帆、
南果歩、風吹ジュン、浅丘ルリ子等。

監督は大谷健太郎。



曾根崎理恵(菅野美穂)は
「マリアクリニック」という町の、
産婦人科医院でも勤務。

こちらの病院には、
事情のある4人の妊婦が通っています。

曾根崎理恵(菅野美穂)は
彼女と同じ大学病院に勤務する
医師・清川吾郎(田辺誠一)に、
「マリアクリニック」で行われている
代理母出産についての、
疑惑をもたれます。



医師で作家の海堂尊作の、
同名医療ミステリー小説、
『ジーン・ワルツ』の映画化。
でも映画では、ミステリー色が、
うすれていたように思いました。

原作では権力に刃向かう、
強い信念と行動力を持った、
顕微授精など不妊治療の、
エキスパートで、
冷徹な女性医師として
描かれています。

医療とはどうあるべきか、
医療過失や妊婦受け入れ拒否、
産婦人科医療の問題と現実。
遺伝子技術よって成された
代理母出産に対する倫理感。

本の感想は→こちらです。

この映画の問題提起は原作よりは控えめ。
子供の誕生を控えた本人と家族。
親子愛、家族愛に
重点をおいたような感じです。

感動的な生命誕生の場面もあって
泣かない映画と思っていたのに
度々ウルルと…
やっぱり赤ちゃんの、
泣き声には感動です。

出産のシーンは以前見た映画
「BABY BABY BABY!」
そっくりな展開。
でもこれは原作も、
確かこんな感じだったので
きっとこの本の方が先なんでしょうね。

色々と策略を凝らして
問題のある経過をたどり、
その結果、
生まれてきた双子の赤ちゃん。
ラストのお母さん達と
可愛い赤ちゃん達。
ほのぼのとした、いい映像です。






コメント (2)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« OBP(大阪ビジネスパーク... | トップ | 雪!! »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うーん・・・ (しんちゃん)
2012-01-16 18:52:58
 原作では一番のミステリーな部分が、映画では物語中盤で明かされちゃったしね。

 やはり求めるものが違うのでしょう。

 私はあの若い子のエピソードをもっと盛り込んで欲しかったのと、あのお涙頂戴の記念撮影シーンは必要なかったかな。
しんちゃんへ (kazu)
2012-01-17 00:10:44
こんばんは

原作を読んで
映画を見るとなんだか
方向が違ってしまっているのが
よくありますね。

若い子のエピソード
簡単に描かれていましたね。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

『ジーン・ワルツ』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
帝華大学病院で産婦人科の医師として働き、教鞭をもとる傍ら、閉院間近の小さな産婦人科医院マリアクリニックで院長代理を務める曾根崎理恵は、上司である保守派の教授からは煙たがられていた。 教授への昇進を確実視されている清川吾郎は、そんな彼女を複雑な想いで見つ...
「ジーン・ワルツ」母親になりたい本能が導き出した望まれて生まれてきた子供たち (オールマイティにコメンテート)
2月5日公開の映画「ジーン・ワルツ」を鑑賞した。 この映画は海堂尊の長編小説の「ジーン・ワルツ」を映画化した作品で、 産婦人科医の女医が4人の妊婦を診察する事になり、 ...
『ジーン・ワルツ』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ジーン・ワルツ」□監督 大谷健太郎 □脚本 林 民夫□原作 海堂 尊 □キャスト 菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南 果歩、白石美帆、桐谷美玲、須賀貴匡、濱田マリ、大杉 漣、西村雅彦、片瀬那奈、風吹ジュン、浅丘ルリ子■鑑賞...
ジーン・ワルツ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
マリアクリニックで起きる同時出産事件はあまりにもできすぎではある。でも、実際の出産シーンや産まれたばかりの赤ん坊の描写が訴える力が大きい。へその緒がついて羊膜に覆われた赤ちゃんが泣き出すシーンだけでも見る価値がある。
ジーン・ワルツ (勝手に映画評)
海堂尊の医療ミステリーシリーズの映画化。海堂尊の名を世に広めたバチスタシリーズとは違う系列の物語。もっとも、世界は繋がっていて、東城大学や帝華大学、極北市など、海堂尊の物語に出てくる大学・地名がこちらでも出てきている。 この映画の原作は、一応『ジーン・...
「ジーン・ワルツ」みた。 (たいむのひとりごと)
海堂尊原作でおなじみの『チーム・バチスタの栄光』シリーズと同一の世界で繰り広げられている別の物語のひとつであるこの作品。近年妊産婦の救急搬送中のたらい回しなどが社会問題として注目を浴びているが、医療事
ジーン・ワルツ (とりあえず、コメントです)
海堂尊著の同名小説を映画化した作品です。 原作を読んでいたので、産科という医療現場の問題をどのように映像化するのかなと気になっていました。 これからの産科の現場はどうなっていくのかなあと考えさせられる作品でした。
ジーン・ワルツ (Diarydiary! )
《ジーン・ワルツ》 2011年 日本映画 帝華大学病院の医師である曽根崎が院長代
ジーン・ワルツ (だらだら無気力ブログ)
『チーム・バチスタの栄光』の海堂尊によるベストセラー医療ミステリーを 「パーマネント野ばら」の菅野美穂主演で映画化。さまざまな問題が山積 する現代の産婦人科医療を背景に、現場で格闘する医師として体制に批判的 なヒロインが抱える葛藤と彼女を巡る疑惑の行方...
映画「ジーン・ワルツ」 (FREE TIME)
映画「ジーン・ワルツ」を鑑賞しました。
言いたい事は分かるけど・・・。『ジーン・ワルツ』 (水曜日のシネマ日記)
産婦人科医の目線を通して現代医療が抱える問題を描いた作品です。
「ジーン・ワルツ」 「システム」の限界 (はらやんの映画徒然草)
海堂尊さんの小説「ジーン・ワルツ」の映画化作品です。 小説のレビューのときも書い
■映画『ジーン・ワルツ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
「なるほど、こうまとめましたか…」 映画『ジーン・ワルツ』は、海堂尊の原作からミステリ成分を少なくし、感動ものの要素をプラスした作品です。 もちろん、原作小説と映画が別物だということはわかっているんです。 ただ、どっちつかずになってしまった印象は否...
ジーン・ワルツ (映画的・絵画的・音楽的)
 遅ればせながら、『ジーン・ワルツ』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本年の出だしは、ここまで邦画でよさそうなものが少ないため、逆に洋画の方でいい作品・面白い作品が目白押しということもあって、邦画対洋画の比率が酷く洋画の方に偏ってしまっています。そうした....
ジーン・ワルツ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ジーン・ワルツ'11:日本◆監督:大谷健太郎「ラフ ROUGH」「NANA2」「NANA」◆出演:菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南果歩、白石美帆、桐谷美玲、風吹ジュン、浅丘ル ...
ジーン・ワルツ (いい加減社長の日記)
いくつ溜まってるんだろ・・・これも1ヶ月以上経ったか? 「ザ・タウン 」と迷ったんだけど。 とりあえず、こっちを先に、ということで、「ジーン・ワルツ 」を、公開日に鑑賞。 (C) 2011「ジーン・ワルツ」製作委員会 【ストーリー】 帝華大学医学部産...
ジーン・ワルツ (ただの映画好き日記)
医療の最高峰、帝華大学病院の医師・曾根崎理恵にはある疑いが向けられていた。院長代理を務める廃院寸前の小さな産婦人科医院・マリアクリニックで、禁断の“治療”をしているというのだ。
ジーン・ワルツ (2011) 111分 (極私的映画論+α)
 やはり原作と映画は別物なんですね。