花ごよみ

映画、本、写真など・

ALWAYS 三丁目の夕日’64

2012-01-27 | 映画

ALWAYSシリーズの、第3作。

監督は山崎貴

出演は吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、
小雪、堀北真希、もたいまさこ、
三浦友和等いつものメンバーに
今回は新たに森山未來、大森南朋等が参加。

前作から5年後、
東京オリンピック開催に沸く昭和39年、
東京夕日町三丁目が舞台。



3Dで見ました。
3Dでは東京タワーの先端が迫ってきて、
突き刺さりそうでした。
ALWAYSの世界が、
3Dで見ることができ楽しめます。

3Dのメガネのせいか、
画面が暗く見えるのが残念でした。
マスクをしていたので、
はじめはその影響で、
3D用のメガネが曇って、
見えにくいのかと思って
レンズを拭いたりしましたが、
どうも関係なかったようです。

でも時間が経つにつれ
次第に3D用のメガネを、
かけているのは忘れて、
映画に集中出来ました。

でも3Dのメガネをかけていると、
涙がうまく拭けないので困りました。
結構この映画泣けるんです。

前作から続くストーリー。
今回は茶川(吉岡秀隆)家のいきさつと
六ちゃん(堀北真希)の恋。



笑いと涙がうまくミックスされ
安心して見ることが出来る作品です。

5年の時の経て、
街の景色も変わってきて
一平、淳之介も大きくなりました。
茶川(吉岡秀隆)と、
ヒロミ(小雪)にも新しい命が…

茶川竜之介(吉岡秀隆)と父親の関係
淳之介(須賀健太)と茶川竜之介の関係は
歴史は繰り返すって感じ。

登場人物の変化がいい感じ。
知り合いの成長を見ているようで
懐かしさと親しみが持てました。

人情の温かみあふれる、
鈴木オート(堤真一)の人達。

自然と笑顔になって、
劇場を後にすることが出来ました。






コメント (2)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« 淡路島モンキーセンター | トップ | 淡路島 イングランドの丘 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドラマとして・・・ (しんちゃん)
2012-01-27 18:15:38
 このシリーズ3本の中で一番の出来だと思います。
私もよる年波には勝てず、茶川のオヤジのシーンでうるうる。。。六ちゃんを貰いに来た時の四者会談の際の鈴木オートの小さな小さな体にうるうるでした(笑)
しんちゃんへ (kazu)
2012-01-27 20:27:14
こんばんは

よかったですね。
シリーズ3本の中で
一番でしたね。
茶川のオヤジのシーン、
泣けました。
その他のシーンも
どこで泣けたかもう分からないほど
泣けてしまって困ったほどでした。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

19 トラックバック

ALWAYS 三丁目の夕日'64 (2011) 142分 (極私的映画論+α)
 シリーズ最高傑作です
No.299 ALWAYS 三丁目の夕日’64 (気ままな映画生活)
西岸良平のコミックを原作に、昭和30年代の東京下町に暮らす人々の悲喜こもごもを描いた人気シリーズ第3作で、シリーズ初の3Dで製作。前作「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(2007)から5年 ...
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (Akira's VOICE)
素直に感動を満喫した!!!  
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年1月24日(火) 19:00~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1600円(シネマイレージデイ1300円+3D料金眼鏡持参300円) パンフレット:未確認 『ALWAYS 三丁目の夕日'64』公式サイト 渋谷のJAZZ WITH KAZZ界隈では、低評価のシリーズ第三弾。 しかし、俺は吉岡のワザ...
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 (こねたみっくす)
幸せとは何でしょうなぁ。祭りの後のように少し淋しさを感じつつも、次の世代を担う若者たちの成長に楽しみを見出せる。これが本当の幸せなのかも知れませんなぁ。 「人情」をテ ...
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (勝手に映画評)
前作『ALWAYS 続・三丁目の夕日』から5年後という設定。実際にも、4年強経過しています。 一作目『ALWAYS 三丁目の夕日』、二作目の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』のキャストを振り返ってみてみたんですが、子役も含めてすべてのキャストがずっと同じ俳優が演じていたこ...
映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を観ました!!(2012-02) (馬球1964)
映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を観ました!!
「ALWAYS 三丁目の夕日'64」六ちゃんの結婚と淳之介の別れの先にみた三丁目の絆の世代継承 (オールマイティにコメンテート)
「ALWAYS 三丁目の夕日'64」は2005年、2007年に公開されたALWAYS 三丁目の夕日シリーズの第3弾で1964年の東京五輪を舞台に三丁目の人たちが次の世代へと三丁目の絆を受け ...
映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」 (FREE TIME)
注目の映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を鑑賞しました。
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』に泣くのは恥ずかしくない (映画のブログ)
 まず『ALWAYS 三丁目の夕日'64』という題名が注目に値する。  同じように題名に年数が使われた映画には、1974年から1975年にかけて公開された『エアポート'75』や1999年末公開の『ゴジラ2000 ミレニアム...
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 2012年1月9日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 を試写会で鑑賞です。 この映画シリーズは初見でしたが、とても良かった 【ストーリー】  昭和39年、日本中が高度経済成長と東京オリンピックに沸く中、東京・夕日町三丁目はいつものように住民たちが和気あいあいと暮ら...
【ALWAYS三丁目の夕日'64】変わらぬメンバー変わらぬ優しさ (映画@見取り八段)
ALWAYS三丁目の夕日'64 監督: 山崎貴    出演: 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、森山未來、大森南朋、高畑淳子、米倉斉加年、須賀健太、小清水一揮、...
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
昭和39年の東京下町を舞台に、そこで暮らす人々の人間模様を描くシリーズ第3作。監督は前作、前々作に続き山崎貴が担当。「ゴールデンスランバー」の吉岡秀隆、「プリンセス トヨ ...
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 ('12初鑑賞12・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 1月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:10の回を鑑賞。
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (とりあえず、コメントです)
昭和の時代を描いた大ヒットシリーズ第3弾です。 大好きなシリーズなので、今回も予告編を観た時から楽しみにしていました。 やっぱりほろりと泣かされて、最後には未来を信じたくなるような希望を感じる作品でした(^^)
ALWAYS 三丁目の夕日'64 1965年はどうせ地味ですよ、(゜ε゜;)ちぇっ! (労組書記長社労士のブログ)
【=3 -0-】 1作目は「昭和を描く」がテーマで義理人情を全面に出した作品で、昭和の景色や風物の描き方には感動したけどただ泣き所が弱かった。 前作は強いて言えば「家族」がテーマだっただろうが、ただしいろんなエピソードをてんこ盛りに放り込んだせいで、一つ一つ....
「ALWAYS 三丁目の夕日'64」:面白さ復活&泣けます! (大江戸時夫の東京温度)
シリーズ第3弾となった『ALWAYS 三丁目の夕日'64』を3Dで観ました。だっ
映画『ALWAYS三丁目の夕日'64』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-14.ALWAYS三丁目の夕日'64■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:142分■観賞日:2月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・脚本・VFX:山崎貴◆吉岡秀隆(茶川竜之介)◆小雪(茶川ヒロミ)◆須賀健太(古行淳之介)◆大森南朋(富岡...
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (銀幕大帝α)
11年/日本/142分/ドラマ/劇場公開(2012/01/21) -監督- 山崎貴 過去監督作:『friends もののけ島のナキ』 -脚本- 山崎貴 -主題歌- BUMP OF CHICKEN『グッドラック』 -VFX- 山崎貴 -出演- *吉岡秀隆『ゴールデンスランバー』…茶川竜之介 *堤...