花ごよみ

映画、本、写真など・

ジェイン・オースティンの読書会

2008-05-29 | 映画
梅田スカイビルにある、
梅田ガーデンシネマで上映されている
「アフタースクール」を、
見るつもりだったんですが
満員で立ち見しかなく、諦めました。

そのまま引き返すのも口惜しいので、
同じビルの階下にある、
シネ・リーブル梅田で、
「ジェイン・オースティンの読書会」が、
時間的に、丁度都合がいいので、
見てきました。

出演は キャシー・ベイカー、
マリア・ベロ、エミリー・ブラント、
エイミー・ブレネマン。

6人の読書仲間が、
ジェイン・オースティンの6冊の本を
あれやこれや語り合う、
そんな読書会。

 

メンバー6人が、
それぞれに、恋愛に対して、
色々な、悩み、問題を抱えていて、
本を介して語り合ううちに、
対立したり、共感したり、
同情したり…。

オースティンの本を中心にして、
彼女達の生き方に彩りを与えていきます。

ハッピーエンドの終わり方で、
ホッとした気分が、
見終わった後も持続します。

この映画のストーリー展開に、
うまく入り込めて
退屈することなく、
上映時間が過ぎていきました。

各年代にわたる、
女優陣もそれぞれ、
とても魅力的です。

読書会っていいですね。
やってみたくなります。

ジェイン・オースティンの、
小説を読んでいなくても大丈夫でした。

すでに読んでいたら、
本の内容が頭に浮かんできて
面白さが倍増すると思います。

この映画を選んでよかったです。








コメント (2)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« パンドラ | トップ | ベランダの花々 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昨日は (miyu)
2008-05-29 11:11:34
アフタースクール混んでましたね~。
昼間に整理券ゲットしてきてくれたので、
無事に座って観れたのですが、
立ち見もたくさんいましたよ~。
miyuさんへ☆ (kazu)
2008-05-29 21:54:54
こんばんは~!

昨日、アフタースクール、
観られたんですか?
もしかして同じ映画館??
開演20分くらい前に行ったのに
だめでした。
立ち見はしんどいです。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

ジェイン・オースティンの読書会 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ワインとおしゃべり、時々 恋── それが女たちの読書会。』  コチラの「ジェイン・オースティンの読書会」は、アメリカで流行している読書会のメンバーの人間模様を描いた、4/12公開のロマンティック・コメディなのですが、遅ればせながら観て来ちゃいましたぁ...
ジェイン・オースティンの読書会 62点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
トップブリーダーも愛読! 公式サイト 18世紀末から19世紀初頭にかけて、イギリスの女流作家ジェイン・オースティンが発表した六本の長編小説をお題とした、カレン・ジョイ・ファウラーによる小説を映画化。 ジェイン・オースティンの作品について登場人物が語り合...
ジェイン・オースティンの読書会/キャシー・ベイカー (カノンな日々)
以前に観た映画でも読書会の場面があったけど、アメリカでは読書会なるものがブームなんだとか。この映画では「高慢と偏見」などの小説で知られるジェイン・オースティン作品を題材にして個性的な女性たちの再生の姿を描いていきます。 出演はその他に、マリア・ベロ、...
「ジェイン・オースティンの読書会」  (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 観終わってから原作本が読んでみたくなるって、結構珍しい事かも。 今、アメリカでは“読書会”が空前のブームで ミドルクラスの女性の3人に1人が参加しているらしい…。 この本のことはそんな話題とともに新聞の書評欄などで目にしていま...
ジェイン・オースティンの読書会(映画館) (ひるめし。)
ワインとおしゃべり、時々恋――― それが女たちの読書会。
ジェイン・オースティンの読書会 ( Art- Mill  あーとみる)
ジェイン・オースティンの読書会HP http://www.sonypictures.jp/movies/janeaustenbookclub/index.html 僕はジェイン・オースティンの作品を読んだことはありません。たぶん、小説作品のタイトル、
ジェイン・オースティンの読書会 (2007・アメリカ) (白ブタさん)
タイトルどおり、”ジェイン・オースティンの読書会” な映画でした{%新芽webry%} Yahoo! の映画レビューはなかなかの高評価{%ハート1webry%}
ジェイン・オースティンの読書会 を観ました。 (My Favorite Things)
観たい作品はすべて時間が合わず、でもステキな作品に出会いました。
【ジェイン・オースティンの読書会】 (日々のつぶやき)
監督:ロビン・スウィコード 出演:キャシー・ベイカー、マリア・ベロ、エミリー・ブラント、エイミー・ブレネマン、ヒュー・ダンシー 「女性五人、男性一人で始めることになったジェイン・オースティンについての作品を語る読書会。 夫の不倫が原因で離婚したばかり
THE JANE AUSTEN BOOK CLUB (ジェイン・オースティンの読書会) (銅版画制作の日々)
  女5人の中に男1人・・・・。もてもてやないの~ヒュー・ダンシー 集まりました。さあ読書会が始まりますよ   ジェイン・オースティンという作家の存在を知りませんでした実は私、読書家ではありません。そこへきて、最近ほんまにを読まなくなった。集中力...
ジェイン・オースティンの読書会 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
恋愛、結婚、友情・・・それぞれの事情を抱えた女たちが、開いた読書会。 ジェイン・オースティンを通して向きあう人生の、思わぬ顛末とは__? 物語:舞台は、カリフォルニア。バーナデット(キャシー・ベイカー)は離婚歴6回。「ジェイン・オースティンは人生の最...
ジェイン・オースティンの読書会 (eclipse的な独り言)
サントムーンの二本目です。地味ですがいい映画でした。(6月22日 清水町 サント
ジェイン・オースティンの読書会★★★☆+劇場30本目:読書会っ... (kaoritalyたる所以)
5/19は、lunaticさんとランチをご一緒した後、渋谷のBunkamuraに向かって美術展を見ようと思ったのですが、観たいと思っていた表題の映画の上映時間前に遭遇したので、ル・シネマで見てきました。ランチの様子は下のほうに書きましたが、まずは映画のレビューから。今....
「ジェイン・オースティンの読書会」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
離婚歴6回を誇るバーナデット(キャシー・ベイカー)は、愛犬を亡くして落ち込む友人、ジョスリン (マリア・ペロ)を励まそうと、ジェイン・オースティンの読書会を思いつく。別の親友シルヴィア(エイミー・ ブレネマン)も、ちょうど夫から“他に好きな人ができた”と...
mini review 08342「ジェイン・オースティンの読書会」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『高慢と偏見』などの小説で知られるジェイン・オースティンの作品に、読書会のメンバー6人の人生を描き込んだヒューマンドラマ。全米ベストセラーとなった小説を基に、『SAYURI』の脚本家ロビン・スウィコードが初メガホンを取った。『プラダを着た悪魔』のエミリー・ブ...
ジェイン・オースティンの読書会 (あず沙の映画レビュー・ノート)
2007 アメリカ 洋画 ドラマ ラブロマンス 作品のイメージ:ほのぼの、おしゃれ、ためになる 出演:キャシー・ベイカー、マリア・ベロ、エミリー・ブラント、エイミー・ブレネマン ジェイン・オースティンのファンの方におススメというか、それも熱烈な ファンの方に...
『ジェイン・オースティンの読書会』を観たぞ~! (おきらく楽天 映画生活)
『ジェイン・オースティンの読書会』を観ました『高慢と偏見』などの小説で知られるジェイン・オースティンの作品に、読書会のメンバー6人の人生を描き込んだヒューマンドラマです>>『ジェイン・オースティンの読書会』関連原題: THEJANEAUSTENBOOKCLUBジャンル: ドラ...
ジェイン・オースティンの読書会 (悠雅的生活)
読書会に集まる6人。それぞれの、ジェイン・オースティン。
『ジェイン・オースティンの読書会』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ最愛の犬を亡くしたブリーダーのジョスリン(マリア・ベロ)を元気づけるために、親友のバーナデット(キャシー・ベイカー)が提案したのは“人生の解毒剤”といって愛読するジェイン・オースティンの小説を論じる読書会だった・・。感想ジェイン・オースティンと...
ジェイン・オースティンの読書会 / 84点 / THE JANE AUSTEN BOOKCLUB (ゆるーく映画好きなんす!)
面倒くさいとこもあるけれど、やっぱり"女性"はキュートな生き物だ♪ 『 ジェイン・オースティンの読書会 / 84点 / THE JANE AUSTEN BOOK CLUB 』 2007年 アメリカ 109分 監督 : ロビン・スウィコード 脚本 : ロビン・スウィコード 出演 :