花ごよみ

映画、本、写真など・

桜田門外ノ変

2010-10-23 | 映画
主人公は水戸浪士、関鉄之介、
大沢たかおが演じます。

その妻に長谷川京子。
長男の誠一郎には加藤清史郎君。

水戸藩主、徳川斉昭に北大路欣也、
井伊直弼には伊武雅刀。

柄本明、生瀬勝久、渡辺裕之、
池内博之、西村雅彦等が出演

監督は佐藤純彌。

原作は吉村昭の同名小説。

ペリーが来航。
そして安政の大獄。
攘夷派の水戸藩の浪士と、
薩摩藩の浪士18名が意を決して、
開国派の時の権力者、
大老、井伊直弼(伊武雅刀)を、
桜田門外で首を奪った事件。
「桜田門外ノ変」。

その後、挙兵する約束の薩摩藩。
でも挙兵はなかった。

その上、水戸藩からも、
追われることになってしまった、
事件の首謀者の一人、
鉄之助(大沢たかお)。

 

「桜田門外」の事件を端緒として、
幕府の崩壊の始まり、
攘夷運動が高まり、
明治維新へと時代は進んでいきます。

映画では、あまり知られていなかった
この事件に関わることになった、
水戸藩の浪士達のことを描いています。

 

ぼたん雪降る、
桜田門外の壮絶なシーン。

信じていた他藩の、
現実を見据えた、
心変わりに出会い、
望みが踏みにじられていく過程。

 

井伊直弼一人の命、
そのたった一名の命の代償となった、
あまりにも数多くの人の尊い命。

高橋多一郎親子
(生瀬勝久、須賀健太 )のシーン、
息子と共に死に行く場所を、
探し求める場面は、
本より映像で見るとリアルで、
悲しみが倍増します。

テロに加わった人達が、
最後にたどり着くのは、
悲しみとむなしさだけ。

国の未来を憂えるばかりに、
個人の幸せを捨て、
自らテロリストとしての、
苦難の道に進んだ水戸藩士達。

本当の意味での
悪役のいないこの映画、
娯楽性はあまりなくても
心にズシンと重く感じられ、
辛くて悲しくなりました。
上映中、度々、
目がウルウル。

主題歌はチベット出身の歌手、
alanが情緒たっぷりに歌い上げる、
『悲しみは雪に眠る』

本の感想は→こちらです。





コメント (2)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 花の名前が分かりました! | トップ | 中之島公園のバラ園 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
みんながみんな・・・ (しんちゃん)
2010-10-23 23:05:29
自分の行動が「大義」だと信じてたんだよね。
井伊直弼も、この映画では敵役だったけど、決して間違ってはないと思うし。
藩存続のために脱藩したわけだし、捕まえる側も辛かっただろうなぁ。。。
しんちゃんへ☆ (kazu)
2010-10-24 12:04:18
こんにちは~!

みんな、自分が正しいと
考えて行動を起こしたんでしょうね。
井伊直弼にしても、
目前に外国の脅威を誇示されれば、
あんな行動をとらざるを
得なかったんでしょうね。
捕まえる方にしても
辛いと思いますよ。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

25 トラックバック

桜田門外ノ変 (2010) 137分 (極私的映画論+α)
 たった150年前のお話なんだよね。
桜田門外ノ変 (悠雅的生活)
井伊直弼の首ひとつ取るために、どれだけの命が散ったのか
桜田門外ノ変 (とりあえず、コメントです)
吉村昭の同名小説をもとに桜田門外ノ変を描いた作品です。 桜田門外ノ変は授業で覚えたくらいで、そういえば詳しくは知らないなあと気になっていました。 予想以上に過酷な展開に、かなり胸が痛くなりました(T_T)
桜田門外ノ変 (あーうぃ だにぇっと)
9月22日(水)@九段会館で鑑賞。 六本木で “メッセージ、そして愛が残る” を観た後 一旦帰宅し、再度九段会館へ出陣。 2.26事件の舞台となった?会場で桜田門外を見るのも何かの縁か。 ふだんより、圧倒的に年配者多し。 それも、じいさんが多く、途中でト...
桜田門外ノ変 (だらだら無気力ブログ)
茨城県の地域振興と郷土愛の醸成を目的に、市民が主体となって企画し、 映画化が実現した時代劇。吉村昭の同名小説を基に、歴史の大きな転換点と なった大老・井伊直弼襲撃事件へと至る経過とその後の顛末を、襲撃者側で ある水戸藩士たちの視点から丁寧に描き出してい...
映画「桜田門外ノ変」@一ツ橋ホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは8割ほど、客年齢高め、試写会の主権は講談社さんだ。 今回久しぶりに一ツ橋ホールを訪れたのだが、東京の試写会場で2番目にボロかった一ツ橋ホールが客席と床とスクリ...
試写会「桜田門外ノ変」 (日々“是”精進!)
「桜田門外ノ変」の試写会に行ってきました茨城県の地域振興と郷土愛の醸成を目的に、市民が主体となって企画し、映画化が実現した時代劇。吉村昭の同名小説を基に、歴史の大きな転...
桜田門外ノ変 (Akira's VOICE)
ドラマへの求心力が弱い。。  
『桜田門外ノ変』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「桜田門外ノ変」□監督・脚本 佐藤純彌 □脚本 江良至□原作 吉村昭 □キャスト 大沢たかお、北大路欣也、伊武雅刀、渡辺裕之、渡部豪太、本田博太郎、池内博之、長谷川京子、加藤清史郎■鑑賞日 10月17日(日)■劇場 1...
「桜田門外ノ変」 (NAOのピアノレッスン日記)
~日本の未来を変えた、歴史的大事件~井伊直弼の育った出身の私にとっては、見逃せない1本でしょう。2010年 日本映画   (10.10.16公開)配給:東映      上...
桜田門外ノ変 (★ Shaberiba )
歴史の中に人知れず消えていった多くの命に涙--。
桜田門外ノ変 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
この事件の関係者は、あまり歴史の表舞台で語られることが少ない。同じ脱藩浪人でも、土佐・長州・薩摩の出身者は表舞台で活躍した。この事件の水戸藩士たちは非常に地味な存在だが、同じように日本の行く末を案じて命を落としていった。我々は、彼らの犠牲の上で現在の日...
桜田門外ノ変 (Diarydiary! )
《桜田門外ノ変》 2010年 日本映画 幕末の江戸時代、大老の井伊直弼が桜田門を
「桜田門外ノ変」 思い入れが強すぎて空回り (はらやんの映画徒然草)
「桜田門外の変」とは歴史の教科書などでご存知の通り、江戸城桜田門外で開国へ大きく
桜田門外ノ変 (WEBLOG:e97h0017)
本作を娯楽作品に仕上げようとするならば、言うまでもなく井伊直弼暗殺の事件描写を終盤に持ってきてクライマックスとするべきであり、それをしなかったということは本作のテーマがあくまでも襲撃を画策・実行した尊攘派志士たちがたどった末路を描く人間ドラマを軸にして...
桜田門外ノ変 (りらの感想日記♪)
【桜田門外ノ変】 ★★★☆ 映画(55)ストーリー 嘉永6年(1853年)、浦賀沖にペリーの黒船が来航、開国の圧力はいよいよ抑えがたくなって
映画「桜田門外ノ変」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「桜田門外ノ変」観に行ってきました。 江戸幕府の権威を失墜させ、幕末動乱の発端となった井伊直弼暗殺事件「桜田門外の変」を映画化した作品。 何故PG-12やR-15指定されなかったのか疑問に思ってしまったほ
桜田門外ノ変 (うろうろ日記)
試写会で見ました。今年、時代劇流行っているのですか?個人的には、何の思い入れも無
[映画『桜田門外ノ変』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う~む、面白かった。  どこが面白かったかと聞かれたら、パッと答えられないのだが、幕末の激動の序章を、きっちりと、『十三人の刺客(2010)』のような「ケレン」を全く排して、「十八人の刺客」を描いていたのが良かった。  私は、例え『ダンス...
桜田門外ノ変 (映画的・絵画的・音楽的)
 『週刊文春』(10月21日号)の阿川佐和子のインタビューに、主役の大沢たかおが登場して、面白そうな内容のように思えたこともあって、『桜田門外ノ変』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)た...
「桜田門外ノ変」 (2010 東映) (事務職員へのこの1冊)
監督:佐藤純彌 出演:大沢たかお、北大路欣也、池内博之、長谷川京子、柄本明、生瀬
桜田門外ノ変☆独り言 (黒猫のうたた寝)
とっても丁寧な作りだと思うのですが・・・授業受けてるような気がして眠くなってしかたありません。『桜田門外ノ変』は試写会で鑑賞しました。まぁ、体調不良時期だったので、やたらと眠気が募っていたせいもあるのですが^^;;;元々この時期の日本史ってやたら授業時...
桜田門外ノ変 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
桜田門外ノ変’10:日本◆監督:佐藤純彌「男たちの大和/YAMATO」「植村直己物語」◆出演:大沢たかお、長谷川京子、柄本明、生瀬勝久、加藤清史郎、西村雅彦 、伊武雅刀、北大路欣也◆STORY◆安政7年(1860年)、尊王攘夷を唱えた水戸藩藩主・徳川斉昭は、開国派の...
【桜田門外ノ変】 (日々のつぶやき)
監督:佐藤純彌 出演:大沢たかお、長谷川京子、加藤清史郎、北大路欣也、柄本明、生瀬勝久、渡辺裕之、西村雅彦   日本の未来を変えた、歴史的大事件。 「水戸藩士関鉄之介はいよいよその時が来たことを知る。 妻と子に別れを告げ同志の元に集まった。水戸藩の
桜田門外ノ変 (Yuhiの読書日記+α)
吉村昭の同名小説を原作にした、日本史上、超有名な大老井伊直弼暗殺事件を描いた作品。監督は佐藤純彌、キャストは大沢たかお、長谷川京子、柄本明、生瀬勝久、西村雅彦、伊武雅刀、北大路欣也他。 <あらすじ> 水戸藩士の下級武士の家に長男として生まれ、30歳のとき...