花ごよみ

映画、本、写真など・

シャンハイ

2011-08-31 | 映画

アメリカ、日本、、中国のスターの競演。

主演はアメリカの、ジョン・キューザック。
中国側は、コン・リー、
そして彼女の夫役の、チョウ・ユンファ。
日本の渡辺謙。

ミカエル・ハフストロームが監督。

1941年、太平洋戦争勃発前の、
魔都と呼ばれた上海租界が舞台。

アメリカ諜報部員の事件をきっかけに
激動の時代に翻弄される、
男と女の愛とサスペンスの物語。



ポール(ジョン・キューザック)は、
親友が命を奪われた理由を知りたいがために
アンナ(コン・リー)に接近。
そのアンナ(コン・リー)にも秘密があった。

ポール(ジョン・キューザック)は、
親友の恋人、スミコ(菊池凛子)を追跡する。

その過程で出会う日本軍の大佐、タナカ(渡辺謙)。
裏社会の大物アンソニー(チョウ・ユンファ)。

そして時代は真珠湾攻撃へと…

どんな激動の時代のさなかにあっても
変わらない愛の重さ。

渡辺謙とチョウ・ユンファは
さすがの存在感。



太平洋戦争間近の、
妖しく危険な都市、上海を表現。

レトロな雰囲気漂う上海を舞台に
映画に出演しているだけでも楽しめる位の、
豪華な俳優陣。

国を背負うという宿命。
軍人として命令には背けない、
タナカ(渡辺謙)の行動は冷酷で冷徹。
そんな人物でありながらでも
人としての迷う心、
愛する心、
その心がタナカ(渡辺謙)の中にも、
残っているということを
最後に感じとることができ、
救われました。
謙さん、やっぱりかっこいい!!







コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 人面メロン?! | トップ | 家の花達♪ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
謙さん~ (cyaz)
2011-09-01 12:34:55
kazuさん、こんにちは^^

謙さん、渋いですよね
コン・リーもあの物憂げな表情に男性はマイってしまいます
僕はジョン・キューザックが昔から好きなので、
こういう役をやれるようになった彼も成長したなぁと感じました
ユンファ、すわ『男たちの挽歌』だぁって思ったりして(笑)
cyazさんへ (kazu)
2011-09-01 21:15:53
こんばんは

謙さんほんと渋い演技を
見せてくれました。
コン・リーは男を惑わす
物憂げな表情でしたね。
ジョン・キューザックも
よかったですね。
ユンファ『男たちの挽歌』
なつかしいです♪

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事