花ごよみ

映画、本、写真など・

ウォンテッド

2008-09-16 | 映画

主演はジェームズ・マカボイ。

共演はアンジェリーナ・ジョリー、
モーガン・フリーマン。

不満たらたらの毎日。
そのウェスリー(ジェームズ・マカボイ)の前に
突如出現した、
暗殺組織“フラタニティ”。

その仲間の一人、
フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)。

フォックスのことばによれば
ウェスリーの父はもと暗殺者、
父親が殺害され、
ウェスリーにも危機が……。

映画の中でとても気になったのが、
弾丸が、曲がる?
聞くところによると
弾丸に手を加えると可能なこともあるとか。
でもあんなコントロールした
弾道はないでしょうね。

すっごいカーチェイス
あり得ない銃撃シーン。
マンガ的です。

アンジェリーナ・ジョリーは
かっこよく描かれていました。
やっぱり見栄えのする女優さんです。



ジェームズ・マカボイ、
だんだん強くなっていくプロセス、
爽快感があります。

なんといっても、とにかく、
巻き込まれ被害者が多すぎますよ。

人間も動物(ネズミ)も…。
あんなにいとも簡単に
多数の命を犠牲にしてしまって….

映画全編にわたって
グロいシーンが多く
ちょっと引いてしまいましたが…。

アンジェリーナ・ジョリー、
モーガン・フリーマン、
この二人がぴしっと
映画を引き締めていました。





コメント (5)   この記事についてブログを書く
« グルッと長居植物園 その② | トップ | 長居公園、植物園の『緑のト... »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (kira)
2008-09-16 17:07:16
TB,有難うございます。

マカヴォイくん目当てでしたので
あり得ないマンガチックな設定もアリで
楽しみました~♪

確かに"1を倒して1000を救う"じゃないじゃんと
突っ込みたくなりましたよねー。
でもアノ大量の(兵器たち)は、アップののを除いて
CGだと思ってましたが、、??
kiraさんへ☆ (kazu)
2008-09-16 18:38:47
こんばんは~!
こちらこそTBありがとうございました。

マカヴォイくん目当てだったら
きっと楽しめたでしょう♪
アクションもほんと見応えありましたね。
アンジーはかっこよかったですね。
1を倒して1000を救うでは
なかったですね。
そういえば(兵器たち)はCGかな。
あんなに大量には集められないでしょうね。
こんにちは (iina)
2008-09-18 16:14:17
イメージした映像を映画にしてしまうのですね。
CGは、ほとんどを可能にできてしまい、最後はアイデアの勝負ですね。
あり得ぬ設定でも、内容によっては許すこともでき、それが映画の評価に結びつくように感じます。
iinaさんへ☆ (kazu)
2008-09-18 23:30:53
こんばんは~!

コメントありがとうございます。

イメージ通りの映像を
映画にできるってもう
どんなものでも不可能ではないのですね。
それが許されるか許されないかは
個人によってそれぞれ違っていて
それが映画の評価の相違に
なってくるのですね。
Unknown (ホーギー)
2008-09-21 20:39:17
こんばんは、ホーギーです。
想像を超えたアクションシーンとストーリーもそれなりにどんでん返しもあって、期待通りのエンターテイメントに仕上がっていて、賛否両論あるかもしれませんが、私的には十分満足いく作品でした。
そして、何と言っても、クールでセクシーなアンジーが最高でしたね。これだけでも、この映画を観る価値があると思います。
ところで、続編を含む3部作の話があるようですが、まさか、アンジーは死んでいなかったのでしょうか?それとも、回想シーン的な感じでちょっとだけの出演となるのでしょうか。アンジーがフル出演しないと楽しみも半減かもしれませんね。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事