花ごよみ

映画、本、写真など・

沈まぬ太陽

2009-11-12 | 映画
山崎豊子の長編小説が原作。
監督は若松節朗。

映画も3時間22分のかなりの長編、
でも、時間はそんなに長くは、
感じられませんでした。

途中休憩が10分あるなんていう、
映画もはじめてです。


主演は渡辺謙、
彼が「国民航空」労組委員長・恩地を力演。



三浦友和、石坂浩二等が共演。

労組委員長・恩地(渡辺謙)は、
労使交渉に対する、報復人事によって、
海外勤務を命じられ、
僻地から僻地へと、
転々と勤務地の変遷を、
繰り返していくこととなる。

本来は役員となって、
会社を背負っていくべき人間であるのに…。

そして子供までもがいじめの対称になって、
子供心にお父さんは、
悪いことをしたんだと思ってしまう。



冒頭から、御巣鷹山に墜落した、
ジャンボ機のシーン。
時間軸が複雑になっているので
頭が混乱することも。

事故によって、
もう永遠に会うことはかなわない、
愛する家族。

遺族の深い悲しみに胸がふさがれ
涙、涙…。
特に宇津井謙一家のエピソードは、
あまりにも悲しすぎます。

とにかく、長時間にわたり、
遺族一人一人の話をするので、
見るものとしては
かなりのつらさがあります。
3時間半涙が乾くことはないほどでした。

労働組合と御巣鷹山事故の話で
映画は大半を占めています。

会社の遺族に対する対処の仕方、
被害者遺族を前にして、
誠意のみられない会社。

放漫経営、海外でのホテル買いあさり、
暗躍する政治家達…。
そんな中での新しい会長就任。

安全重視と、
疲弊しきった会社の健全化を、
目指すがこれも挫折。

腐敗した会社内を立て直すべく、
立ち上がり、自分の意志を最後まで貫いた
男の生き様を描いた作品。

見応えがあって、
ラストまで緊張感が、
途絶えることのない映画でした。








コメント (10)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« 色づく公園の木々 | トップ | ウィンターコスモスとアボガ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この映画 (tami)
2009-11-12 23:13:14
こんばんは。

友達が、昨日、この映画に行ってきたってメールが入りました。

「沈んでしもうたわ~」

って、書いてるんですよ。

内容が重厚?

kazuさんのレビューを読んでも、見ごたえありそうですね。


京都の紅葉はこれからでしょうか?
Unknown (よりりん)
2009-11-12 23:48:49
私も、見に行きたいのですが・・・。
原作は、読んだんですけどね。
レディースデイでは、子どもの帰りが早いので、私が帰るの間に合わないんですよねぇ~涙。
そういえば、J○Lは、自分のところの会社を指すような感じで描かれていてイメージダウンにつながるから、訴えるとか何とか・・・。
そういう狭量な考えが、余計にイメージダウンにつながるとは考えないんでしょうかね~苦笑?!
見たいのだけど。。 (たんぽぽ)
2009-11-13 11:09:13
沈まぬ太陽。。見たいのだけど、
重すぎて、見た後の気持ちが不安で、
どうしようかと悩んでいます。

途中10分間の休憩が入る長編作なんですね。

そのほとんどが、労働組合と御巣鷹山事故の話とのこと。。

緊張感があり、見応えのある映画という事ですが、
見終わったあとの気持ちはいかがでしたか。

沈んでしもうたわ。。でしょうか。


こんにちは (コスモス)
2009-11-13 18:09:53
kazuさん
 朝、お邪魔した時はupされていませんでしたね
 私は原作本を見ました。
実は、以前労働組合活動の激しい企業に勤めていました。
当時はマダマダ働く者の地位は低くて
それなりにき意義が有りました。
 それでも、組合長は会社に対する発言権も有りましたし、この中に出てくるような過酷な事はされませんでした。
 こんなにも酷くて辛くて、悲しくて切ない出来事が・・・
 読んでいて、胸が痛くなりました。
そして、憤りも感じました。
子供の気持ちも解りますしね。
 読んだ後も、心に残って
少し憂鬱でした。
 渡辺 謙は何を演じられても
見事で、その分、説得力が有りますね。
tamiさんへ☆ (kazu)
2009-11-13 22:20:09
こんばんは~!

友達見られたんですね。
確かに重いですが、
そんなに沈まなかったですよ。

京都の紅葉そろそろです。
行きたいのはやまやまですが…。
人混みも気になります(笑)。
よりりんさんへ☆ (kazu)
2009-11-13 22:25:45
こんばんは~!

会社の名前は御巣鷹山で
もうバレバレですよ~。
訴えたりすると余計に
イメージダウンになりますよね。

原作は読まれたんですね。
私は読んでいないのですが
本ではどうなっていたんでしょうね。

たんぽぽさんへ☆ (kazu)
2009-11-13 22:34:17
こんばんは~!

長時間の映画ですが、
時間は気になりませんでした。

見終わった後ですか?
こんな時期に丁度このような映画で、
日航も大変だなぁ~。
と感じました。
まっ、自分がまいた種からですが…。

ぶれない主人公の生き方には
筋が通っていました。
コスモスさんへ☆ (kazu)
2009-11-13 22:43:09
こんばんは~!

朝ではなくって
昨日の夜にアップしたんですが…
なんででしょうね?

コスモスさんも読まれているんですね。私は原作は読んでいません。

この主人公のように
つらい現実を経験しても
真っ直ぐに生きていけるというのは
とても強い精神力が備わっているんでしょうね。
渡辺 謙の演技は力強く
安心して見ていられますね。


この作品は・・・ (URAN)
2009-11-14 10:20:12
見たいと思っているんですが、絶対大泣きするので映画館では見れないなぁと。。。

早くビデオかテレビ放送して欲しいです^^;

いまだに坂本九さんの歌を聞くと涙が出ます。。。
URANさんへ☆ (kazu)
2009-11-14 22:37:14
こんばんは~!

大泣き、声を出して
泣くのはちょっとまずいですね。
ビデオかテレビ放送だったら
思いっきり泣けますね。
坂本九さんの歌は
ほんと悲しいです。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

17 トラックバック

沈まぬ太陽 (Yuhiの読書日記+α)
山崎豊子の同名作品を映画化した社会派ドラマ。監督は若松節朗、キャストは渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、西村雅彦、柴俊夫他。 <あらすじ> 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じら...
若松節朗監督 「沈まぬ太陽」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ~ん!)
沈まぬ太陽 - goo 映画 お給料も入ったし、今日(10月26日)は公休! ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ! 映画なに観よ? 根岸監督の「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」にしようか?思ったのですが… 先週土曜から公開の山崎豊子原作「沈まぬ太陽」 原作未読、国民的ベ...
沈まぬ太陽/渡辺謙、三浦友和、松雪泰子 (カノンな日々)
公開直前まで途中休憩の入る202分もの作品だったとは全く知りませんでした。私が劇場鑑賞した邦画での最長は今年観た園子温監督の『愛のむきだし』の237分ではありますけどあれはちょっと特殊な作品でもあるし、これは作品規模でいえば邦画では異例の超大作スケールですよ...
『沈まぬ太陽』(@シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----さあ、今日はいよいよ話題の『沈まぬ太陽』だよ。 この映画、久々の邦画超大作。 何といってもインターミッション付きだからね。 それって何のこと?と思った人は、 「シネマのすき間」を訪ねてね。 そこに詳しく書いてあるから。 ね。驚いた? まずロゴからして違う...
『沈まぬ太陽』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、山崎豊子原作、若松節朗監督、渡辺謙主演。
沈まぬ太陽 (LOVE Cinemas 調布)
『白い巨塔』、『華麗なる一族』などで知られる人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説の映画化。日本航空をモデルにした国民航空を舞台に、権力に翻弄されながらも自らの信念に従って生きる男を壮大なスケールで描いた社会派ヒューマンドラマだ。主演は『硫黄島から...
沈まぬ太陽 (勝手に映画評)
山崎豊子の、とある航空会社の腐敗を描いた長編小説。小説なので、この国民航空は【一応】実在しない架空の航空会社と言う設定ですが、モデルとなったのは日本航空と言うのは一目瞭然です。 また同時に、小説の登場人物も実在の人物を髣髴させところが多々あります。しか...
沈まぬ太陽 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
信念は決して消えない。激動の昭和をかけぬけた男の熱き生きかたとは・・・。 物語:昭和30年代―。恩地元(渡辺 謙)は、巨大企業・国民航空で労働組合委員長を務めていた。職場環境の改善のため会社側と闘った結果、恩地を待っていたのは懲罰人事ともいうべき海外赴...
映画「沈まぬ太陽」 (おそらく見聞録)
監督:若松節朗(ホワイトアウトの監督さん) 出演:渡辺謙(怪物)三浦友和 松雪泰子 鈴木京香 石坂浩二 香川照之 宇津井健  出演:戸田恵梨香 柏原崇 大杉漣 西村雅彦 小林稔侍 風間トオル 柴俊夫 木村多江  30年間、企業の不条理に翻弄されても...
「沈まぬ太陽」プチレビュー (気ままな映画生活)
3時間22分…事前に10分間の休憩を知っていましたが 長いと思わせるシーンはなくのめり込んで見てしまいました。 ただ、休憩前後で展開が大きく変わったのが残念な部分もあります
沈まぬ太陽 仕事に生きる男の気骨を問う 山崎豊子 (ネット社会、その光と影を追うー)
沈まぬ太陽は、ずっしりとした社会派大作。山崎豊子に
沈まぬ太陽 (だらだら無気力ブログ)
『華麗なる一族』や『大地の子』『白い巨塔』などのヒット作を世に送り だしてきた人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説を渡辺謙を主演に 迎えて映画化。 巨大企業の都合に翻弄され、海外の僻地への島流しのような人事を受けつつ も自らの信念を貫きとおしていく姿...
沈まぬ太陽 (まてぃの徒然映画+雑記)
山崎豊子原作の超大作、なんと202分で途中休憩あり!途中休憩が入るのは『アラビアのロレンス』以来です。原作はずいぶん前に読み始めたものの、病気で読むのがつらくなって第一巻の途中で止まったままなので、御巣鷹山編や会長室編は初めて知るストーリーでした。当然で....
沈まぬ太陽 (映画通信みるみる)
不屈の魂を描いた叙事詩。 映画化されるということで、たいへん楽しみにして劇場へ向かった。ついに、この作品が、映画化されたという感激が...
「沈まぬ太陽」 サラリーマン必見 (はらやんの映画徒然草)
上映時間3時間30分、途中休憩あり。 途中休憩がある映画を観たことがあるのは、「
映画 沈まぬ太陽 (単館系)
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行...
『沈まぬ太陽』/TV地上波 (京の昼寝~♪)
     □作品オフィシャルサイト 「沈まぬ太陽」□監督 若松節朗 □原作 山崎豊子 □脚本 西岡琢也 □キャスト 渡辺 謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、木村多江、柏原 崇、戸田恵梨香、大杉 漣、       西...