花ごよみ

映画、本、写真など・

検察側の罪人

2018-09-13 | 映画

時効廃止前の未解決事件、
捜査機関による冤罪などが描かれた
雫井脩介原作『検察側の罪人』を映画化。

は4年前に読んでいます。
おおざっぱな内容しか
覚えていなかったのですが
映画を見ているうちに記憶が戻ってきました。

監督は原田眞人。

出演は木村拓哉、二宮和也、
吉高由里子・松重豊等。

エリート検事を木村拓哉、
若手検事を二宮和也が演じます。
正義を追い詰める若手検事と
許しがたい未解決事件犯人を逮捕するため
執念を燃やすエリート検事。



正義の意味を問いかけます。
対立する二人。
木村拓哉、二宮和也が
醸し出す緊張感。
キャスティングもよかったです。
これで終わり?という
モヤモヤ感は残りますが、
見応えのある映画でした。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ぼぎわんが、来る  澤村伊智 | トップ | 笠の蕎麦畑 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しんちゃん)
2018-09-14 23:27:18
 原作にはない設定が正直ちょっと鬱陶しかったかも(笑)
 嫌な話とわかっていながら観に行って、やっぱ嫌な思いをしました(爆)
しんちゃんへ (kazu)
2018-09-15 11:13:27
こんにちは

法治国家としてこれはダメでしょうね。
やっぱりいやな話ですね。
いやな話と分かっていてもやっぱり
見てしまいましたか(笑)

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事