花ごよみ

映画、本、写真など・

ドミノin上海   恩田 陸

2020-09-07 | 本 あ行(作家)

ドミノin上海 (角川書店単行本)

かなり前に読み終えた「ドミノ」の続編。

今回の舞台は上海。
前作「ドミノ」と同じく
多彩な登場人物。

それらの登場人物が、
それぞれ好き勝手に
行動しながらも、
最後はうまい具合に着地という
前回の「ドミノ」のパターンと同じ。

この作品も同じように進行していくので
前作ほどの面白さ、
新鮮味はなかったですが
やっぱりドタバタ感は楽しめました。

「ドミノ」の登場人物も、
今回登場していたようですが
記憶が薄れてしまっていて、
覚えているのはイグアナのダリオくらい。

そのイグアナダリオも昇天。
でもなんと幽霊になって活躍。

パンダの厳厳の行動はユーモラスで
笑えました。

コメント   この記事についてブログを書く
« 夜がどれほど暗くても  中... | トップ | 夏の終わりの気配 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

本 あ行(作家)」カテゴリの最新記事