花ごよみ

映画、本、写真など・

ツナグ  辻村 深月

2012-07-27 | 本 さ、た行(作家)

ツナグ

亡くなってしまった人間に、
「ツナグ」という、
少年を使者として、
たった一度、
一人だけに会うことができる。

「アイドルの心得」
「長男の心得」
「親友の心得」
「待ち人の心得」
「使者の心得」
4つの連作短編になっていて、
5話の「使者の心得」で、
締めくくっています。

使者はまず依頼人の希望する人に確認、
そして亡くなった人の承諾を得て、
依頼人に会わせる。

会いたい人はそれぞれ、アイドル、
ガンで亡くなった母、
喧嘩別れした友
7年前に失踪した婚約者。

ほんのりとした優しさを感じる
ストーリーの中にあって
「親友の心得」だけは
一瞬の悪意と、
重く深い後悔を描いた
他の短編とは少し、
異なった性質の物語でした。

7年前に失踪した恋人を待つ
「待ち人の心得」は、
心が揺さぶられて涙腺決壊。
本を読んでの涙ボロボロは
最近では珍しい出来事。
涙がじわっと来るというのは
結構よくありますが…

主人公である使者「ツナグ」、
本当の名は歩美という人物は、
優しく、魅力のある高校生です。


コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 天神祭の花火 | トップ | 勧修寺の蓮 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (苗坊)
2012-07-27 22:05:06
こんばんは。
素敵なお話でしたねぇ。
どのお話も感動しました。でも、最後のツナグ自身の話が私は1番好きでした。歩美は良い子でしたよね。きっとツナグの仕事を全うできると思います。
映画化されるんですよね~。
ちょっと気になります。
苗坊さんへ (kazu)
2012-07-28 01:16:51
こんばんは

TBありがとうございました。
心にグッと来る
いい作品でしたね。
ツナグ自身の話もよかったです。
ほんと良い子でした。
映画化気になりますね。

コメントを投稿

本 さ、た行(作家)」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

ツナグ 辻村深月 (苗坊の徒然日記)
ツナグ著者:辻村 深月新潮社(2010-10)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 突然死したアイドルに。癌で逝った母に。喧嘩したまま亡くなった親友に。失踪した婚約者に。死者 ...
ツナグ(辻村深月) (Bookworm)
良かった~~!読み終わった後、じんわりと沁みてくるお話でした。
「ツナグ」辻村深月 (ナナメモ)
JUGEMテーマ:読書 突然死したアイドルに。癌で逝った母に。喧嘩したまま亡くなった親友に。失踪した婚約者に。死者との再会を望むなんて、生者の傲慢かもしれない。間違いかもしれない。でも―喪ったものを取り戻し、生きるために会いにいく。―4つの再会が繋いだ、あ...
「ツナグ」辻村深月 (りゅうちゃん別館)
一生に一度だけ死者と再会できる。あなたなら、誰に会いたい? 第32回吉川英治文学新人賞受賞作。ネタばれあり。    【送料無料】ツナグ [ 辻村深月 ]価格:662円(税込、送料込) 「アイドルの心得」 目立たない女性が、心不全で亡くなったアイドルとの再会を希望...