花ごよみ

映画、本、写真など・

偉大なる、しゅららぼん

2014-03-19 | 映画

万城目学の同名小説を映画化。
濱田岳、岡田将生が主演。

琵琶湖畔の町
石走のお城に暮らす日出一族。

彼等は先祖代々受け継いだ、
不思議な力を持っていた。

分家の息子の涼介は
力の修行をするため石走に…
日出家の城から高校へ通うことになる。

日出家の跡取り息子で殿様のような高校生、
淡十郎のお供となって振り回される涼介。

淡十郎の恋、日出家とライバルの棗家、
色々が絡み合って
思ってもいなかった騒動が展開。

日出淡十郎に濱田岳、
日出涼介に 岡田将生、
淡十郎の姉、日出清子に深田恭子、
ライバルの棗家の高校生、棗広海に渡辺大、
涼介の師匠、藤宮濤子に貫地谷しほり。

赤い学生服を着た淡十郎、
涼介が登場しただけで
にやりとなります。

渡辺大の15歳もおかしい。
高校生には見えないでしょう。

深キョンはきりっとして
立ち姿が美しかったです。
浜村淳もちょっとだけ出演。

琵琶湖を舞台にして、
不思議なパワーが炸裂。
反目する日出家と棗家。



琵琶湖もすごいことになります。
琵琶湖に龍がいるような
気になってきます。

お濠に船、町を馬でとかいった具合で
時代劇のような趣もあって
ファンタジー色が満載の
独特の世界観の物語です。

原作のストーリーには
結構忠実に作られていました。

相変わらずの万城目学の世界。
スケールは大きいのに
なんだかばかばかしい。
原作は読んでいたので
あらすじはおおよそ
分かっていたけど面白かったです。

長浜、竹生島、彦根城が辺りがロケ地。
日出家の住居は彦根城。
この辺りには訪れたことがあって、
おなじみの景色でした。
あっ、あそこだ!あそこだ!
といった感じで…
余計に楽しめました。

彦根城の桜、素敵でした。
彦根城は雪の頃行ったので
今度は桜の頃に行くたくなってきました。
CGを駆使した原作の映像化も
うまくいっています。
娯楽作品として楽しんで
観ることができました。








コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 淡路島の八木のしだれ梅(村... | トップ | 淡路島 広田梅林ふれあい公園 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しんちゃん)
2014-03-19 23:03:28
 純じゃなくって淳ね(笑)
浜村純は往年の盟友です。

 私は原作よりも楽しめたなぁ。ちょっと原作長すぎたし。深キョンの「フルボッコ」って台詞が可愛かった。

 ただ・・・最後に「後日談」風に全員元気な姿を見せて欲しかったな。
しんちゃんへ (kazu)
2014-03-19 23:31:29
こんばんは

浜村純ってしんちゃんの
お友達なんですか?
失礼しました(笑)
書き直しておきます。
深キョンの「フルボッコ」、
ほんと可愛かったですね。
全員元気な姿もいいかもしれないですね。
Unknown (しんちゃん)
2014-03-20 07:07:13
 あはは(笑)お恥ずかしい。
名前の間違いを指摘する私が変換間違い(爆)

 日出家の殆どの人が寝たまんまの姿がラストショットだったもんね(笑)
こんにちはー♪ (kira)
2014-03-20 11:27:26
濱田岳さん+岡田くんの時点でユルイ空気を感じていましたので、
恭子ちゃんのキャラが浮いちゃうのでは?ということも考えられる中、
ちゃんと青春ドラマしてたなあ~と満足です♪

琵琶湖周辺のロケ地も素敵だったし、
CGもキマッテました
誰もが「誰かの為に」チカラを使う、というのが好きでした
しんちゃんへ (kazu)
2014-03-20 12:38:53
こんにちは

変換間違いよくありますよね。
知らずにそのままの時も
多くあると思いますよ。
元気な日出家の人たち見たかったですね。
kiraさんへ (kazu)
2014-03-20 12:48:37
こんにちは

登場人物、
みんなそれぞれ個性がはっきりしていて
うまくいっていましたね。
国宝級のロケ地も
湖が割れるCGも見応えがありました。
チカラの使い方もよかったですね。
Unknown (苗坊)
2014-03-22 00:13:38
こんばんは。
面白かったですね~
原作に割と忠実だったのが何よりも嬉しいです。
マキメ作品をよくもここまで表現できたなーとひたすらびっくりです^^
お城も湖が割れる映像も素晴らしかったです。
岳君も岡田君も雰囲気が良かったです。
苗坊さんへ (kazu)
2014-03-22 12:27:11
こんにちは

原作に沿って作られていましたね。
本を読んでいて映像化は
むずかしいと思っていました。
湖のシーンうまくできていましたね。
岳君も岡田君も淡十郎と涼介を
うまく演じていましたね。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事