花ごよみ

映画、本、写真など・

ロング・エンゲージメント

2005-03-13 | 映画
愛の直感で突き進んでいくヒロインの
ミステリーロマン・・・
一途な想いは通じるのか…  

5人の兵士の名前を少しは 
頭に入れておいた方がいいかなと思います。 
そうでないとミステリーの 
謎解きの部分がややこしくなります。  
見終わった後で公式サイト
キャストのページを見て納得しました。
(遅いっ!!)

5人の内、なんとかシュとノートルダムと、 
主人公の彼、マネクだけは覚えていたので、 
まあなんとかストーリーについていくことが 
出来ました。 
 
 
戦争の映像が多くの時間を占めています。
残酷なシーンが多く目を伏せてしまうことが幾度も。 
「もう、これ以上見せないでー。やめてーっ」 
と思ってしまいした。 

生存の願いをかけ、婚約者を強い意志で想う
一直線の心情は潔くて愛おしい。。。 


映像もセピア色の風景が美しく、 
村は平和で周囲の人々も優しく 
ほほえましい。
それに対比してよけいに戦争の悲惨さが 
強調されているようです。 

二人には幸せになって欲しい


コメント (2)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« ラストドリーム (志水 辰夫) | トップ | マザーリーフ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバックさせていただきました。 (りか吉わんわん)
2005-03-14 15:29:46
こんにちは、はじめまして。

この度、トラックバックさせていただきました!ありがとうございます。



私もこのふたりには幸せになってもらいたいです。
TBありがとうございました~ (ななな)
2005-03-17 17:58:25
初めまして

とにかく登場人物の顔がなかなか一致しない映画でした。でも映像はとっても綺麗でしたしオドレイの髪がすっごく可愛かったです。

原作を読みたいなぁと思いました。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

試写会「ロング・エンゲージメント」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「ロング・エンゲージメント」開映18:30@ヤクルトホール 「ロング・エンゲージメント」2004年 フランス 配給=ワーナー・ブラザース映画 監督=ジャン=ピエール・ジュネ、原作=セバスチャン・ジャプリゾ、脚本=ギョーム・ローラン 出演=オドレイ・トト
「ロング・エンゲージメント」。 (時間倍速『映画』日記(?)。)
観ました。
ロング・エンゲージメント (映画を観たよ)
眼鏡学校に忘れて大変だった。 いつもよりちょこっと前で座って気合で見ました気合で・・・ ちなみにアメリ大好きです。 予告見て妄想ちっくな女の人が勘信じて突っ走っていく ちょっぴり可愛い純愛もの(アメリみたいなの)想像してましたら 全然違ってだいぶびっくりしま
ロング・エンゲージメント(UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES ) (わかりやすさとストーリー)
●白馬に乗った王子様を迎えに行く新・乙女道。アメリ探偵の直感と行動が奇跡を呼ぶミステリー●セピア調な村と砲弾降り注ぐ泥沼の塹壕との対比が斬新。時間軸を入れ替えたパズルを当てはめるのは少々たいへん。「アメリ」は本作のお膳立てだった?
(戦争映画)ロング・エンゲージメント(2004/仏=米)コテコテのジュ... (エンタメ系のススメ)
(戦争映画)ロング・エンゲージメント(2004/仏=米)コテコテのジュネ様ワールドを堪能しました(ネタバレあり)↓最初にツッコませてね~縦読みかよー!!セピア調の映像世界と懲りまくった構図、爆音溢れる戦闘シーン、アメリちゃんのお尻。そのすべてを映画館の大スクリー...
ロングエンゲージメント (<花>の本と映画の感想)
ロングエンゲージメント マチルドは、恋人マネクが、第一次対戦で戦死したという知らせを受けるが、恋人は生きていると信じて待ち続ける。 最後に一緒にいたという戦友たちの遺品を受け取ったマチルドは、恋人の軌跡をたどる。 「アメリ」と同じ監督、で作ったという
『ロング・エンゲージメント』 出演:オドレイ・トトゥ (映画のコト。)
ワーナー・ホーム・ビデオ ロング・エンゲージメント 特別版 『ロング・エンゲージメント』 『アメリ』のオドレイ・トトゥ×ジャン=ピエール・ジュネ監督作品。 映画館で予告を観たとき、 壮大で面白そうだなぁと思った記憶があります。 実は監督が『アメリ