花ごよみ

映画、本、写真など・

博士の愛した数式

2006-01-24 | 映画
 
  
芥川賞作家・小川洋子のベストセラー小説の映画化。

  『雨あがる』『阿弥陀堂だより』と同じく、 
   寺尾聰主演で監督は小泉堯史監督。 

  第一回本屋大賞50万部を突破した、  
  芥川賞作家・小川洋子の 
  ベストセラー小説の映画化。 

 
  博士の記憶は80分しか持たない。
  80分しか記憶がもたない博士を演じるのは、寺尾聰。
  杏子役には深津絵里。
  杏子の息子ルート役には、齋藤隆成、 
  大人になったルートを演じるのは、吉岡秀隆。 
  そして博士の義姉である未亡人には、浅岡ルリ子。

  「きみの靴のサイズはいくつかね?」「24です」 
  「24、潔い数字だ。4の階乗だ」 
  いつもこの言葉の掛け合いから始まる、 
  博士とお手伝いさんの一日。 
  博士の普段の生活に、数学がとけ込んでいます。


  原作の方は切なくて、悲しくて、
  それでも優しくて、あたたかくて、
  数学の世界の中の美しい言葉と、 
  その意味が本の中に散りばめられ、
  人にも勧めた大好きな本でした。 

  不思議な数字の世界、 
  そして今までになかったような、不思議な読後感。
  本では読み終わった後までも、しばらくの間は、
  ラストを思い出せば、じんわりと泣けてくる位でした。
 
  映像、音声が直に感性にくる映画とは異なり、
  本は字を介して空想することでしか、 
  心を動かすことの出来ないものなのですが、
  原作の方が感動したんです。 

  読んでから大分経っているので、 
  細かいところは忘れてしまっていますが…

  でもいい映画でした。 
  素晴らしかった本と、 
  比較してしまうからだと思います。
  本と映画、順序が逆だったら
  感じ方もまた違っていたと思います。

  キャスティングはよかったです。
  深津絵里の健気なママ、
  子役も、大人になったら吉岡秀隆になっていても、
  違和感は全くありません。 
  二人、似ていました。
  博士役の寺尾聡、もう少し年のいった俳優を、
  想定していましたが、
  背が高く、昔スポーツマンだったという設定なので、
  すんなりと役柄にとけ込んでいました。
  浅岡ルリ子も適役でした。 

  吉岡秀隆、前髪を降ろすと「四日間の奇跡」、 
  「三丁目の夕日」の茶川さんなんかより、
  すっごく可愛くて、優しい先生を演じていました。  
  √型の髪型もいいです!! 

  映像もきれいで、博士、ルート、家政婦の 
  一瞬一瞬を生きるという命の輝き。
  三人の暖かい心がやさしい感情を呼び起こさせます。
  純粋でかけがえのない友情、思いやりを
  感じることが出来、心が温まる映画でした。
   
  原作にある、どうすることも出来ないつらさ、 
  切なさ、悲しみが省略されたように思うので、 
  そのぶん、映画の方はカラッと明るく、 
  爽やかな清々しさが感じられました。
 






コメント (12)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
« なぎさ公園の菜の花 (琵琶湖) | トップ | シクラメン »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですか! (tami)
2006-01-24 22:09:57
観にいかれたんですね。



少し前に読んですごく感動したばかりです。

映画を観て、がっかりしたらどうしよう、でも観たい・・・と思っていました。



う~ん、これで観にいく決心がつきました。
観てきましたよ♪ (kazu)
2006-01-24 23:12:21
本を読まれたんですね。

博士を中心に3人の愛、

特にルートとの深い愛に

感動させられました。 

素敵な物語でしたね。 

映画もよかったですよ。

原作 (kossy)
2006-01-24 23:23:35
次々と映画を観るにつれ、読みたくなる原作が増えてきています・・・どうすることもできない辛さを味わってみたいような気分です。
こんばんは~! (kazu)
2006-01-25 00:45:38
どうすることも出来ないつらさ… 

病気はシビアです。

博士の服に付いているメモ。。。

せつなく悲しいです。
映画 (koike)
2006-01-25 14:14:29
私は、映画は、数年に一度しか観にいかないのですが、kazuさんが、たくさん紹介されているので、少し興味でてきました。

深津絵里は、チャーミングですね。

こんばんは☆ (kazu)
2006-01-25 21:46:37
劇場で観る映画はいいですよ~♪ 

koikeさんも観だしたらくせになるかも。 

深津絵里、さわやかな魅力がありますね。 



こんにちは (charlotte)
2006-01-31 15:05:11
自分勝手に想像できるので、本当は個人的に活字の世界が好きなんです。でも、この頃映画の世界にはまっております。原作に惚れてしまうことが多い私は、映画を見るために最近は後で読むようになりました。

原作、とても良さそうですね…

ようこそお越し下さいました☆ (kazu)
2006-01-31 16:15:44
映画の後では配役の人物のイメージで

読めるので理解し易いと思います。

でもそれが邪魔になることもあるかも

知れませんね。

 

博士と義妹の関係は 

もっとベールがかかっていたような~…。
優しい (はっち)
2006-02-12 09:18:50
お邪魔します~♪



最近の邦画は、お客さんが入ってますねぇ~♪大阪の映画館で観たんですが、満員でしたよ。



博士、杏子、ルートそして数学の世界・・・その絡み方が実に暖かくって、良かったです!大笑いする映画でも、号泣する映画でもなかったけど、何となく優しい気分になれる映画でした!
はっちさん、ようこそ☆ (kazu)
2006-02-12 13:37:12
コメントありがとうございました☆ 

最近は邦画でも満員が結構ありますね。

博士、杏子、ルートの数学を通しての

結びつき、優しくて暖かくて 

ほのぼのとしたいい感じの映画でしたね。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

37 トラックバック

博士の愛した数式 (ネタバレ映画館)
 この生徒たちは何年生だ?とか、ルートの本当の名前はトオルっていうんじゃないのか?などとつまらないことを考えてしまった。  80分しか記憶が持たない博士。人と接する手段として数字のことを訊ねるのです。初対面の異性と何をしゃべっていいのかわからないときに、星
【劇場映画】 博士の愛した数式 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 数学教師のルート先生は、新しく受け持ったクラスで、自分の名前の由来を語り始める。それは幼い頃、彼が大好きな博士が名づけてくれた仇名だった。シングルマザーだったルートの母は、事故の後遺症で記憶障害を負った数学博士の家で、家政婦として働き始め
「博士の愛した数式」みた。 (たいむのひとりごと)
とにかく「いいなぁー、すごいなぁー」というのが感想。いきなり休み時間の教室で、
「博士の愛した数式」 (試写会帰りに)
九段会館にて「博士の愛した数式」試写会。 原作は小川洋子の「博士の愛した数式」。小泉堯史監督。 博士の愛した数式 原作本が面白かったので、映画化されると知ってから楽しみと不安半々で楽しみにしていた作品です。キャストが寺尾聰、深津絵里という事で安心して観てい.
博士の愛した数式 (欧風)
金、土とスキーに行ってきて(1日目、2日目)、土曜は遅くても夕方には帰るかな~と思い、私のホーム映画館ではちょうどその日にこの映画の先行上映があるっていうんで、行けたら行くか!って感じだったんですが、東京に着いてみたらこの有様(*_*)。まさに想定外の出来事(
博士の愛した数式 (映画を観たよ)
数学大嫌い! でも解けたときの嬉しさはどの教科にも勝りますよね! 春の日差しの中で優しくて温かい雰囲気が漂っていました。 3分の2くらいは原作に忠実でした。 家政婦さんと√と博士の何だかのんびりした気持ちの良い空気がよく表現されていたと思います。 原作を読んだ
『博士の愛した数式』 (京の昼寝~♪)
僕の記憶は、80分しかもたない。 ■監督・脚本 小泉堯史■原作 小川洋子(「博士の愛した数式」新潮社刊)■キャスト 寺尾聰、深津絵里、齋藤隆成、吉岡秀隆、浅丘ルリ子□オフィシャルサイト  『博士の愛した数式』 数学教師のルート先生(吉岡秀隆)は、新しく受
博士の愛した数式☆独り言 (黒猫のうたた寝)
最近、忘れっぽくなってきたのは、歳を重ねたきたせいでしょうか?^^; うーーん、、、昨日の夕飯なんだっけ?くらいはたまにある(笑) でも、仕事やりっぱで別のことが重なって・・・ ちょっと前に何しようとしてたんだっけ? なぁんだ・・・80分しか記憶がもた...
博士の愛した数式(数字の中に隠されていた愛の数字) (オールマイティにコメンテート)
「博士の愛した数式」は事故で80分しか記憶が持たない数学博士とその家に雇われたシングルマザーの家政婦とその10歳の息子との日々が綴られている。
映画のご紹介(89) 博士が愛した数式 (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(89) 博士が愛した数式 虚数「i」は「愛」である。 レイトショーで「博士が愛した数式」を観た。
博士の愛した数式(映画館) (ひるめし。)
ぼくの記憶は80分しかもたない CAST:寺尾聡/深津絵里/斎藤隆成/吉岡秀隆/浅丘ルリ子 他 ■日本産 117分 この間観た「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」のアンソニー・ホプキンスも天才数学者でしかも精神病だった。 今回は記憶が80分しかもたない数学博士のお話。まる
博士の愛した数式 (cinema capsule)
80分しか記憶を覚えていない博士と家政婦親子の心の交流。 至高の人間愛が四季の移ろいと共に描かれる。 ★「博士の愛した数式」 2006年日本 118分 監督:小泉 尭史 出演:寺尾 聰    深津 絵里    吉岡 秀隆    斉藤 隆成    浅丘 ルリ子
映画館「博士の愛した数式」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
最近、記憶や数学を題材にした作品多いですよねぇ。この作品は、その両方を盛り込んだ作品ですねぇ~。 寺尾聰さんの囁くような声に途中何度か睡魔が襲ってきましたが、ゆったりとしたほのぼの気分になれる作品です。私の好みでいうと、もう少し「記憶が80分しか持たな...
【劇場鑑賞7】博士の愛した数式 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
220:1+2+4+5+10+11+20+22+44+55+110=284 220=142+71+4+2+1:284 ・・・友愛数だ 神の計らいを受けた、絆で結ばれた数字なんだ。 私とルートにとって 博士と過ごしすひとときは 本当に、大切な時間でした・・・
博士の愛した数式 (シャーロットの涙)
数字に込められた神秘的な世界を、温かい心で魅せられてしまった。博士の愛した数式の意味は完全には理解していないけど、確実に感じる事ができた。これは本当に見てよかったと思えた唯一の邦画作品。 交通事故で天才数学者の博士は記憶が80分しかもたない。何をしゃべって
『博士の愛した数式』売上No.1に (Aliiyブログ)
博士の愛した数式 小川 洋子 今日のランチはイタリアンのブッフェでした。 女性ばかりの『Aliiy』編集部のお昼は、結構華やかで開拓しまくり中です。 こんにちは~。今週末はプライベートで映画を見に行く予定のHIROMIです。 久しぶりに一般の劇場です。 近年
感動は深く静かに…「博士の愛した数式」 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 実に静かな映画だった。激しい愛の言葉もなければ、憎悪も嫉妬もない。死の場面もなく、ラブシーンもない。淡々と日常を追っただけなのに…。それでも、心を打つ、深く静かに、強く。「博士の愛した数式」(小泉堯史監督)はそんな佳作だった。80分しか記憶が持たない稀.
博士の愛した数式 (Enjoy Life♪)
ある日、若いシングルマザーの家政婦は、 ここ数年間で担当が9人も替わったという顧客を紹介される。 面接のために派遣先を訪れた彼女を迎えたのは 上品な身なりのご婦人―未亡人だった。 母屋に住む未亡人は、世話をするのは離れに暮らす義弟であること、 離れの問...
博士の愛した数式 (漢方薬剤師の日々&映画)
こんなに淡々と美しく、心洗われ素直に涙が流れる映画は久しぶりです。 『とても潔い数字だ』なんていわれると、すごくほめられたみたいで不思議ですね。 『友愛数』なんて命名した数学者はなんとロマンティックなんでしょうか。 『なんにも役に立たない数学』に哲学や自然
『博士の愛した数式』  数に込められた神秘、人に‘詰まった’優しさ。 (enjoy! MOVIE☆LIFE)
小川 洋子 博士の愛した数式 ?? (画像は原作) 出演■寺尾聰、吉岡秀隆、浅丘ルリ子、深津絵里 監督■小泉堯史 <ストーリー> 家政婦をしている杏子はある日、80分しか記憶を保つことが出来ない「博士」と呼ばれる気難しい数学者の世話を任される。彼と
『博士の愛した数式』 (Simply Wonderful ~Diary & Hobby etc...~)
数学ってこんなに素敵なものだったんだ。 この映画にもっと早く出会いたかった。 例えば高校受験の時…。 大学受験の時ならなお一層良かったかもしれない…。 不謹慎だけど、上映中そんな思いに囚われること数度…。 『博士の愛した数式』 机に向かって数字と睨めっこして
能「江口」はオイラーの公式の「解」だった (再出発日記)
月一回、映画好きが集まっておしゃべり会をしている。今日は午後から三々五々やってきて、最終的には老若男女8人が熱心な話をした。本当に映画を好きな人間が思いっきり映画のことを話すことの出来る場所というのは、実はほとんど無い。私の知り合いはみんな私が映画を良...
★博士の愛した数式@品川プリンスシネマ:サービスデー午後 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
先週までの寒さが嘘のように暖かな春のような日だった今日、風邪も治ってきたので久しぶりのレディースデーを満喫してきた。 映画は『博士の愛した数式』。 今日の日のような柔らかな暖かい物語だった。
博士の愛した数式 (八ちゃんの日常空間)
本年映画鑑賞70本目、うち劇場観賞30本目。ラストのキャッチボールのシーンで一粒涙がこぼれた。 映画は主人公ルートの数学の授業の初日で、自分がなぜ数学とかかわったのか、というエピソードを語るような形で話が進んでいく。 義理の姉と離れで暮らす数学者は交通事故で.
「博士の愛した数式」見てきました (よしなしごと)
 芥川賞作家・小川洋子のベストセラー「博士の愛した数式」の映画化。原作は第一回本屋大賞(いわゆる「本屋さんが選んだ大賞」)に輝いたことでも有名。と言うわけで博士の愛した数式に行ってきました。
『博士の愛した数式』(小川洋子 著)感想(^^)☆ (『ラスト・ワールド』(奥の寄り道☆))
  ☆映画のあらすじ☆  数学教師のルート先生は、新しく受け持ったクラスで、自分の名前の由来を語り始める。それは幼い頃、彼が大好きな博士が名づけてくれた仇名だった。シングルマザーだったルートの母は、事故の後遺症で記憶障害を負った数学博士の家で、家政婦として
博士の愛した数式 (まつさんの映画伝道師)
第341回 ★★★☆(劇場)  学校で習ったことは役に立たない、だから勉強なんて必要ないという人は多い。  国語における漢字の書き取りや算数の足し算引き算などは生活に活かされているけれども、中学・高校における数学の公式や理科の化学記号などは知らなく.
映画「博士の愛した数式」 (&財興団)
コラム八方ビジョン(159)映画批評ファイル003【博士の愛した数式】   新潮文庫では史上最速の2ヶ月で100万部を突破した作品の映画化。以前、文庫本の感想文をエントリーしたのでそちらも参考のこと。家政婦の「私」を視点として物語が進行した原作とは異.
映画「博士の愛した数式」 (&財興団)
コラム八方ビジョン(159)映画批評ファイル003【博士の愛した数式】   新潮文庫では史上最速の2ヶ月で100万部を突破した作品の映画化。以前、文庫本の感想文をエントリーしたのでそちらも参考のこと。家政婦の「私」を視点として物語が進行した原作とは異.
《読書》博士の愛した数式:小川洋子著 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
2月に、映画『博士の愛した数式』を見た。 見終わった途端、無性に原作を読みたくなって、自宅から一番近い区立図書館に行った。 館内パソコンで「博士の愛した数式」と入力し検索をかけてみたら、貸出中だったので予約を入れた。 予約者数25名。 私は図書館のカウンター.
『博士の愛した数式』・劇場 (しましまシネマライフ!)
今日は『博士の愛した数式』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 763席ある大きな劇場で1
NO.147「博士の愛した数式」(日本/小泉堯史監督) (サーカスな日々)
丁寧に丁寧に、書き言葉が話し言葉に、 置き換えられていく。 小説を原作にした映画作品は多くあるが、僕は、ここ数年の邦画で、これほど原作がもっている気品を大切にしながら、当の作家も感動するような、映像化に成功した例を知らない。書き言葉を、話し言葉に ...
映画 博士の愛した数式 (FREQUENCE.)
博士の愛した数式公式サイト レンタル開始日: 2006年07月07日 DVD発売日:2006年7月7日 販売価格:¥ 3,905 (税込み)-Amazon- 製作年: 2005年 公開: 2006年01月21日 製作国: 日本 配給: アスミック・エース エンタテインメント 収録時間: 117分 出演者: ...
博士の愛した数式 (自宅でDVD三昧!~映画・ドラマどんと来い!)
 交通事故の後遺症で、天才数学者の博士(寺尾聰)は、記憶がたった80分しかもた...
博士の愛した数式 (<花>の本と映画の感想)
博士の愛した数式 監督 小泉堯史 出演 寺尾聰  深津絵里  齋藤隆成  吉岡秀隆 浅丘ルリ子 80分しか記憶の持たない天才的な数学博士のところに新しい家政婦がくる。家政婦のひとり息子ルートも博士の家を訪れるようになり、家族的なつきあい ...
博士の愛した数式 (日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。)
昨日、この映画が放送されていました ? タイトル:博士の愛した数式 ? 主演:寺尾聰 出演:深津絵里、吉岡秀隆、浅丘ルリ子 80分しか記憶が持たない先生に、家政婦の杏子(深津絵里)が、 雇われるんだけど、なんだかよくわかんねぇー話だったなぁー。 ...
博士の愛した数式 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 試写会3連チャンの最終日は、今年初の邦画試写会です♪「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」に次ぐ数学モノ。  コチラの方が、さらに数学のお話は多いですし、まるで博士(寺尾聰)や√先生(吉岡秀隆)の講義を受けているかのような感じを受けます。  それでも、数...