花ごよみ

映画、本、写真など・

官邸襲撃   高嶋 哲夫

2019-01-12 | 本 さ、た行(作家)

官邸襲撃

武装テログループが首相官邸を占拠。
人質となったのは
総理大臣、米国務長官、駐米大使等。

たった一人でテロリスト立ち向かう
日本初女性首相付きの
女性警護官、夏目明日香。

武装したテロリスト集団VS女性警護官。

日米政府間の連携の悪さから、
あらゆる作戦は失敗。

物語の内容としては結構よくある話。

テロ集団の探す人物、(プリンセス)は、
早い段階で分かりました。

スピード感のある展開なので
楽しく読めましたが、
単身テロリストに対し立ち向かうことになった
主人公がスーパーウーマン過ぎて
リアリティーがなく、
それゆえ安心して読めるという
利点もありました。



『小説(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 骨を弔う  宇佐美 まこと | トップ | スケルトンキー 道尾秀介 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本 さ、た行(作家)」カテゴリの最新記事