花ごよみ

映画、本、写真など・

神去なあなあ日常 三浦しをん

2014-02-21 | 本 ま、や行(作家)


神去なあなあ日常 (徳間文庫)

都会で生活していたが、
高校卒業後の就職に際して
横浜から神去村に送り込まれた勇気。

見習いとして林業に関わることになり
最初は慣れない仕事に戸惑います。

脱走を企てたり、
悪戦苦闘しながらも
山の生活に慣れていき、
成長していく物語です。

林業がテーマの小説で、
楽しくて心温まる話が
詰まっています。

主人公勇気が同居している、
林業の申し子の兄貴分のヨキ。
繁ばあちゃん達村の人々、
犬のノコまでが魅力的。
生きていく力を感じ取れるストーリーです。

魅力のある神去のそれぞれの四季。
神去村の日常のゆったりとした時の流れ
自然の厳しさ、
優しさが描かれていますが、
おまつりはかなり怖いです。
実際にあるのかな?

「なあなあ」という言葉も
のどかでいい言葉です。

テンポもいいので、
楽しく読むことができました。
爽やかな気分になります。

「神去なあなあ夜話」という
第二弾もあるようです。





コメント (4)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 東大寺二月堂  三月堂  戒壇院 | トップ | 土竜の唄 潜入捜査官 REIJI »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (苗坊)
2014-02-22 12:17:44
こんにちは^^
林業は全く未知なる世界だったので、知らない世界を教えてくれてしをんさんありがとうと思いました^^
勇気もいい子でしたよね。林業に向いていたんだろうなと思います。
続編も良いですよ^^
映画化されるんですよね。ちょっと気になってます。
苗坊さんへ (kazu)
2014-02-22 23:52:53
こんばんは

林業について書かれた小説は
あまりないですね。
勇気は結構純粋でいい子ですね。
続編読まれたんですね。
良かったんですね。
私も読みたいです。
映画化、予告見ましたが
面白そうです。
Unknown (yori)
2014-02-27 21:59:03
kazuさん こんばんは
へえ~ 映画化されるんですね!
この作品、映像化したら案外面白いかもですね!! 第二弾も面白かったですよ!!!
yoriさんへ (kazu)
2014-02-27 23:10:54
こんばんは

映画化されます。
きっと面白いでしょうね。

第二弾もう読まれたんですね。
第二弾、図書館で予約していたのが
貸出準備OKのメールがきました。
楽しみです。

コメントを投稿

本 ま、や行(作家)」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

神去なあなあ日常/三浦しをん (本と映画、ときどき日常)
高校を卒業しプータローになるつもりだった青年が、山奥におる村で林業に従事することに。 そこで出会った個性溢れる人達。 『船を編む』の”林業版”といったところでしょうか。 といってもこっちのが先なんだけど(笑 林業をベースにした小説を読むのは初めてで新...
神去なあなあ日常 三浦しをん (苗坊の徒然日記)
神去なあなあ日常 オススメ! 美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。 先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。 しかも村には秘密があって…!? 林業っておもしれ~! 高校卒 ...
神去なあなあ日常 (Akira's VOICE)
三浦しをん 著 
『神去なあなあ日常』 三浦しをん (みゆみゆの徒然日記)
 今年『舟を編む』が映画化・公開されましたが、ほかにも映像化が相次ぎ話題作ばかりの三浦しをんの著書を久しぶりに読みました。『舟を編む』も気になってはいるので、そのうちに読みたいとは思っていますが、まずこちらを。「なんだ?このタイトル?」と謎に思いますよ...
森は生きている~『神去なあなあ日常』 (真紅のthinkingdays)
 横浜の高校を卒業し、フリーターになるつもりだった勇気は、三重県の山奥に ある神去村で働くことになる。そこは林業で生計を立てる人々が暮らす、携帯の 電波も届かない場所。。  三浦しをんさんの小説を初めて読んだ気がする。「腐女子」であることをカミン ...
林業に賭ける青春 (活字の砂漠で溺れたい)
青春小説は良い。 熱血も良いし、マニアックな奴も良いけれど、 やっぱりストレートで一生懸命な奴が良い。 三浦しをんさんの青春三部作、 第一弾は「風が強く吹いている」 駅 ...
神去なあなあ日常  三浦しをん/著  徳間書店 (西京極 紫の館)
【紹介文】 美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。 ...
神去なあなあ日常 (風竜胆の書評)
 都会育ちの青年が、林業の魅力に目覚めていく様子を描いた、「神去なあなあ日常」(三浦しおん:徳間文庫)。主人公の平野勇気は、高校を卒業した後は、フリーターでもして ...