花ごよみ

映画、本、写真など・

容疑者Xの献身

2008-10-08 | 映画
 

原作は東野圭吾の小説。

本の方はすでに読んでいるので
ストーリーは分かっています。

どういう風に映画化されているのか
見届けたくて観に行きました。

 

石神が堤真一が演じる?
それを知ったときは、
あれっ、ちょっと石神のイメージと、
違っているのではないかと、
危惧していましたが、
映画を見てその不安は払拭されました。

うつむき加減の姿勢、
人生に疲れたような表情…。
とにかく、お見事!と拍手を送りたいほど
石神になりきっていました。

 

ストーカーのようなそぶりまでしての
献身的な深い愛。

生きるエネルギーを与えてくれた
隣人を守りたい。

恋ではなくて愛。
それもひとりよがりの…。
ほんとに切なさがあふれていました。

手紙のシーンは本の時も
泣けましたが、
映画でも同じシーンで涙が出ます。
ラストの予想通りの、
慟哭シーンもまた同じです。

唐突な雪山のシーンは、
もしかしたら事件の解決が、
雪を利用しての隠蔽工作とか、
原作とは別の方向に、
進んで行くのではないかと
勘ぐりました。
湯川学(福山雅治)の身の危機まで
感じてしまいましたが、
そういうことはなく大丈夫でした。
当たり前ですが…(笑)

人気TVシリーズとは、
この映画は別ものだと思いました。

【献身】というテーマについては、
原作に忠実に、映画化されていました。

本の感想は→こちらです。


コメント (8)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
« ホテイアオイの花が咲きました! | トップ | 大同生命ビルとモンシュシュ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よかったですね! (よりりん)
2008-10-09 03:09:07
私も、行って来ましたよ~w
よく出来た映画でしたね!!
今回、研究所の場面が少なくて、シリアスを前面に押し出した感じでしたが、くら~い感じなのに、時間を感じさせなくて・・・。
あっという間の2時間でした。
主役3人の演技が光りましたね!!
本は読みました~。 (たんぽぽ)
2008-10-09 11:33:39
私も本は読みました。
確かに、どんな風に映画になっているのか楽しみです。
たしかに石神と堤真一とは、イメージが
ずいぶん違ってますね。
もっと、さえないおじさんっぽい人の方が。。

でも、さすが俳優さん、どんな役でもきっと
こなされるのでしょうね。

ますます見たい映画が増えました~。
よりりんさんへ☆ (kazu)
2008-10-09 20:39:46
こんばんは~!

やっぱり、
よりりんさんも行かれたんですね!!
テレビと違ってシリアスでした。
時間のたつのは早く
感じられました。
内容を知っていても
映画の中に入っていけましたね。

たんぽぽさんへ☆ (kazu)
2008-10-09 20:43:29
こんばんは~!

本の石神と堤真一、まったく
イメージが違っていましたね。
でも映画では違和感は感じられなかったです。
堤真一が演じてくれて
よかったと思えるくらいでした。

見たい映画いっぱいあって
困りますね!!
こんにちは! (kira)
2008-10-10 17:09:53
原作を全く知らないで観たのに、
けっこう文句を付けてる記事ですが、
石神のひた隠す、無償の愛にやられました。
TB,させて下さいね~。

原作ファンの方のレビューを目にするうちに、
私としては珍しく、読んでみようかという気になりました。
ただ、眼がかなり悪くなって活字離れをして久しく、
読破出来るか、自信がないですが
kiraさんへ☆ (kazu)
2008-10-10 23:19:39
こんばんは~!

TBどうもありがとうございます。

石神の深すぎる愛、
いろいろ考えてしまいますね。
ほんと献身です。

眼、大事になさって下さい。
私も結構酷使していますが…。
Unknown (そら)
2008-10-12 11:05:25
KAZUさん,こんにちはっ♪

私も同じ日に同じ映画を観てきました。
堤真一,ホントに「石神」でしたね~♪
原作では感動に流されてしまいがちな
石神の愚かさというかひとりよがりなところもきっちり演じられていたように思います。
これは原作者も満足でしょ~と思ったのでした(*^_^*)
そらさんへ☆ (kazu)
2008-10-12 19:31:40
こんばんは~!

TBありがとうございました。

同じ日に、同じ映画。
偶然ですね!
石神の悲しいほどの愚かさが
つらかったですね。
ほんと堤真一、
石神になりきっていて見事でしたね。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

43 トラックバック

容疑者Xの献身 (関西おいしいもの♪)
◎容疑者Xの献身 監督 西谷弘 原作 東野圭吾 出演 福山雅治 、 堤真一 、 松雪泰子 、 北村一輝 、 柴咲コウ 制作 2008年 日本 128分 ...
「容疑者Xの献身」完全犯行トリックの末にみた湯川が導き出した底辺×高さ÷愛の答え (オールマイティにコメンテート)
「容疑者Xの献身」は東野圭吾の物理学者湯川シリーズ「容疑者Xの献身」を映画化し2007年10月からフジテレビ月9で放送された「ガリレオ」の劇場版で天才物理学者湯川学が天才数学者石神哲哉の仕組んだ完全犯罪に対して物理学で謎を解いていく作品である。「ガリレオ...
劇場鑑賞「容疑者Xの献身」 (日々“是”精進!)
「容疑者Xの献身」を鑑賞してきました変わり者の物理学者、湯川学が難事件を解決する東野圭吾の「探偵ガリレオ」シリーズを、福山雅治主演でTVドラマ化した「ガリレオ」の劇場版。今回の原作は、小説シリーズ中、初長編にして、第134回直木賞に輝いた同名小説。TV...
『容疑者Xの献身』 (京の昼寝~♪)
 □作品オフィシャルサイト 「容疑者Xの献身」□監督 西谷 弘□脚本 福田 靖 □原作 東野圭吾(「容疑者Xの献身」文藝春秋刊) □キャスト 福山雅治、堤 真一、松雪泰子、金澤美穂、柴咲コウ、北村一輝、渡辺いっけい、真矢みき、ダンカン、長塚圭史、益岡徹、...
人の心は計算できない。『容疑者Xの献身』 (水曜日のシネマ日記)
第134回直木賞を受賞した東野圭吾の小説を映画化した作品です。
容疑者Xの献身 (いい加減社長の映画日記)
ポイントが溜まっていたので、公開初日の朝一で「容疑者Xの献身」を鑑賞。 テレビでも好きで観ていたので、公開を楽しみにしてました♪ 「UCとしまえん」は、そんなに多くないかな。 「容疑者Xの献身」は、大きめのスクリーンで、6割程度。 【ストーリー】 顔がつ...
容疑者Xの献身(2008年) (勝手に映画評)
フジテレビで放映され、大ヒットした『ガリレオ』の映画化。って言うより、東野圭吾の探偵ガリレオシリーズの中の長編『容疑者Xの献身』の映画化と言った方が正しいんでしょうかね?  テレビの際も(元々原作には居なかった”内海薫”とか、”城ノ内桜子”とかの女性登...
容疑者Xの献身 (せるふぉん☆こだわりの日記)
10月4日公開初日「容疑者Xの献身」を見てきました。 一番大きいスクリーンでした
舞台挨拶へは行けなかったので、「ガリレオφ」を見てからのんびり観に行った『容疑者Xの献身』 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
10/4に公開された『容疑者Xの献身』だが、舞台挨拶へは行けなかったので、同じ日に放送された『ガリレオφ』を見てから、ゆっくり観に行った(爆)映画『容疑者Xの献身』公開記念10/4はガリレオの日!『ガリレオφ エピソードゼロ』サークルKサンクスで発売中のタイアッ...
容疑者Xの献身 (5125年映画の旅)
顔を潰され、指紋も焼かれた全裸死体が発見された。警察は遺体の男性の身元を特定し、彼の別れた妻を容疑者として捜査するが、彼女には完璧なアリバイがあった。女性刑事・内海は大学教授の湯川にアドバイスを求める。湯川は気まぐれから捜査に協力するが、容疑者の近...
容疑者Xの献身 (映画鑑賞★日記・・・)
2008/10/04公開(10/04鑑賞)製作国:日本監督:西谷弘出演:福山雅治、柴咲コウ、北村一輝、松雪泰子、堤真一、渡辺いっけい、品川祐、真矢みき その謎を、愛そう。 ガリレオが苦悩する、その謎とは?  
容疑者Xの献身 (to Heart)
その謎を、愛そう。ガリレオが苦悩する、その謎とは? 製作年度 2008年 映時間 128分 脚本 福田靖 監督 西谷弘 原作 東野圭吾『容疑者Xの献身』(文藝春秋社刊) 音楽 菅野祐悟/福山雅治 出演 福山雅治/柴咲コウ/北村一輝/松雪泰子/堤真一/ダンカン/長塚圭史/益岡徹/...
「容疑者Xの献身」 愛は割り切れない (はらやんの映画徒然草)
昨年テレビシリーズが放映された「ガリレオ」の劇場版です。 テレビシリーズは毎回欠
容疑者Xの献身 (Diarydiary!)
《容疑者Xの献身》 2008年 日本映画 テレビドラマ《ガリレオ》の映画化、物理
容疑者Xの献身 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
東野圭吾さんのガリレオシリーズ『探偵ガリレオ』『予知夢』『容疑者Xの献身』は読みました~で、、、≪第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞≫を受賞し、『~運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪~』というキャッチコピーの元、涙なくしては読めない―という超人気作...
★「容疑者Xの献身」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。 いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。 本日の2本目は、フジテレビの人気ドラマシリーズ「ガリレオ」の映画化。 映画主演は確か初めての福山雅治と、ひらり...
容疑者Xの献身 (Akira's VOICE)
献身る(まもる)  
「容疑者Xの献身」  感情にうごかされた二人の天才・・・・。 (追記) (取手物語~取手より愛をこめて)
『化学で証明できないものは、理解できないくせに・・・。』
「容疑者Xの献身」みた。 (たいむのひとりごと)
TVシリーズは先日の一挙再放送を見直したが、原作は未読まま。高視聴率のドラマが当たり前のように映画化されるこの頃だが、「ガリレオ-容疑者Xの献身」というタイトルで無かったことは正解だったように思う。福
映画「容疑者Xの献身」 (FREE TIME)
話題の映画「容疑者Xの献身」を鑑賞しました。
映画「容疑者Xの献身」 (日だまりで読書)
堤真一,いいわ~(*^_^*) この映画,感動仕立てにしなかったところがよかったと思います。 純粋だからこその愚かさと,純粋だからこその美し...
容疑者Xの献身 (Memoirs_of_dai)
TV局製作映画の中では実に面白い 【Story】 惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進...
天才数学者 vs 天才物理学者【容疑者Xの献身】 (犬も歩けばBohにあたる!)
テレビドラマも高視聴率を納めた『ガリレオ』の映画版。 原作は本作で直木賞受賞した
容疑者Xの献身 (ネタバレ映画館)
ありえない、わからない、おもしろい・・・
『容疑者Xの献身』@日劇 (映画な日々。読書な日々。)
天才物理学者・湯川教授が生涯で唯一天才と認めた男・天才数学者の石神哲哉は、娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子に淡い思いを抱いている。ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、どこへ引っ越しても現れては暴力を振るっ...
【映画】容疑者Xの献身 (新!やさぐれ日記)
■動機 原作の補填と福山視点でのシナリオ再構成 ■感想 随分と原作を丁寧に扱った ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ■あらすじ 惨殺死体が発見され、草薙俊平(北村一輝)は後輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻(松雪泰子)の...
容疑者Xの献身 (Sweetパラダイス)
愛しの福山さんをスクリーンで堪能してきましたやっぱスクリーンで見るのはいいわミステリー作家・東野圭吾の直木賞作品「探偵ガリレオ」シリーズを原作とする人気ドラマの劇場版。福山雅治演じる天才物理学者・湯川学が、卓越した推理力で難問に挑む。顔をつぶされ、指を...
「容疑者Xの献身」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
**************************** 男の絞殺死体が発見された。顔が潰され、指を焼かれたその男の身元は、富樫慎二(長塚圭史氏)と判明。捜査に乗り出した貝塚北警察署の刑事・内海薫(柴咲コウさん)は、富樫の別れた妻・花岡靖子(松雪泰子さ...
『容疑者Xの献身』劇場鑑賞 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
無料鑑賞券の期限切れ間近の主人が、「午後から有休とって見に行ってくる!!」 と、勢よく言ってたわりには。。。一人で行くんじゃないんだぁ~ 私にも声かけてくれので、お供しました.。゜+..。゜+.  .。゜+..。゜+(C)2008フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS2...
映画『容疑者Xの献身』 (闘争と逃走の道程)
 直木賞を受賞したミステリー小説の映画化であり、かつフジテレビのいわゆる「月9」枠連続ドラマ『ガリレオ』の映画版でもある、そんな作...
容疑者Xの献身 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
05年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。 果たしてガリレオの前に立ちはだかる天才数学者・石神哲哉とは一体どんな人物なのか? 天才と天才の哀しき闘いが...
容疑者Xの献身 (福山雅治さん&堤真一さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆福山雅治さん(のつもり) ◆堤真一さん(のつもり) テレビドラマ『ガリレオ』の劇場版『容疑者Xの献身』に、福山雅治さんは湯川学 役で、堤真一さんは石神哲哉 役で出演しています。 先日、仕事の合間をぬって、ようやく映画館に観に行くことができました。 ●導入部...
容疑者Xの献身 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  原作者は東野圭吾さんで、この作品で第134回(2005年下半期)直木賞を受賞しているが、本作での受賞というよりは、それまでの実績が評価されての受賞だと思う。そもそも本作は、探偵ガリレオシリーズ第3弾ということで、シリーズものが嫌いな僕には興味の
「容疑者Xの献身」 主人公は堤真一と松雪泰子 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ)
大好きな東野圭吾さんの直木賞受賞作。すぐにでも観に行きたかったが、諸々あってこんな時期になってしまった(T_T) {/映画/}数学者の石神が密かに想いを寄せる隣人の女性が、元夫を殺してしまう。石神はその天才的な頭脳で警察の動きを先読みし、彼女の容疑を見事に晴...
容疑者Xの献身 (Yuhiの読書日記+α)
第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞に輝いた東野圭吾の同名小説を映画化したもの。この作品に登場する物理学者湯川が謎を解く「探偵ガリレオ」「予知夢」も以前ドラマ化され、高視聴率を取っていましたね。 監督は西谷弘、キャストは福山雅治、柴咲コウ、堤真一、...
誰も幸せになれない結末。~「容疑者Xの献身」~ (ペパーミントの魔術師)
大概のひとはドラマ「ガリレオ」のスペシャル版 THE MOVIEのつもりで行ってる・・のかな? としたら、 あの葵の印籠みたいなシーン(爆)はないので あしからず。 ドラマの持っていた、軽さとか派手さよりも 原作に近いつくりになってたんじゃないですかね? 容疑者Xの...
『容疑者Xの献身』 2008-No78 (映画館で観ましょ♪)
迷って選んで観た映画。 空いているかと思ったら、予想以上に人が居て驚きました! コロンボとか古畑とか、 犯人が判って始まる...
「容疑者Xの献身」 主役は堤真一 (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
りょうたが観たがっていたのに、休みの日は野球があるのでなかなか行けなかった作品。 もうすぐ終わりそうなので、大慌てで行って来た。 新春第一弾の劇場映画はコレ「容疑者Xの献身」 いやー、さすが上手いよ、堤 真一。 さすが年間興行収入第4位なだけある!
容疑者Xの献身 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
「面白い」(福山の声色で) 容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]posted with amazlet at 09.03.19ポニーキャニオン (2009-03-18)売り上げランキン...
「容疑者Xの献身」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
堤真一が良かったなぁ~・・。切ない・・。
◆映画・容疑者Xの献身 (映画大好き☆)
容疑者Xの献身監督:西谷弘出演者:福山雅治、 柴咲コウ、 松雪泰子、 堤真一収録時間:128分レンタル開始日:2009-03-18Story東野圭吾の直木賞受賞作を、福山雅治と柴咲コウ共演で映画化。貝塚北警察署の刑事・内海から殺人事件の相談を受けた湯川学は、かつての親友であ...
『容疑者Xの献身』’08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ惨殺死体が発見され、内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事...
「容疑者Xの献身」(日本 2008年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
数学者と物理学者。 同期の天才ふたりの頭脳合戦の果て。