最近の政治に喝!(何も考えない政府の御用新聞に喝!テレビ報道に喝!)

日本人は世界一新聞記事を信じ幼稚すぎるぞ今の政治は最悪だ・、自分史《大リストラを生き残った男の話》を読んで下さい

民主主義は帝国主義(独裁国家)に敗退する運命にある理由

2019年05月12日 | 経世済民=政治=経済

 日本が中国の属国になる日も近いかも??

2018年7月に私のブログで(アメリカが中国に関税を架ける理由)を書きましたら今でも読者の多い事に驚いています。世界の経済学の間違いでデフレから脱却できない日本はあわれです、アメリカではMMT(現代貨幣理論)がアメリカ上院で議論されているのにデフレにあえぐ日本がこんな根本問題がないがしろにされ与野党ともに今の経済学を信奉するのでしょうか、勉強嫌いの議員ばかりなのかそれともデフレで金儲けに専念できる人たちだけの国会なのでしょうか。私は議員が怠慢であるのだと思います。仏教では人間は全てどうしょうもない悪人であると断言されているが、そのとおりであると感じる今日この頃です。中国は日本からの援助を最近まで受けていた国です、独裁者の才能で世界の技術をどんどん取り入れて国民の人権などもなく独裁者の意のままに経済を発展させたのです。独裁者万歳ですか。私は国策に反対するする人は容赦なく投獄する独裁国家は幼少期に経験しましたが恐怖の政治と感じていました。早く日本もMMTを勉強し国の借金などの空言を信じない真の経済を理解し経世済民を実行して欲しいものです、公共投資や科学技術投資をどんどん増やし世界のリーダーの国となる様政治をやって欲しいものです。

MTTで検索すると天動説が地動説に代わる事と同じことが経済学で起きていると書いてあります以下コピー  

(科学が発達し、言論の自由が保障されている現代において、「貨幣」という経済の最も基本的な制度に関して、経済学の主流派が「天動説」のごとき間違った理論を信じているというのは、驚きである。なお、黒田総裁率いる日本銀行は、2013年から量的緩和(準備預金の増加)を実施し、貨幣供給量を増やしてデフレを克服しようとしてきたが、結果は、周知のとおり失敗に終わっている。失敗した理由は、貨幣について正しく理解している者には、おのずと明らかであろう。デフレ下では、企業など借り手に資金需要が乏しい。それゆえ、銀行は貸し出しを増やすことができないので、貨幣供給量は増えないのである。)         END

コメント   この記事についてブログを書く
« 狭い庭に花木が100種以上ある... | トップ | スマホ/ガラ携/PCの通信料... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

経世済民=政治=経済」カテゴリの最新記事