カープな毎日

カープファンのひとりごと。

辛うじて逃げ切り2連勝

2018年07月04日 22時06分08秒 | 試合結果
ヤクルト 000 000 002 2
広島 200 020 00X 4
勝利投手:ジョンソン5勝2敗
敗戦投手:ブキャナン6勝5敗
セーブ:中崎21S
本塁打:[広島]田中4号

 打線は、初回に田中の先頭打者本塁打で先制すると、更に菊池の2塁打と丸の適時打で1点を追加しました。なおも四球などで1死2,3塁の追加点機でしたが、野間と西川が倒れて2点止まりでした。
 3回にも安打と四球で2死1,2塁としながら、野間が凡退してブキャナンから追加点を奪えませんでした。

 先発のジョンソンは、初回を3者連続三振に斬ると、4回までパーフェクトに抑える素晴らしい投球でしたが、5回に2塁打打たれ無死2塁のピンチを招くも、後続を断って無失点で切り抜けました。

 直後の5回裏に安打に敵失が絡んで無死3塁のチャンスを貰うと、丸の適時打と鈴木誠の適時2塁打で待望の追加点となる2点を挙げました。
 続く6回には2番手星から、2死後に安打と連続四球で満塁のチャンスを作りましたが、丸が二ゴロに倒れて追加点を挙げられず、7回と8回はヤクルト中継ぎ陣の前に無安打に抑えられてしまいました。
 
 ジョンソンは、6回から8回までを1安打1四球無失点に抑えると、9回もマウンドに上がりましたが、連打と暴投で無死1,3塁のピンチを招き、内野ゴロの間に1点を失い、続く山田哲に安打を打たれて1死1,3塁となったところマウンドを中崎に譲りました。
 このピンチで中崎は、バレンティンに適時打を浴びて1点を失って2点差に詰め寄られ、2死後に四球を与えて満塁とピンチを拡大させてしまいましたが、最後は川端を三振に抑えて、リードを守り切って逃げ切りに成功し、チームを2連勝に導きました。


 今日の試合はジョンソンの好投に尽きます。昨日の中止でスライド登板となり、コンディションに不安がありましたが、球威、制球とも抜群で、初回に三者連続三振を奪う最高の立ち上がりを見せると、4回まで外野にさえ打球が飛ばず、ヤクルト打線を完璧に抑えました。
 味方打線が、初回に2得点以降、チャンスを作りながら追加点を奪えず嫌な雰囲気になりかけた5回に、無死2塁のピンチを招きましたが、首位打者の坂口を捕邪飛に打ち取り、四球を挟んで川端を三振併殺に抑えて、流れを引き戻して、直後の追加点に繋げました。
 9回は疲れが出たのか、3安打を浴びて2点を失ってしまい、完封・完投を逃してしまいましたが、9回1/3を5安打2失点は素晴らしい投球でした。
 前回登板が3回5失点で降板していたので、心配していましたが、今日の投球内容を見る限り何も問題ありませんね。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 新外国人ヘルウェグ投手が入... | トップ | 今季7試合目の雨天中止 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

試合結果」カテゴリの最新記事