たきゆの徒然日記

ゲーム、アニメなど趣味を思いのままに書いています
好きな作品はMGS、CODシリーズ。Fate、結城友奈は勇者である

ゆゆゆ本編好きなセリフベスト3

2016-11-24 21:48:53 | 結城友奈は勇者である
なるものがツイッターで流行っていたので便乗してみる


良いセリフが多すぎて3位に絞れませんが直感で決めます
自己満補完込み込みの内容なので注意


・3位は 11話夏凜の「馬鹿ね…」
3話でも同じセリフを夏凜は呟きます。同じセリフでも中身に込めた感情が全く違う演出がぐっときますね
主観込みで細かく紐解くと、3話の馬鹿ね…は勇者部と自身に向けた言葉であり、勇者部というグループを外側から評価した際に放たれた言葉
「世界の一大事だというのに呑気な事をして…でも、初めて体験したこの空気感も悪くはない」
そういった想いが込められています

11話の馬鹿ね…は主に自分に向けて放たれた言葉
気づいた時には既に勇者部の一員となっていた自分に対して大赦の勇者(外部)からの視点ではなく、勇者部の勇者(内部)から勇者部に染まっていた自身に放たれた自嘲の言葉
3話から11話までの夏凜成長物語を3文字に凝縮した深い言葉になっています



・2位 12話の東郷さんの「自分の涙の意味が分からないのっ!」
東郷さんが11話で東郷の乱を引き起こした最大の理由はわすゆ時代の記憶を神樹に供物として奪われたからだと個人的に考えます
身体機能を奪われただけだとあそこまで乱心しなかったのではないか
人間の一番の恐怖は無知である事だと思います
知らない、わからない事が一番怖い
知らないからこそ、無知である事がどれだけ怖いか尚更わからない

また、東郷さんがこの先、勇者として戦い続け最も恐れた事が友奈に自分の事を忘れられる事です
だからこそ友奈と東郷さんの12話での夫婦喧嘩では「忘れる、忘れない」という事が論点となっていた
最終的には友奈がDVからの抱きしめプラス優しい言葉、ずっと側にいるから忘れないという根性論のパワープレイで癇癪起こした奥さんをなだめる事に成功して

あれ、話が変な方向に行きかけているので軌道修正して1位へ



・1位 12話友奈の「もう迷わない。勇者部は、東郷さんは私が守る!!」
友奈らしさが節々に表れている一番好きな言葉です

友奈だけ、東郷さんの凶行に対して一貫して「どうして止められなかったのか?」ではなく「そんな思いに至る東郷さんを一番側に居たのに、なんで気づいてあげられなかったのか…どうして守れなかったのか?」なんですよね
風も樹も夏凜も東郷さんの事は大切なかけがえのない仲間だと感じてる。だけど先行する思いは世界の危機を防ぐ為に東郷さんを止めること、であった

そこにきて、友奈だけは最初から東郷さんを守る事に着眼していて、だからこそ守れなかった事に対して、「自分は友達失格だ」と友奈らしい挫折により一時変身出来なくなる

夏凜の友奈奮起の部分も書くと長くなりすぎるので割愛しますが、この「東郷さんは私が守る」という部分が、実に「結城友奈は勇者である」というタイトルに相応しく感じたのでこのセリフが個人的1位です



因みに名場面を3位まで上げるなら
3位 11話の夏凜の満開祭り
2位 9話の祈りの歌パート
1位 12話の友奈復活シーンです

スミレと共に送られるあの演出は神がかっていました
福岡大生さんが12話の演出を担当されてましたが、あれを見たらもうわすゆの映画は安心感しかないように思います



因みに因みに好きなBGMを3位まで上げます
今でも電車内や就寝前に何度も聴いているゆゆゆサントラ


一周回ってウスユキソウやユウガオや星10花5などのメジャー神曲よりも、シンプルなBGMの方が好きになっています



3位 センニンソウ
2位 星7花5
1位 スミレ



センニンソウは夕暮れのイメージ。かけがえのない日常をよく表現した美しさと脆さをよく表しています

星7花5は最終決戦のイメージ。徐々に進行していく滅びに抗う花一輪一輪の力強さを表す

スミレは12話な友奈復活のあのシーン
たぶん花言葉は小さな幸せ。何気ない幸福が至上のものであると聴く者に痛感させる神曲


因みに因みに因みに、MONACAのBGMは中抜きされて作中に使われている事が多いので非常にもったい無い
たぶん友奈のイメージであろう星5花5なんてサビのBGMが最高なのにアニメでは流れないという



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 鷲尾須美の章 ムビチケ予約完了 | トップ | 世にも奇妙な物語 SMAPスペシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

結城友奈は勇者である」カテゴリの最新記事