たきゆの徒然日記

ゲーム、アニメなど趣味を思いのままに書いています
好きな作品はMGS、CODシリーズ。Fate、結城友奈は勇者である

盾の勇者の成り上がり 3話 感想

2019-01-25 02:17:59 | 日記
あれ、面白い

初めから2話、3話のようなテイストで描いて欲しかった

1話序盤のナオフミとの乖離が激しすぎる。2話3話はやけにシリアス、リアリスティックに世界を描いているためにMMOという設定が合わなくも感じるために
これ、普通の異世界アニメでゲーム設定は無しで良いよね?と思ってしまう

いやゲームの世界が舞台なのではないか
あくまでもキチンとした異世界が舞台で、インターフェースだけMMO RPGから借り受けている感じ?


あとはやはり尺不足なのか見せ方の問題なのか演出不足に思う部分がちらほら


一番キーとなるナオフミの人間不信となる部分が多少宙ぶらりん
例えば、ナオフミがラフタリアの成長(レベルが上がり大人びた姿に育った事)に気づいてないのは
自分以外の誰も信じられなくなったナオフミは目が曇り、ラフタリアの真実の姿さえ把握できなくなっている設定によるものらしいが

これはアニメだけ見ている層は理解できなあ

自分はネットから情報を仕入れているためにそういった裏設定?でもないが描写を汲み取ることができたが


おそらく今後はナオフミの人間不信をベースにしたラフタリアやほかの勇者や町の人々との絆を描いていく事が予見されるが

その際にナオフミの掘り下げが十分でないとイマイチ一本筋が通ったテーマにならないような気がする


原作読んでないので実際のところはわかりませんが、おそらく原作では徹底した「自分以外は誰も信用しない」というナオフミの描写があるはず
それが省略され気味かなと


2話でラフタリアを奴隷に選んだ際も、男の獣人ではなくか弱い幼女を選んだのは復讐の為の意趣返しらしいが、それもアニメだけ見ていてもイマイチピンとこなかったように感じる


まぁメタ的に考えたら奴隷を亜人幼女にしたのは読者が喜ぶし、作品的にもそうした方が面白いからという背景はあろうが



全体的に高水準で見ていて楽しんでますが、だからこそ少しきになるポイントとして作品テーマの描写不足とそれによる今後来るであろう見せ場のブレが予見されました


原作を読んでいない者のただの戯言ではありますが


とりあえずラフタリアちゃん可愛い
コメント   この記事についてブログを書く
« 五当分の花嫁 1話 感想 | トップ | 盾の勇者の成り上がり 4話 感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事