goo
「真田丸」がサラリーマンに残す教訓
2016-11-28 / 取材・連載関連
ご当地に限らず全国から注目を集め、まもなくクライマックスを迎えようとしている大河ドラマ「真田丸」。その人気は堺雅人氏が演じる主人公の真田信繁(幸村)だけでなく、草刈正雄氏が演じた父・昌幸や小日向文世氏の豊臣秀吉が亡くなった際に「○○ロス」として話題になったほど、視聴者の心をつかんできた。 このドラマは、地上波での本放送よりも早い時間帯にオンエアされるBSでの放送(愛称は「早丸」)の視聴率が高いこ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


簡単にAIに奪われない仕事に共通する特徴
2016-11-22 / 取材・連載関連
コンピュータなどで人間と同様の知能を実現させようという試みがスタートしたのは1950年代。チェスをさせる程度の人工知能から始まり、1980年代に入ると人間の脳神経回路をまねするニューラルネットワークによるアルゴリズム(手順)が注目された。当時の技術では人間を超える性能を発揮するまでには至らなかったが、研究開発は進み、現在の人工知能は第三のブームに突入したといわれている。キーワードはディープ・ラーニ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


若手でも評価が収入に響く時代 しどろもどろで上司は務まらぬ
2016-11-15 / 取材・連載関連
職場の上司は人事評価で部下の昇給やボーナスを決めることが可能。だからこそ、できれば部下は上司から高い評価をもらいたいと考える。ところが「いくら頑張っても評価を上げてくれない」と、上司に不信感を抱いている部下は少なくありません。とくに最近は、若手社員でも評価に応じて給与やボーナスが大きく変わる場合もあり、それゆえ「上司の評価」に対する目は厳しくなってきた。そこで、若手でも評価が収入に響く時代の上司の . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


そろそろ本気で考えたい「65歳以上の働き方」
2016-11-07 / 取材・連載関連
自民党の小泉進次郎農林部会長ら若手議員による2020年以降の経済財政構想小委員会が、「人生100年時代の社会保障へ」と題した社会保障制度全般の改革に関する提言をまとめた。「痛みを伴う改革から逃げてはならない」として年金支給開始年齢や、70歳以上の高所得者の自己負担額の上限、さらに介護サービスの自己負担額の上限の引き上げなどを主張。中期的な改革を求めたことが話題になっている。では、今後はどうなるのか . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|