goo
「最低賃金引き上げ」は現実と乖離している
2016-08-29 / 取材・連載関連
安倍政権の強い意向で、派遣やパートなどの非正規雇用者の最低賃金が大幅に引き上げられることになった。厚労省の審議会は今年7月、最低賃金の目安を24円引き上げ全国平均で822円としました。内閣府は20円の賃金引き上げがあった場合、労働時間を加味すると900億円ほど賃金の支払いが増えると試算。さらに政府は企業への賃上げの呼び掛けを続けており、最低賃金を2020年までに「1000円」に引き上げることを目指 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


「こいつ反省してないな」と上司に睨まれる人の問題点
2016-08-22 / 取材・連載関連
最近、『有吉反省会』や『しくじり先生』といった有名人が自信の失敗談や経験をおもしろおかしく語りながら、反省する姿勢をみせるテレビ番組が人気を集めている。本来、しくじった経験を話すことは躊躇う人が多いと思うが、反省する姿勢が好印象を与え、再ブレイクしたタレントも出てきている。タレントにはいつでも毅然とした態度が求められていた印象があるが、失敗を打ち明け、反省を厭わない姿勢がむしろ好感を呼ぶようになっ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


豊臣子飼い大名はなぜ家康に従った
2016-08-20 / 取材・連載関連
NHK大河ドラマ「真田丸」は、豊臣秀吉の無邪気な「明」と怒りの渦巻く「暗」の両面、そして死に向かって壊れていく様までを丁寧に表現した俳優・小日向 文世さんの好演が話題を呼んだ。その秀吉が亡くなり、次の天下を狙って徳川家康が動き出す。結果は周知の通りだが、なぜ豊臣恩顧の大名らの多くが家康に 従ったのか。連続となったがYOMIURI ONLINEで記事を書かせていただいた。 NHK大 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


SMAP…あるプロジェクトチームの解散
2016-08-19 / 取材・連載関連
1988年の結成から28年、国民的人気グループSMAPが今年12月末に解散する。所属するジャニーズ事務所による発表を受け、当日朝のスポーツ新聞各紙では、熱戦中のリオデジャネイロ五輪を差し置き、このニュースが1面を飾った。それだけ、国民の興味が高いと新聞社が判断したからであろう。テレビでは多くの番組が、これまでのSMAPの道のりを紹介しています。読売新聞のオンライン=YOMIURI ONLINEでS . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


「やや甘めに」ほめるといい時代 「好印象」に引きずられずに
2016-08-18 / 取材・連載関連
ほめることは簡単なようで難しい。人をほめる時の評価の基準で、同じことをしても「そんなことはできて当たり前」という厳しめの人もいれば「よくできましたね」という甘めの人もいる。このバランスが難しいところ。 当方は人事系の仕事をしていることもあり、人を評価する場面が多いが「厳しめ」よりも「やや甘め」の視点が今の時代には合っている気がする。今回はジェイキャストでそんな記事を書かせていただいた。 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


社会人の「学び直し」のニーズが低い状態
2016-08-15 / 取材・連載関連
働き方に関して、生産性、創造性などの点で世界と比較して日本は大きく劣っていると言われている。その改革で思いつくのが休暇取得。この点については、長時間労働の是正や年次有給休暇などの取得促進などのため、各種の施策が準備されつつある。それよりも改善が必要と思うのが「学び直しがない」という点。日本では25歳以上の大学入学者の割合が2%と極端に低く、特に社会人の「学び直し」のニーズが世界的に低い状態。本テー . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


夏休みが取れないのは本当に「忙しい」せいか
2016-08-08 / 取材・連載関連
本格的な暑い日が続いています。こんな季節になると、夏休みの予定が職場で話題になることも多いはず。理想はそれなりに長い期間の夏休みを取ることだが、夏休みを取得すること自体に「罪悪感を覚える」という人が多いのも事実。 その一方、日本政府は2020年までに有休取得率を70%に引き上げるという目標を掲げている。はたして、長い夏休みを実際に取るにはどうすればよいのか。お盆休み直前の今、ダイヤモンドオンライ . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|


「就活格差」は一体どこから生まれるのか?
2016-08-01 / 取材・連載関連
「仲が良すぎるのも問題。ライバル意識をもって、切磋琢磨する時期だと思うのですが」 と危惧する声を聞くことがある。横並び意識が成長を阻害すると感じているのか。新入社員の同期組が横並びでいられるのはいつまでか? 誰かが頭ひとつ抜け出て、そのうち大きく違う立場になるまでそう時間はかからない時代になりつつある。横並びで仲良くしていられる時間はわずか。会社がすぐ振り分けを始める状況を理解しているのか?東洋 . . . 本文を読む
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|